釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > 2011ドリームオープンカップ磯 東九州大会11/06/19

イベント結果報告詳細

2011.6.22
2011ドリームオープンカップ磯 東九州大会11/06/19

イベント概要
イベント名 2010 ドリームオープンカップ磯
東九州大会
開催日時 2011年06月19日(日)
開催地 大分県鶴見
参加者 138名
イベントレポート

6月19日(日)、3回目の開催となる2011ドリームオープンカップ磯・東九州大会が大分県鶴見一帯にて開催された。

この大会の最大の特色は、何と言っても全国の釣り用品メーカー10社が垣根を越えて共同で開催する点にある。あいにくの雨模様にもかかわらず、この日を待ちわびた多くの選手たちが受付会場に列を作った。
そして午前2時半、合計138名の選手が5隻の渡船で2便に分かれて鶴見一帯の磯へと展開。午前5時の競技開始と同時に、各磯で熱戦の火蓋が切って落とされた。

当日は豪雨の中での競技であったものの、海況は至って穏やかで沖磯・湾内を問わず好ポイントへの上礁も十分に叶う状況。 こうなると当地は折りしも梅雨グレ最盛期ということもあり、上位入賞者がどれ程釣果を伸ばすかという点にも注目が集まった。
競技時間中降りしきる雨をものともせず、各磯で次々とタモが伸ばされ良型が仕留められてゆくうちに、終了時刻の正午を迎えた。



競技を終えた選手たちが次々と帰港し、釣果が検量所へと持ち込まれる。5尾までの重量で検量されるグレは、40cmはおろか50cmに迫る良型を複数揃えた選手も。 他魚もイサキやチヌ、アオブダイなど、豊後水道に近い当地ならではの色とりどりの魚が検量台に載せられた。



検量の結果、メイン種目であるグレの部は川口雅嗣選手(福岡)が5尾の総重量5880gという素晴らしい釣果で、 ドリームオープンカップ東九州大会優勝の栄冠を勝ち取ると同時に、共催メーカー各社より、抱えきれない程の賞品を贈呈された。
また、各メーカーからのお楽しみ賞、シニア賞、レディース賞等盛りだくさんの特別賞も準備されており、例年にも増して閉会式は大いに盛り上がりを見せた。



ドリームオープンカップ東九州大会共催メーカー:
キザクラ・クレハ・釣研・ハヤブサ・モーリス・ 東レインターナショナル・ささめ針・マルキュー・宇崎日新・ソルトブレイクジャパン (順不同)

特別協賛・全九州釣ライター協会

ドリームカップ運営委員会 (株)釣研  松枝

イベント結果
グレの部
結果 氏名 重量(g) 渡船
優勝 川口 雅嗣 様(福岡県) 5880 正幸丸1便
準優勝 茂 大樹 様(宮崎県) 5120 てる丸2便
第3位 矢野 朋幸 様(宮崎県) 4915 速見丸1便
第4位 砂田 安彦 様(大分県) 4840 しんえい1便
第5位 小出 仁志 様(大分県) 4660 正幸丸2便
第6位 奥永 則之 様(福岡県) 4340 進栄丸1便
第7位 北川 昌樹 様(山口県) 3470 進栄丸2便
第8位 深草 義文 様(宮崎県) 3085 てる丸1便
第9位 平野 智弘 様(宮崎県) 3040 しんえい2便
第10位 荻原 晴巳 様(宮崎県) 2215 速見丸2便

他魚賞
氏名 魚種 重量(g)
田代 智之 様(福岡県) アオブダイ 6490

レディス賞
氏名
安藤 美佐子 様(福岡県)

シニア賞
氏名
杉浦 幸夫 様(福岡県)



代表挨拶
「雨の中、選手の皆様大変お疲れ様でした」と挨拶する、本大会担当メーカーである株式会社釣研・楠根丈司社長 出場者釣果
沖磯の大バエで48.5cmのクロを釣り上げた小出仁志選手(大分)は、見事5位に入賞。 他魚の部優勝者
田代智之選手(福岡)が検量所に持ち込んだのは、何と6490gのアオブダイという超大物。その迫力に大きな歓声が沸きあがった。
講習会
特別ゲストとして、橋本敏昭名人も本大会に参加。猪熊競技委員長とのトークショーでは、多数の参加者が熱心に聞き入っていた。 表彰台
大会の上位入賞者。向かって左より準優勝の茂大樹選手(宮崎)、優勝の川口雅嗣選手(福岡)、3位の矢野朋幸選手(宮崎) 集合写真
降りしきる雨をものともせず競技を戦い抜いた、九州・山口から集まった138名の参加者。

一覧に戻る