釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > チーム鬼掛 五島列島遠征釣行09/01/08-11

イベント結果報告詳細

2009.3.13
チーム鬼掛 五島列島遠征釣行09/01/08-11

イベント概要
イベント名 “Team ONIGAKE”
五島列島遠征釣行
開催日 2009年1月8日(木)~11日(日)
開催地 長崎県 五島列島 黄島
対象魚 グレ
イベント レポート-宇井 太-

1月8日~11日まで三泊四日のスケジュールで、チーム鬼掛優勝副賞ツアーとして五島列島の黄島に行ってきました。 メンバーは徳島の名人、小里さんと、鹿児島県の山村さん、ハヤブサの中井さん、僕の四人。このツアーは雑誌”磯釣りスペシャル”の取材も兼ねていたので気合いが入ってました(恐らく3月25日発売の磯釣スペシャルに掲載される予定)。

ドキドキしながら博多港からフェリーに乗って目指すは五島列島。ですが天候は荒れ模様。フェリー内で見慣れぬバケツがチラホラ、何だろうと思ってましたが出港一時間しないうちに判明。 周りでは苦しそうな声が聴こえて来ました。そうフェリーの揺れもかなりの物で立って歩けないほど、これは寝てやり過ごすしかないと思いました。
目が覚めると港に到着してました。今回お世話になったフィッシング遊遊さんに事前に送っておいた道具を準備し一路、黄島に、と思いきや、悪天候で迎えに来れないとの事。残念ながら、この日は近くの磯で風を交わしながらの釣りとなりました。口太グレが少々の結果でした。夜は五島の民宿に泊まり釣り談義に花を咲かせました。

二日目、いよいよ黄島に渡りました。お世話になったのは民宿黄島さん。港の目の前が宿という正に釣りのためにある宿。ポイントまでは港からわずかに10分程度。上がった磯は名磯中美漁。潮も本流が流れて最高本流筋に山村さん、サラシが出ている船着きに小里さん、僕は二人の間でスタート。
釣り初めてすぐ口太グレがぽつらぽつら、横を見ると小里さんの竿が弧を描いてるじゃないですか。タモを持って駆けつけると 尾長グレと思いきやサンノジです。小里さんもガックリ。
気を取り直して釣り開始、またもサンノジ。船長いわく表向きが本命らしいのですが、波がかぶってます。潮が下げるまで待つ事に。3人とも口太グレが当たります。次は尾長と思いながら釣りをしてると、小里さんが、『宇井くん本流を釣りしてる山村さんと交代してみては』と一声。
交代してみたら1投目からアタリ、何だろうと思いながら寄せるとイスズミ、尾長の可能性濃厚。潮の壁にチラっとグレの姿が、壁筋に仕掛けを入れるとバチバチと当たり。尾長です。しつこい引きを慎重に寄せると、待ちに待った綺麗な尾長グレの43cm。サイズは少し不満ですが、この天気なら納得です。




潮も下げて本命の表向きに小里さんが入って、いきなり大漁モード。ミドル級のグレばかり。流石、百戦錬磨の小里さん。鬼掛の針が良いのかも・・・腕も針も良いからですね。
山村さんも船着きでアタリ連発 、40cmの尾長、他に取り込めない魚が居たらしく時間一杯真剣に釣りました。やはり五島は棚が少し深いような気がしました。
針は小里さんが鬼掛沈め探りグレ、僕は鬼掛極軽グレを使用。二種類ともガッチリフッキングしてました。流石、鋭い針ですね。この日は大漁で終わり3日目に期待です。
 

大型を狙いたいと思いきや朝起きると荒れ模様、帰れなくなると船長が言うじゃないですか。不安になりながら外を見てると、船長が今なら港まで送れるとの事。うしろ髪を引かれながら帰路に着きました。
また来年も行けたら良いのにと思いながら、離島ツアーは終了しました。
お世話になった、小里さん、山村さん、中井さん、ありがとうございました。

  尚 Team ONIGAKEでは現在会員募集中
  問い合わせは(株)ハヤブサ 担当 中井まで

一覧に戻る