釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > 伊豆つくし学園 釣り教室

イベント結果報告詳細

2006.9.10
伊豆つくし学園 釣り教室

  9:30おだやかな秋空のもと、先生役のハヤブサ社員とTeam Hayabusaのメンバーはつくし学園の生徒たちを待っていた。近づいてくるバスが見える。そのバスには2人の学園の先生、そして8人の生徒たち乗車しており、間もなく港に到着した。
  まずは、元気に挨拶し、生徒達に「何が釣りたい?」と尋ねる。すると、「アジ!」、「サバ!」、「タイ!」、「ヒラメ!」と各々の本命魚を口にする。中には「サメ!」と騒ぐ生徒もいた。そんな話をするうちも生徒たちは早く船に乗りたい様子で、取り急ぎ乗船することなり、いざ出航!!

  釣り場までの船中、下田の観光船や飛んでいるカモメに手を振るなど生徒達はご機嫌。
  現場に着き船長さんの合図でみんな釣り開始!!一斉に仕掛を投入すると、支持棚に落ちる前に仕掛が止められた。上げてみると、6本針の仕掛に脂ののったウルメイワシが鈴なりに!!そこからはもう大変、仕掛を下ろすごとにイワシのオンパレード。生徒たちも大はしゃぎで、「僕は漁師さんになる!」と言う子まで登場。船酔いを心配していたスタッフも、この状況で生徒たちの船酔いの心配は無いと確信し、一安心。結局風が強くなる11時半まで、入れ食い状態は続き、超大型クーラーも満タンになってしまった。

  港に戻り生徒達に感想を尋ねると、「楽しかった!!」、「また釣りたい!!」と皆満足の様子。タイやヒラメは釣れなかったが、良い思い出になり、記念撮影後も名残惜しそうにしていた。そうもいっていれないので、いよいよお別れ。300匹は居るであろうと思われる新鮮なイワシを土産に生徒達は学園へと帰っていった。
  学園では何日イワシ料理が続くことやら……
写真1 写真2 写真3 写真4 写真5

一覧に戻る