釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > チーム鬼掛九州 佐賀長崎支部2010年第2回大会10/6/6

イベント結果報告詳細

2010.6.25
チーム鬼掛九州 佐賀長崎支部2010年第2回大会10/6/6

イベント概要
イベント名 “Team ONIGAKE”九州
2010年長崎佐賀支部第3回大会
開催日時 2010年6月6日(日)
開催地 長崎県 上五島野崎島周辺
(利用渡船:石井釣りセンター)
参加資格 『Team ONIGAKE』所属
対象魚 クロの総重量(25㎝以上・3匹)
イベントレポート -平山 康弘-

本支部3年目の第3回大会(最終戦)ということで五島での釣行を計画しました。
今回、石井釣りセンターの船長さんのご厚意もあり上五島野崎島を舞台に爆釣劇が繰り広げられました。

当日は東側では結構風が吹いていたものの私達がのった津和崎向きの磯ではそよ風が吹く程度で天気も良く、絶好の釣り日和となりました。 私は抽選の結果、スタッフの烏山君と久しぶりの同礁となりました。



私達が乗った磯はハナレではないものの潮通しも良く尾長のデカ版も期待できそうなので、楽しい釣りになりそうです。 とりあえずじゃんけんをして私は右の釣り座にはいりました。
潮は左流れなので潮上となるため、烏山君の仕掛けに注意しながらの釣りとなりましたが、潮の中で早々に入れ食いとなり、 10投もしないうちに30cmクラスではあったものの、リミット5匹があっという間に揃ってしまいました。 烏山君には、私の仕掛けを気に掛けながらの釣りをさせてしまいましたが、ポツリポツリと拾うキーパーサイズにタモ入れサイズまでとび出しました。 その後も潮が動いている間は流れの中で竿引きのあたりが続き、烏山君は腕が痛いと嬉しい悲鳴を上げています。 私も久しぶりの入れ食いに本流の釣りを堪能できました。


しかし狙う筋を変えたり、鈎のサイズを変えるなどしましたがサイズアップには至らず、沈め探りの9号にも35cm前後の尾長がガッツリ食い付いて ロッドを絞り込んでいく始末。その後も手を変え品を変え頑張りましたが、ついにキロオーバーは手にすることができず、 トーナメントの最中にもかかわらず密かに二人で狙った真鯛やイサキのあたりもありませんでした。

さて、1時の回収になり港へ着いて検量となりましたが、ほぼ全員が良型を5匹揃えていました。 特に一ツ瀬に上礁した支部長の田中雅彦さんが5匹総重量6100gという驚異の釣果をあげていたのには一同びっくりでした。 また、ほかの方も40オーバーがずらりで、満足の大会となり,表彰式も盛り上がりました。

イベント結果
結果 氏名 重量(g)
優勝 田中 雅彦様 6,100
準優勝 田中 孝典 様 4,900
第3位 吉山 正蔵様 4,700
第4位 西川 洋一様 4,150
第5位 烏山 祐一 様 3,730
第6位 平山 康弘 様 3,600
第7位 久田 政司 様 3,540
第8位 田中 正勝 様 3,400
第9位 嶋田 健太 様 3,240
第10位 溝口 誠 様 3,150
一ツ瀬から瀬上がり開始です。 同礁の烏山君、朝まずめの攻防。 無事タモ入れも成功。結構良型です。 場所チェンジ後も順調に竿を曲げる烏山君、腕が疲れたと嬉しい悲鳴。 のんびりとフェリーが通っていきます。その後の引き波に中です。 今回お世話になった石井釣りセンターサクセス もう釣れ続け、私はカメラマン担当になったようです。 まだまだ釣れます。 楽しい時間も終わり回収の船がきました。 今回良く釣れていた一ツ瀬 帰りの船の中はみんな爆睡だったでしょう。 検量開始です。 みんな良型揃いです。 もう少しで5キロ行きそうです。 尾長の割合が多かったです。それにしても良い型。 今回の商品の数々。 回参加したメンバーのみなさん、お疲れ様でした。

一覧に戻る