釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > チーム鬼掛中国 広島支部2010年第2回大会10/6/6

イベント結果報告詳細

2010.6.19
チーム鬼掛中国 広島支部2010年第2回大会10/6/6

イベント概要
イベント名 “Team ONIGAKE”中国
2010年広島支部第2回大会
開催日時 2010年6月6日(日)
開催地 広島県 芸予諸島
参加資格 『Team ONIGAKE』所属
対象魚 チヌの総重量(5匹)
参加人数 26名
イベントレポート -村中 浩司-

6月6日 広島支部の第2回大会が尾道沖の芸予諸島で開催されました。 今回はチヌ5匹の総重量で競われます。初夏の気持ちのいい朝、参加者26名をのせ尾道を出船。順番にポイントへ到着。


私は「スクネの北」へ、隣の磯には昨年度中国大会を制された松井さんがいます。
釣技を拝見と思ったのですが、結局それどころではありませんでした。 沖は水深があるものの水温が低く反応なし。タナを深くしたりサシエを変えたり、 ハリは層探りチヌから始まり、競魂チヌ、広層グレのませ5号まで使いました。 11時頃やっとヒットするも手前のシモリに阻まれ痛恨のハリス切れ。

その後イソベラらしきエサ取りにシモリに入りこまれウキロスト2個、ゴミが流れて集まりもう意気消沈です。 その後松井さんにヒット、1枚目ゲットです。焦る気持ちを抑え満潮に転じた時やっと私にもヒット、無事取り込んだのは40㎝近いスリムなチヌです。

次をとマキエを打ち返すも反応なし。マキエが無くなったので早めに納竿としました。 隣の松井さんは続けて頑張ります。1枚追加し納竿直前には今回大物賞の45.5㎝を釣りました。 あとで聞くと投入ごとに仕掛けを修正し、仕掛けの落ち方を調整したそうです。あきらめない姿勢が釣果につながると改めて感じました。

今回は水温が安定しないのか場所により釣果にムラがありました。優勝の西中さん、準優勝の坂本さんはこの厳しい状況のなか5枚を揃えられていました。 次回は7月に第3回大会を計画しております。中国大会へ向けて皆さん頑張りましょう。

イベント結果
結果 氏名 重量(g)
優勝 西中 慎治様 3,700
準優勝 坂本 雅行 様 3,280
第3位 石川 智朗様 2,640
第4位 宮迫 治様 2,410
第5位 高沢 広樹 様 2,310
第6位 三宅 正記 様 2,260
第7位 中浜 吉彦 様 2,240
第8位 谷川 友浩 様 1,830
第9位 横田 慎治 様 1,460
第10位 竹本 達也 様 1,430
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33

一覧に戻る