釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > 2009ドリームオープンカップ磯 東九州大会09/06/21

イベント結果報告詳細

2009.6.24
2009ドリームオープンカップ磯 東九州大会09/06/21

イベント概要
イベント名 2009ドリームオープンカップ磯
東九州大会
開催日時 2009年6月21日(日)
開催地 大分県 佐伯市 鶴見一帯
検量 グレ5尾までの総重量
他魚(チヌ・マダイ・その他磯魚)
順位決定 使用渡船(5隻)毎の
横取り方式にて決定
参加人数 109名
天候 晴れ
イベントレポート

6月21日(日)、2009ドリームオープンカップ磯・東九州大会が大分県・鶴見一帯にて開催された。
この大会の最大の特色は、全国の釣り用品メーカー7社がその垣根を越えて共同で開催するところにあり、これまでにない趣向での大会として話題を集めている。東九州会場はその3か所目、九州では初の開催となる。

受付開始と同時に、九州各県はもとより山口県からも合計109名の男女の腕自慢が顔をそろえ、5隻の渡船に分かれて鶴見一帯の磯へと展開。午前5時の競技開始と同時に、各磯で熱戦の火蓋が切って落とされた。

当日は、前日までの南からのうねりが残っており、安全を期して選手は主に湾内一帯に渡礁。例年であれば、この時期は奥まった波静かなポイントでも1kgを越す良型のクロ(グレ)が釣れるものの、今年は全体的に活性が今ひとつ。その中でも仕掛けや釣り方に工夫を凝らし、各選手とも思い思いの方法で食い渋るクロにアプローチしていった。

午後1時、競技を終えた選手たちが次々と帰港し、釣果が検量所へと持ち込まれる。5尾までの重量で検量されるクロに混じって、良型のチヌやボラなど、色とりどりの魚が検量台に載せられてゆく。中でも目を引いたのが中嶋勇選手(熊本)の持ち込んだ79.8cm5650gという大物のマダイ。何と中嶋選手はこの大物をハリス1.25号で取り込んだとのことで、他の参加者からも大きな注目を浴びていた。




検量の結果、メイン種目である一般の部は鶴原修選手(福岡)が4尾3280gの釣果を挙げ、記念すべきドリームオープンカップ東九州大会の初優勝の栄冠を勝ち取ると同時に、共催メーカー7社より、抱えきれない程の賞品を贈呈された。また、ジュニア賞、レディース賞等盛りだくさんの賞も準備されており、大いに盛り上がりを見せた。

東九州大会運営担当メーカー:釣研 (文:松枝)
共催メーカー:釣研、キザクラ、クレハ、東レ、ハヤブサ、マルキュー、モーリス
協賛:全九州釣ライター協会様

イベント結果
結果 氏名 重量 渡船
優勝 鶴原 修様(福岡) 3,280g 第三正幸丸
準優勝 中井 憲一様(福岡) 3,110g しんえい
第3位 吉崎 敬宏様(福岡) 3,065g 速見丸
第4位 酒井 健太様(福岡) 2,925g 正幸丸
第5位 山本 祐司様(宮崎) 2,825g 進栄丸
第6位 藪田 義人様(大分) 3,140g 第三正幸丸
第7位 城本 透様(大分) 3,095g しんえい
第8位 武永 正晴様(山口) 3,035g 速見丸
第9位 後藤 利治様(大分) 2,735g 正幸丸
第10位 丹生 芳教様(大分) 1,300g 進栄丸
レディス賞 中村 里美様(大分) 360g 速見丸
シニア賞 田中 釣心様(福岡) 1,525g 速見丸
ジュニア賞 藤井 宏史朗様(福岡) 2,210g しんえい
他魚賞
(マダイ)
中嶋 勇様(熊本) 79.8cm 第三正幸丸


<写真キャプション>
A 109名の参加者で記念撮影
B 上位3名の入賞者。左より準優勝の中井憲一選手(福岡)、優勝の鶴原修選手(福岡)、三位の吉崎敬宏選手(福岡)。
C 特別ゲストとして徳島から参加した立石宗之名人も、良型チヌを仕留めていた。
D 5kgを超える良型マダイを持ち込んだ中嶋勇選手(熊本)。
E 検量時間中、立石名人と池永祐二名人によるトークショーも開催。参加者は熱心に聞き入っていた。
F 主催者代表挨拶を行なう釣研・楠根社長。


一覧に戻る