釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > ハヤブサおさかな研究所 釣行会in千葉(金谷)08/10/25
船からのカワハギ釣り

イベント結果報告詳細

2008.10.27
ハヤブサおさかな研究所 釣行会in千葉(金谷)08/10/25
船からのカワハギ釣り

イベント概要
イベント名 ハヤブサおさかな研究所
釣行会in千葉(金谷)08/10/25
━船からのカワハギ釣り━
開催日時 2008年10月25日(土)
7:00~
開催地 千葉県 金谷
岡沢釣具店・光進丸
対象魚 カワハギ
参加人数 5名(スタッフ含む)
状況 天候:曇り  気温:20℃
波:凪  水質:やや濁り
イベントレポート

今回は関東でも大人気のカワハギ釣行会です。
毎年、本気度が高くなってくるこの釣りですが、わが社も市場で旋風を巻き起こす仕掛を開発すべく立ち上がったカワハギプロジェクトの試釣も兼ねました。今回はアジやマルイカ・カワハギを沢山釣らせることで有名で一年中大賑わいの千葉県金谷の岡沢釣具店・光進丸さんにお邪魔しました。

金谷沖はカワハギの魚影が濃いことで有名で人気のスポットです。が、この日は前日にまとまった雨が降っていたせいか、水色はやや濁りぎみ。仕掛投入直後にも直ぐにはアタリが出ません。当社ハギマスター魔竿さんでさえアタリが遠かったようです。大塩研究員も苦戦しているもようでした。
地雷さんが試作したハデャデリーダーをチョイスした私には待望のアタリが。針は刺さりの良さでは定評の速掛カワハギの4.5号をハリスシーガーグランドマックス2.5号で結んだスペシャルバージョン。その後、アタリは出るがのせられずエサだけ取られるカワハギ地獄に全員苦しみながら皆待望の1匹が出始めました。中々数は伸ばすことが出来ませんが、良型のカワハギに皆満足の様子。大塩研究員にもまずまずのサイズがかかりました。


ハギマスター魔竿さんはベラやフグ゙、シマダイ(石鯛のあかちゃん)など針先に触れるものは根こそぎ釣り上げる凄技を披露していました。本命はあまり釣れていませんでしたが...。
試作サンプルは社外秘なので詳しくは書けませんが、もう少し改良すればかなり良い釣果が期待できそうなものもありました。カワハギ釣りというか餌付けというかを皆堪能して沖上がりとなりました。
カワハギ゙釣の醍醐味は答えが見つからないところでしょうか。釣り場、潮色、竿などによって誘い方・釣り方のパターンを使い分ける必要があるようです。今後もまだまだ研究の余地があるようです。
今回は日程的にも翌日に上州屋さんのカワハギ釣り大会が控えていたのもあって研究員の方の参加が少なかったようです。大会に参加された研究員の方は善戦されていたそうです。

<釣果>カワハギ 16~27cm 15~22匹

   →2008年度 ハヤブサ おさ研イベントスケジュールはこちら!(どしどしご参加ください)
写真1 写真2 写真3

一覧に戻る