釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > チーム鬼掛四国 徳島支部2008年度第2回大会08/01/06

イベント結果報告詳細

2008.1.10
チーム鬼掛四国 徳島支部2008年度第2回大会08/01/06

イベント概要
イベント名 “Team ONIGAKE四国”徳島支部
第2回大会
開催日 2008年01月06日(土)
開催地 徳島県 牟岐 津島
参加資格 『Team ONIGAKE』所属
対象魚 グレ
イベント レポート-菊池 雄一(ハヤブサ社員)-

TeamONIGAKE四国徳島支部第2回大会を徳島県牟岐にて開催しました。
参加は徳島支部所属 小里マスターインストラクター、三原テスター(徳島支部長)、安部テスター、花本テスター、一楽テスター、谷上テスター含め51名。規定はグレの総重量で、釣り方はふかせ釣りの一本鈎に限ります。
水温がいまだに高い事が原因なのか、なかなかグレも釣りあげるのは厳しい状況とのテスターさんの声もあったが、参加者の皆様はヤル気がみなぎっていて圧倒されました。

午前5時に受付開始。5時30分に抽選を行い、6時過ぎに5船に別れ出船となりました。
皆さん鬼掛鈎、バッカン、グッツを持ち各自の磯にあがります。私は鬼掛大会に初参加(営業 坂本同行)ということもあって、要領がわからず、協力と言うよりも逆に迷惑をかけたような気がしました。

3時に納竿とし、帰着検量にかかります。
釣果の方はいまいち伸びず、グレの検量に戻られた方は9名(テスター除く)となりました。やはり水温の影響でしょうか。
しかしながら、持ち込まれたグレは良型ばかり。牟岐大島のグレのサイズの大きさに驚きました。
更に驚いたのは、安部テスターが持ち込まれたグレは4枚。49.6cmのビックサイズも入ってます。さすがは磯釣り会の名手。聞けば、ハリスは一号で仕留められたとのことです。考えられません(笑)一度、教えていただければなと。。。

本命を釣られた方、そうでない方ともに笑顔での表彰式。賞品も充実しています。優勝の西田様にはロッド。また10位までに入られた方には、ハヤブサ 鬼掛シリーズよりバッカン、活かしバッカン(新製品)、フリーノットよりレイヤーテックシャツなどなど。また参加者全員にも、鬼掛鈎やその他豪華賞品が配られ、楽しい一年の始まりに相応しい大会となりました。

ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。
今後も、鬼掛は飛躍してまいりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

天気:晴れ
水温:19℃ 
潮:中潮
波:0.5~1.0メートル
菊池雄一(ハヤブサ社員)の使用タックル
【鈎】
・尾長ネムリ 青 6~7号
・沈め探りグレ イブシ茶 4~6号

・浅層グレ のませ イブシ茶 3~5号
【ロッド】ISOリミテッド 1.2号
【リール】BBXテクニウム 2500番
【道糸】2.5号
【ハリス】1.25号
【ウキ】0~G2
【餌】オキアミボイル、オキアミ生、配合エサ
イベント結果
結果 氏名 重量(g) 備考
優勝 粟田 勝 1,455 鬼掛グレシリーズ  
2位 槌谷 千春 1,320  
3位 池田 信一 1,310  
4位 浜口 延敏 1,235 オープン参加
5位 大森 真治 960  
6位 工藤 剛生 930  
7位 野崎 智和 730  
8位 藤本 真哉 610  
9位 石本 憲司 530  

一覧に戻る