釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > ハヤブサ社員釣り研修10/10/02

イベント結果報告詳細

2010.10.27
ハヤブサ社員釣り研修10/10/02
イベント概要
イベント名 ハヤブサ 社員釣り研修10/10/02
開催日時 2010年10月02日(土)
開催地 神戸市立平磯海釣り公園
対象魚 カワハギ、ベラなど
参加者 70名
イベントレポート

2010年10月2日(土)、兵庫県の神戸市立平磯海釣り公園様にてハヤブサ社員釣り研修を行いました。 参加人数は約70名。皆、思い思いの魚を狙うために、事前準備は各自で行いました。
さて、どんな魚が釣れるのか。



当日は、6時頃に到着。少し風が強かったのですが、天気は快晴、 水温も24度前後と例年の10月の水温に比べると高めでしたが、釣りをするには好条件の日でした。
6時半頃から釣り開始。サビキでイワシやアジを狙う者、胴突仕掛を使用しカワハギやべラを狙う者、餌木でイカを狙う者と様々でした。
まずは、朝マズメという事で、当社製品のサビキ「ベイキングス 下カゴサビキのアンダーソン 手返し高速アジラッシュ」を使用してみました。 サビキを海に投入すると、表層の餌にイワシが群れで寄って来たのですが、イワシのサイズが10~15cmと小さく、鈎になかなか掛かりません。 竿をシャクリ、サビキでイワシを掛ける者もいました。それでも、ほとんど釣果が上がらず‥いきなり苦戦。

7時頃からイワシの回遊もなくなり、アジが釣れる気配もないため、当社製品の胴突仕掛(HD201 カワハギ 超ショートハリス キツネ鈎)を使用して、ベラやカワハギ狙いに変更する者が増えてきました。 胴突仕掛に餌を付けて、足元に落とすと「コツコツ」とアタリがあるものの、アワせても全然乗らず、餌だけが無くなるばかり。 ようやく釣れたと思えば、犯人は10cmほどのフグ。すぐに餌が無くなり、大苦戦です。
そんな、フグがたくさん釣れる中、少し竿をひったくられるような強めのアタリもありました。 このアタリがメインターゲットのベラとカワハギ。この魚をいかに上手に釣るかが本日のカギとなりました。



8時頃には、ベラやカワハギが釣れ出しましたが、全体的に釣れる数も少ない様子。
フグの猛攻に合い、餌が無くなって行く中、5~10mほど沖に投げている者がベラやカワハギを良く釣っていました。
沖へ投げると、フグのアタリはあるものの、足元へ落とす時より少なく、フグより明らかに大きなアタリに、スイープにアワせるとベラが釣れます。 ベラのサイズも大きく、その後は今まで単発でベラが釣れていたのが嘘の様に、1キャストで複数釣れたり、隣同士で、ダブルまたはトリプルヒットする事もありました。
沖に投げる分、ライントラブルや根がかりが増えましたが、当社には、釣りのベテラン(?) が多いので、周囲で助け合い、トラブル等もすぐに解消する事が出来ました。



10時頃に釣りを終了し、釣れた魚を確認。
コッパグレ、ガシラ、イワシ、ベラ、カワハギ、サヨリ、イシダイ、チャリコなど、数多くの魚が社員の手で水揚げされ、存分に楽しい時間を過ごす事が出来ました。
今回お世話になりました平磯海釣り公園様ですが、足場も良く、釣りもしやすいため、家族、カップル、友人同士で行くには最適の所です。是非皆様も行かれてみてはいかがでしょうか。


営業企画室 広告・広報担当 西村健吾


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26

一覧に戻る