釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > チーム鬼掛中国 2009年決勝大会09/09/27

イベント結果報告詳細

2009.10.28
チーム鬼掛中国 2009年決勝大会09/09/27

イベント概要
イベント名 “Team ONIGAKE”四国
2009年決勝大会
開催日時 2009年9月27日(日)
開催地 山口県 徳山
参加資格 『Team ONIGAKE』所属
対象魚 グレ
参加者 35名
イベントレポート -守田 洋-

9月27日、「第1回チーム鬼掛中国地区決勝大会」が徳山の磯で行われました。中国地区予選を勝ち抜かれた選手と中国地区スタッフの総勢35名で熱い戦いが繰り広げられました。

決勝大会はトーナメント方式で行い、サイズ無しのグレ10匹の重量で競い合います。優勝までは4回戦勝ち抜かないとなりません。皆さん予選を勝ち抜かれた方ばかりで、少し緊張しながら1回戦の開始。開始そうそうキーホルダーサイズのグレがポツポツ釣れるだけ・・・こりゃイカン!
時合いをつくる意味でマキエをドカ撒きしグレを狂わす作戦に打って出たところ、どうやら作戦成功。沖目と中間距離のポイントで良型が時々釣れ出した。

次に右の手前辺りが気になり、そこにパラ撒きし仕掛けを投入。これが大当り!良型が釣れ何とか勝ち上がり!
2回戦は左からの向かい風の中での釣りとなり、遠投しづらく、上潮がすべり仕掛けが馴染み難く辛い釣りとなり、イマイチの釣果での後半戦、正面からのバリバリ向かい風、マキエは海に撒いているか、顔に撒いているか分からない状態。おまけにライントラブルで仕掛け全交換の大トラブル!1回でなく2回も全交換!やれん!でも意外と冷静に対処し、練り餌でまずまずの型を数釣りして2回戦突破!

いよいよ3回戦。この試合に勝てば決勝戦への切符が。しか~し!対戦相手がよりによって村岡名人!そりゃないよ。もう当って砕けろの精神でやるしかないと腹をくくる。そこまでは良かったのですが、前半戦まさかの素針10連チャン!今年1番の最悪の展開!結局2匹しかキープできず後半戦へ。
かなりのショックで逆ギレ殺法で練り餌釣法!どうやら集中力が今までにないほど高まったところでガンガン合わせまくり、得意の手返しで数を稼ぎ検量へ。決勝会場で検量ギリギリ10g差で村岡さんに勝つことができ、超うれしくてガッツポーズ!






いよいよ決勝戦。やっとここまで来れたので落ち着いて釣り開始。しかし喰いが悪い潮になったらしく、キープが釣れず1箇所目は切ない釣果。でも1箇所目は自分の気持ちは釣れないところに入ったつもりでいたので、まぁこんなもんかと、次の場所へテンションがダウンしてる時に横を見ると、なっなんと小里名人がこっちを見られている。こりゃ~いいとこ見せねばと思いちょっとあせったか、喰いが浅いのに気持ち早アワセ!でも針に掛かったので、高速回転で魚を寄せて来て魚を抜きに掛かろうとした時にまさかの針外れ、良型バラシ!も~泣きそう!今日の釣りはヤバイが多過ぎ!

そんなグズグズ釣りが続き、これといって良型も出ず、他の3人さんも同様な釣果らしく、ここで一発が出ればイケソ~な感じ。気合を入れ直し3箇所目・・・そして4箇所目・・・良型掛けてはバラシ!
「今日もデマシタ」自分の得意なムラのある釣り、マイナスの実力を発揮し、見るも無残な貧果となり結局4位。まだまだ頭の切り替えができない自分が今後の課題だと思いました。
今日一日を振り返ってみると、他の選手の方々もサイズに悩まされ、小さなサイズの中から良型を抜き出しキープされた方が上位になられたのではないかと思います。







最後に、何かと準備不十分で参加された皆様にはご迷惑をお掛けいたしました。そして大会運営をお手伝い頂いたハヤブサ社員の皆様、どうもありがとうございました。
これからもハヤブサファングループを盛り上げるようスタッフ一同頑張っていきたいと思います。

イベント結果
結果 氏名 支部
優勝 松井 健一様 広島
準優勝 小谷 誠志様 岡山
第3位 村岡 哲也様 広島
第4位 守田 洋様 山口

一覧に戻る