釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > チーム鬼掛九州 大分支部2010年第1回大会10/3/14

イベント結果報告詳細

2010.3.17
チーム鬼掛九州 大分支部2010年第1回大会10/3/14

イベント概要
イベント名 “Team ONIGAKE”九州
2010年大分支部第1回大会
開催日時 2010年3月14日(日)
開催地 大分県 米水津
(利用渡船:若戎丸様)
参加資格 『Team ONIGAKE』所属
対象魚 グレ・チヌ
イベントレポート -村中 浩司-

3月14日(日)、大分支部の第1回大会を米水津でおこないました。

天候は前日まではウネリもあり開催が危ぶまれましたが、組合の協議の結果12時の話し合いで出航がOKとなり、5時から受付開始で6時には「若戎丸」に乗り込み、くじ引き順に降りていきました。降りる次の方達の連携もスムーズにしてくれて皆さんの段取りの良さに感謝しながら、無事に全員渡礁完了しました。

ここ最近の米水津の状況は、当番瀬以外では目立った釣果は無く丸1日釣って一人1~2枚との事なので、当初の規定サイズの25cmから23cmに変更して検量対象に第1対象はグレ、第2対象はチヌと変えて地周り周辺に展開して各々思考しながらの変則的な大会となりました。

私は今期から新たに入会頂いた、麻生さんと「光石」に渡礁しました。
沖磯よりですが潮通しの緩い場所なのでチヌ狙いにも切り替えを意識しながら釣りました。朝の時間帯には22~26cmのグレが2~3ヒロで確認出来たので鬼掛「浅層グレ 3号 のませ」で撒き餌との同調を計りながら釣り、麻生さんも同様にグレを拾っていました。
しかし少しすると反応が悪くなり「広層グレ 3号 のませ」に替えて深層での同調と沈み瀬周りを狙い、32~38cmを釣り何とかリミットメイク出来ました。


帰港して検量をすると半数の方が検量に持ち込まれてグレを仕留めていました。会員の皆様の技術に感嘆致しました!


ほぼ地回り中心の結果で、潮の通す沖磯はグレの反応が悪く厳しい一面も見られました。
余談ですが米水津のグレにはまだ個体のバラつきがあり、まだ狙えそうな感じでした。


イベント結果
結果 氏名 重量(Kg) 匹数 長寸(cm) 釣り場
優勝 村中 浩司 様 3.11 3匹 38.0 光石
準優勝 大熊 邦彦 様 2.43 3匹 38.5 白子中
第3位 鎌田 克成 様 2.02 3匹 32.0 地の観音
第4位 武野 昭司 様 1.78 3匹 29.7 押出ロープ
第5位 杉原 正剛 様 1.69 2匹 33.4 小貝の中
第6位 宮尾 正則 様 1.38 1匹 36.6 青石
第7位 麻生 憲二 様 1.27 2匹 30.6 光石
第8位 阿部 秀樹 様 1.06 2匹 30.2 大バエ
第9位 矢田 純也 様 1.03 2匹 31.4 高バエ
第10位 入船 健 様 0.78 1匹 31.0 横島5番ハナ
武野さん 武野さん 武野さん 河津さん 河津さん 水の重みで口が閉じる鬼掛水汲み(プロト) 水の重みで口が閉じる鬼掛水汲み(プロト) チーム鬼掛大分支部 阿部会員 チーム鬼掛大分支部 阿部会員 チーム鬼掛大分支部 安東会員 釣果 検量 見事優勝の村中支部長 堂々2位の大熊邦彦さん 大熊邦彦さんライジャケGET 3位入賞の鎌田克成さん 3位入賞の鎌田克成さん 5位入賞の杉原正剛さん 6位入賞の宮尾正則さん 6位入賞の宮尾正則さん 7位入賞の麻生憲二さん 総評を述べる田中修司さん 集合写真

一覧に戻る