釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > 第5回ダイワスーパーバトルカップ チヌ山口・広島大会06/11/18

イベント結果報告詳細

2006.12.4
第5回ダイワスーパーバトルカップ チヌ山口・広島大会06/11/18
1位/61人中辻野 忠史氏(鬼掛フィールドスタッフモニター)
グレ:3匹/3,424g
レポート
 11月18日(土)午前5時、上関平生港を出船。10分ほど船を走らせ、平生町馬島に上礁。まだ周りは真っ暗である。とりあえず明るくなるのを待ち、午前6時15分釣りを開始した。

 この磯で釣るのは初めてだったので、どんな魚が釣れるのか探りたい。その為、上からゆっくりとエサを落としていける鬼掛軽攻めチヌを選択。
 先週、チヌを21匹釣った時、30~50.5cmと良型が交じる結果となっていたので、号数は3号をチョイスした。

 釣り開始の1投目、ゆっくりとエサを落としていくと、サオまで「ガツン!!」とくる強烈なアタリ!!慌ててやり取りしたが、シモリに逃げ込んでハリス切れ…。
 気持ちを切り替え釣りを開始。やはりマキエが利いてくるとエサトリも増える。上層ではグレとアジ、下層ではフグ・ベラと、大苦戦…。エサをオキアミから粘りエサへ、鈎は少し強度を考え鬼掛層探りチヌ3号へと変更。粘りエサでフグ・ベラ爆釣の中、今までと違う鋭いアタリ!!アタリを入れた瞬間、右前方へグングン進んでいく。「これは!!!」と思い冷静にやり取りした結果、50cmオーバーのチヌをゲット!!45cmと25cmの2尾のチヌを追加し、何とか3尾ゲットした。

 帰着後、「ドキドキ…」しながら検量。3尾で3,424gは微妙。。。しかし2位と22g差で、船中でも総合でも1位という結果で優勝となった。25cmのグレの貴重さを痛感した大会であった。
 来年、4月14~15日に長崎県五島列島福江島・玉之浦湾で行なわれる全国大会では全国1位を目指したい!!

タックル
  ・ロッド:銀狼 競技1号50m
  ・リール:トーナメントISO-Z LBD
  ・ライン:vermaxゼロフカセ1.75号
  ・ウキ:小野ウキG2 グレックス観-MO
  ・ハリス:タフロンZR1.2号
  ・フック:鬼掛層探りチヌ3号/鬼掛軽攻めチヌ3号

イベント状況
参加人数 ウエイイン数(率) 天候 気温 水温 水質
61名 - 10℃ - - 強風

イベント結果
結果 氏名 匹数 重量(g)
優勝 辻野 忠史 3 3,424
準優勝 末盛 明 3 2,970
3位 金本 和勝 3 2,708
4位 木村 公治 3 3,402
5位 三宅 英二 3 2,854

【審査方法】
  ・25cm以上のチヌ3尾の総重量。
  ・3渡船の上位から「横取り方式」で決勝大会進出
【表彰】
  ・1~3位を表彰。
  ・上位2名に全国大会出場権。

一覧に戻る