釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > チーム鬼掛近畿 2012年度第3回若狭大会12/07/01

イベント結果報告詳細

2012.7.11
チーム鬼掛近畿 2012年度第3回若狭大会12/07/01
イベント概要
 
イベント名 “Team ONIGAKE”近畿
2012年度第3回若狭大会
開催日時 2012年07月01日(日)
開催地 福井県 音海の磯一帯
利用渡船:ウミック
参加資格 『Team ONIGAKE』所属
対象魚 グレ総重量(20cm以上・5匹)
参加者 43名
イベントレポート -藤野 幸嗣-

2012年度チーム鬼掛近畿、第3回若狭大会が7月1日(日)に福井県は音海の磯一帯で開催されました。
前日の天気予報では梅雨前線が通過するとあって南風が強く吹いていましたが、受付開始の午前3時30分頃には微風となり海は穏やかな状況で出船確定と判断。
ただ気になる雨がシトシトと降っており、参加者全員レインスーツに身を包んで午前4時30分に渡船店ウミックの2隻の船に参加者43名乗船し、港を出港しました。
今回の大会規定は20cm以上のグレ、5匹総重量にて順位を決めます。



ここ最近の音海の釣況と言えば足下に赤雑魚と木っ端グレが餌取りでウロウロと泳いでいてその下に型の良いグレが撒き餌のオキアミを拾っています。
刺し餌を沈まして行っても小魚に刺し餌は取られずスムーズに沈下出来て25~28cmのグレは難なく手中に出来る状況でした。
ただ大会当日はアジが回り出し、どの磯もアジとの戦いで如何にグレを釣り上げるか腕の見せどころの大会となったのです。
撒き餌の工夫、刺し餌の工夫、鈎の選択・・・と、皆さんずいぶんと悩まされた事でしょう。
時に大粒の雨が降る中、上位入賞を目指して精一杯頑張って下さいました。



12時納竿にて参加者が港に戻り検量となった時、一時止んでいた雨が突然降り出し追い打ちを掛ける様にもう皆さんビショ濡れです。
そんな中、皆さんのキーパーバッカンから規定サイズ以上のグレをドンドン検量に出される姿は、流石チーム鬼掛の会員さんだなぁ〜と感じました。
1,000gから2,000gと僅差の検量の中、目を引く釣果を出されたのは鬼掛テスターの山田富士さん。32cmのグレを筆頭に5匹揃えられただ一人、3,050gとダントツの重量で優勝を勝ち取られました。
おめでとうございます。



雨降る中表彰式は渡船店の事務所で開催したくさんの賞品を持って帰って頂きました。
今回の若狭大会で2012年度のチーム鬼掛近畿の地区大会は終了となりました。
三回の地区大会での上位ポイントを獲得された会員さんとスタッフ上位ポイント者が10月に和歌山県大引の磯に集まって今年度の優勝者を決められます。
上位ポイントを獲得された皆さん頑張って下さい!
地区大会はまた来年2013年度の開催となりますが、多数の皆さんの参加をおまちしております。



イベント結果 
結果 氏名 総重量(g) 匹数
優勝 山田 富士 様 3050 5
準優勝 米村 彰紘 様 2210 5
第3位 児島 雅士 様 1870 5
第4位 隅 順一郎 様 1860 5
第5位 加藤 良 様 1650 5


NEWレインスーツ 雨降る中 雨降る中2 音海断崖 5 8 9 11 12 13 14 15 16 6 7 10

一覧に戻る