釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > NBCソルトチャプター大阪第4戦 FINAカップ09/02/15

イベント結果報告詳細

2009.2.19
NBCソルトチャプター大阪第4戦 FINAカップ09/02/15

イベント概要
イベント名 NBCソルトチャプター大阪第4戦
“FINAカップ”
開催日 2009年02月15日(日)
開催地 和歌山県 串本周辺
対象魚 アオリイカ
参加人数 50名
ウエイン 5名(10%)
気象
データ
天気:晴れ
気温:最高18.1℃・最低12.0℃
風:串本西側水温:17.6℃
串本東側水温:15.9℃
イベントレポート-NBCソルトチャプター大阪事務局-

記録的な暖かさの2月となりました。大会前日の土曜日は串本で最高気温が24℃(体感気温では夏)と暖かいよりは暑いと感じる程であったとか。

しかし、前々日の大量の雨により濁りが入り水潮気味、もともと今の時期は16~17℃の海水温度で一年を通して最もアオリイカの活性が下がる時期であるが、さらにコンディションが下がる結果となりました。
前日のプラでは好感触の選手もいたのですが河川からの雨水によって状況は一変してしまったようです。

結果を見ると太地の森浦湾(大きな流入河川がないため水質に大きな変化がない)で釣った選手が5名の内、3名いたことで証明されたと言える(ただし、アオリイカのサイズが小さかった)。
優勝の山本晴義選手は実績のある串本大島・樫野漁港でグッドサイズ2匹(1,140g)をゲットしウィナーに輝いた。夜になるとアオリイカが漁港の内側に入り、朝とともに外側に移動するため、早朝は内側で釣れることを実証した。

また、準優勝の尾崎元則選手は田並&江田エリアのスペシャリスト!知り尽くした地磯をトーナメント時間内ギリギリまで回り、足で釣った2匹と言えよう。

年間ポイントでは弓削和夫選手が3連覇こそならなかったが3位に入賞、今回はゼロ申告に終わったが第3戦までトップの浅井勲選手を抜いてトップに立ちました。
しかし、まだまだ最終戦まで予断を許さない白熱した戦いが続きます。


最後に今大会をスポンサードして頂きましたハヤブサ様に心から御礼申し上げます。
尚、次回は3月15日(日)第5戦ガンクラフトカップを開催致しますので多数の皆様のご参加をお待ちしています。
イベント結果
順位 氏名 杯数 重量 エリア パターン
優勝 山本晴義
選手
2杯 1140g 串本大島
樫野漁港テトラ
樫野漁港テトラ(手前と先端)で
内向きにキャスト。
2匹ともボトムステイ時に抱いた。
準優勝 尾崎元則
選手
2杯 910g 田並地磯(タカドコ)
江田地磯
濁りが入りアオリイカの活性が
低いと考え、ボトム付近を重視した
シャクリを実践。
第3位 弓削和夫
選手
2杯 490g 太地・森浦湾
(観光船桟橋付近)
ヤエンで釣れていたので
ボトムから激しくシャクリ上げるのが
効果的と考えた。
目視できるところまでくると
プレッシャーで抱かなくなるので
沖目で抱かせた。
第4位 橋井峯雄
選手
1杯 360g 太地・森浦湾
(観光船桟橋付近)
ポイントの選択に重点をおいた。
第5位 新立清隆
選手
1杯 180g 太地・森浦湾
(観光船桟橋付近)
前日プラでアオリを確認。
沖からついてきたイカを
サイトで抱かせた。

一覧に戻る