釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > チーム鬼掛中国 2011年度大会11/10/16

イベント結果報告詳細

2011.11.7
チーム鬼掛中国 2011年度大会11/10/16

イベント概要
 
イベント名 “Team ONIGAKE”中国
2011年度大会
開催日時 2011年10月16日(日)
開催地 小豆島の磯
利用渡船:まこと渡船
参加資格 『Team ONIGAKE』所属
対象魚 チヌ総重量(5匹)
(釣れなかった場合はグレ5匹総重量)
参加者 37名
イベントレポート -村岡 洋-

さる10月16日(日)、岡山・広島・山口の各支部での年間ポイント上位選手37名が集まり、 小豆島一帯でチーム鬼掛中国大会が開催されました。



競技の勝敗は釣上げたチヌ5匹重量、チヌの釣果が無かった場合グレ5匹重量勝負。
試合はトーナメント方式で、1回戦は2名で40分ハーフの1時間20分、2回戦3回戦は3名で40分交代の2時間で争われました。
私は抽選でA船の14番。1回戦は山口の難波選手と対戦し、フグとアジの餌取りに悩ませられながら何とかチヌ1匹を釣上げ勝ち上がった。
検量の役員から14番目で初めてチヌの釣果と聞かされかなり渋い状況と思い、 2回戦からは試合時間も短い中始めから底を中心に釣ろうと決めました。

2回戦は、1回戦A船で1人好釣果を上げていた山口の守田スタッフともう一人も山口の塩川選手。
一巡目、守田スタッフが1匹釣上げリード。2巡目守田スタッフのポイントに入り潮下だったので少し長く底付近を探っていくと、 40m位流したところでウキがスパッと消し込まれるアタリ。
合わせを入れると重量感のある引きで良型と確信し丁寧に取り込み逆転しましたが、横を見ると守田スタッフの竿が曲がっていました。 重量で微妙な感じで2巡目終了。3巡目も底をイメージし釣っていましたが、アタリが無いまま時間が過ぎていきました。
始めより少し流速が上がっている感じなので、もしかしてと思いウキ下を一気に2ヒロにして2投目。ウキに微妙な変化が??? 半信半疑で合わせを入れると食ってました、良型が・・・。 磯際で猛反撃にあいなんとか取り込みましたが、ハリスがザラザラで間一髪セーフ。時計を見ると後10分。 早く終わってと祈りながらハリス交換して数投でタイムアップ。



3回戦も山口県勢で昨年の広島大会3回戦で敗れた弘中スタッフと、岡山の地区大会ではいつも上位入賞の福井さんとの対戦。 釣り場は強風で向い風と当り潮、濁りも入り最悪の状況の中スタート。
開始早々両横で竿が曲がりグレをキープしている。私のところはグレの気配なし。 ならば何としてもチヌを釣ろうと、左前から右足元へ当ててくる潮に出来るだけ遠投し足元まで探ってくる作戦を立て繰り返していると、 足元まで来たところでウキがしもり始め、根掛かりかなと思ったところで急にスピードがあがり、合わせを入れると生命反応。 小さなチヌをキープ。「これで皆さんチヌ勝負ですよ」と。
その後、風が爆風になり気を抜くと飛ばされそうな状態に。まともな釣りが出来ないままタイムアップ。
過去1回山口、2回広島と3回戦負けで悔しい思いをしていましたがやっと決勝へ進む事が出来ました。
決勝の小海小島で先に渡磯しB船を待っていると、タックルを持って降りてきたのは岡山の徳良さん。 この方も地区大会ではいつも上位入賞する名手。場所決めのジャンケンに負けて、フッと気がついた。「4戦全部負けた」

試合は手前にシモリが点在する場所。狙い目を沖のシモリの切れ目に決めスタート。
数投目からフグが出てきて競魂チヌを度々持って行かれ苦戦。
その後餌が残って上がってきてチヌが寄って来たかと思っているところで何投目かにアタリがあり、 合わせを入れると グイーグイー、プツン。一瞬でしたがチヌの引き、根ずれでハリスがザラザラでした。
仕掛を作り直し再スタートしましたがハーフ終了。
場所交代し後半はトラブル続出(自分のミス)で思った釣りが出来ず皆さんの前で恥をさらした感じで釣果無く終了。
帰りの船では「ジャンケン4連敗、もう一度負けて5連敗? いや5回の内1回は勝てるだろうか?」とかジャンケンにめっぽう弱い私は船の中で最後は「パー」をだそうと決めて下船、 閉会式に出ました。
結果、最後のジャンケンで勝ち優勝。出来る事なら釣果を出し完全優勝をしたかったです。
来年は 連覇を目指し地区大会から頑張って山口へ行きたいと思います。



最後にいつも仕事で中国・上海出張時 五島上空で「いつかは来るぞ五島列島」と願っていました。
五島招待有難う御座います。夢が叶いました。いっぱい楽しんできます。



イベント結果              
結果 氏名 総重量(g)
優勝 村岡 洋 様 -
準優勝 徳良 宏行 様 -
第3位 中元 哲範 様 -
※決勝戦はジャンケンにて勝敗決定。
※第三位は準決勝重量にて決定。

上位入賞者 使用鈎
氏名 使用鈎
村岡 洋 様 B816D1:鬼掛チヌ 競魂チヌ 遠投仕様 イブシ茶 1・2号


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 集合写真

一覧に戻る