釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > ハヤブサ チーム鬼掛スタッフ懇親会in下津井08/09/14

イベント結果報告詳細

2008.9.18
ハヤブサ チーム鬼掛スタッフ懇親会in下津井08/09/14
イベント概要
イベント名 “Team ONIGAKE”
スタッフ懇親会in下津井
開催日 2008年9月14日(日)
開催地 岡山県 下津井
参加資格 『Team ONIGAKE』所属
対象魚 チヌ
イベント レポート-ハヤブサ販売促進担当-

3連休の中日となる9月14日(日)、日頃ハヤブサ鬼掛製品のPRや商品開発にご協力いただいているフィールドスタッフのみなさんが一同に会しての懇親釣り大会を開催しました。場所は岡山県下津井。渡船は“たい公望”さん。今回は岡山在住のスタッフ小谷さんに渡船店の手配や食事処の予約などお世話いただきました。小谷さんありがとうございました。
今回お集まりいただいたのは、四国・中国・近畿地区に在住の鬼掛磯スタッフの方々総勢24名。西は山口・東は三重とみなさん遠路ありがとうございました。

当日の天気予報は曇りのち晴れ、それなのに・・・
4時受付・5時出船の予定だが、2時半を過ぎるころにはみなさん続々と到着してくる。私もテーブルを組み立て参加賞や受付の準備を進める。と、にわかに雨が降り出してきた。雨は激しさを増し一旦撤収。そうこうしていると小里名人が到着した。そうなのです。私と小里名人がいっしょになるといつも悪天候になってしまう。各自車の中や屋根の下などで待機していると、4時半頃なんとか雨も上がり、早々に受付を行い準備をしてなんとか予定の5時過ぎには出船することができた。

今回の釣場は、テトラがメインでほかに堤防・磯とバリエーションに富んでいた。一番最初に大阪の山口さんと山口の弘中さんが堤防へ、そこから後はみなさん消波ブロックいわゆるテトラに上がっていくのだが、これが大変。足場は悪く上るのも大変だが荷物を置く場所も悩ましい。そこで登場したのが小谷さんが準備していてくれた2mほどの長さがある角材。これをテトラに跨がせ荷物置き場を確保、さすがは地元、みんな大助かりでした。そして最後の数名が磯に上がり渡礁完了。私は京都の田中さんと磯に上がりました。納竿は12時です。



さっそくエサを撒き開始。激流に流されあっという間にウキは遥か彼方へ。回収するとエサは無くなり鈎も無くなり?鈎を結び直して再び投入するとウキがサッと消し込み、すかさず合わすと、かわいいフグが上がってきました。この後も釣れればフグ、そうでなければ鈎が無くなるの繰り返し。結局丸ボウズに終わりました。田中さんも苦労していたような・・・。渡船を待ちながら、みんなもきっと釣れてないだろうなんて思っていたが、そこは各地の名手鬼掛フィールドスタッフ、半数以上の方がしっかりチヌを手に検量に現れました。



その後、場所を食事処に移し成績発表や自己紹介・チーム鬼掛の活動状況や今後の展開を話し合い3時半無事終了。それぞれ帰路につかれました。みなさんお疲れさまでした。


<成績>
順位 氏名 都道府県 大きさ
優勝 河野 道広 氏 広島県 2,110g
準優勝 小谷 誠志 氏 岡山県 1,830g
3位 川北 泰広 氏 三重県 1,820g
4位 川眞田 邦夫 氏 愛媛県 1,790g
5位 三原 正樹 氏 徳島県 1,730g
大物賞 宮井 潔 氏 和歌山県 49cm
※チヌ2匹の重量。大物賞は1匹長寸。






  尚 Team ONIGAKEでは現在会員募集中
  問い合わせは(株)ハヤブサ 担当 中井まで

一覧に戻る