釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > チーム鬼掛近畿 2012年度第3回大会12/10/07

イベント結果報告詳細

2012.10.29
チーム鬼掛近畿 2012年度第3回大会12/10/07

イベント概要
 
イベント名 “Team ONIGAKE”近畿
2012年度第3回大会
開催日時 2012年10月07日(日)
開催地 アシカの親、ヒラバエなど
参加資格 『Team ONIGAKE』所属
対象魚 グレ総重量
参加者 19名
イベントレポート -乾 雅義(京阪グレ研)-

 平成24年10月7日、チーム鬼掛近畿 第三回決勝大会が行われた。
私は今年の第一回尾鷲大会に入会し、その大会では第三位で第二回小豆島大会は参加しましたが結果出せず、第三回音海大会は参加できませんでしたがポイントがあったみたいで決勝大会へ参加できました。
当日、あまり気合いも入らず、第二子の出産で一か月位竿を振ってなかったことです。

午前四時頃から受付し、抽選を引く名前が呼ばれ私は気分的に三人撃ちの所が良いなぁと思い引くと17番、三人撃ちやと喜んだ。
さぁ出船、一回戦はヒラバエへ渡礁し六時から試合開始、北東の風あり釣りづらく、風と潮が逆で仕掛が合わず40分が経ちローテション、 グレの姿全く見えないまま40分経った。
最後の釣り座に立ち東の鼻で仕掛を打ち返すうち、終了10分アイゴ釣れそのまま終了した。
結果は3人とも坊主、勝敗は私の一番苦手なじゃんけんでも、なんと勝ってしまった。
思わずヨッシャーと張り上げとても嬉しかった。



それから私の気分はノリノリになり二回戦、次の磯ではジャンケンで釣り座を決め私は迷わず沖を向いて左から入りました。
その右隣に新大阪荒磯の松岡さんが先端に中西さんの順に入って試合開始、磯も変わってから潮の流れが少し変わろうとしていた。
その時、松岡さんがグレを三匹パタパタとキープその時、40分が経った。
やっと私にもグレを釣るチャンスが来たぁー
竿一本先に仕掛投入、右のサラシの押しと左から右に流れで仕掛が馴染む所がオモリを目印の下にG8と鈎上20センチの所にG7打ち出来るだけ軽い仕掛を入れていった。
するとラインが走り竿まで乗ってくるアタリ来た。
私は慎重にやりとりし取り込んだ24cm位のグレ!やっと釣れた。
しかしグレの活性はかなり低い木葉グレも見えない、私は鈎を浅層グレ5号速掛から広層グレ4号速掛オレンジに変更した一投目。
また竿ひったくるアタリ、私は素早く合わすと一気に左足元に走ったグレと確信した、 取り込むと23cm位、時間が交替残り15分を経過した。あと1匹で松岡さんに追いつくと一生懸命打ち返した、 すると3匹目がヒットちょっと手応えある乗り、慎重に取り込むと良型のグレ27cm位あった。超~嬉しい!!
交替時間来た最後40分、最後釣り座では風が強まりサラシが強すぎて何回か仕掛が馴染まずオモリを目印の下にG6を打ち鈎上20cmにG5打った。
仕掛をサラシが緩んだ時に投入し撒き餌を打ち、仕掛が馴染みウキがしもり始めた。
その時、ウキが消し込んだ逆転1匹だぁと大事に取り込んだ終了まで残り15分、その後潮が止まりアタリが無く終了した。
その結果、私が590g差で重たく嬉しくガッツポーズ!私は決勝へ勝ち残った!!



 決勝戦舞台アシカの親、しかし風が強風に風波が強く対戦者は第二回決勝大会覇者天満さんと児島さん、私で対戦です。
釣り座のジャンケンし私はコンクリートの場所に入った、自分の中では気持にも焦りもなく勝つといい聞かしながら試合開始、 ここは釣れないよぉと聞いていたのでここで撒き餌の無駄使い出来ないでも右からのサラシと左から右やや沖に流れる潮に乗せ仕掛投入もしグレが当たるとしたらと何回か打ち返す20分経過、 ラインが走った!透かさず合わせ竿をためると魚が止まらずハリスが切れたすぐに鈎を付け仕掛投入、 何回繰り返すとラインが走った竿を立てると穂先が敲いている様な気がした、取り込むとサンノジですると灯台横裏側で天満さんが早掛けグレをキープしました。
そのあと時間だけ過ぎ交替、私は灯台横へ移動し、ここなら仕掛さえ風に引っ張られなく馴染んだらこの場所だったら釣れる、釣れなかったらあとがないと思いしっかり撒き餌を打った仕掛を入れ、 撒き餌を合わす、しかし穂先が風に煽られてアタリが取れない。
ここしかない!!一投一投大事に!!と思いやっと竿に乗ってきた。
しかしサンノジでした。20分経過、仕掛を投入馴染んだ時ウキがシモリ一気に消し込み竿をひったくった。この引きはグレだ!!慎重に取り込み良型の口太で24cm位あった。
すぐに仕掛を投入、撒き餌を合わしアタリがあってラインが走ったが合わせられなかった。
ただ1匹しかキープ出来ず終了。
最後の40分最後の場所アシカの親水道側低い所へしかし正面のシモリ周りやいろいろ攻めるがアタリなく25分シモリ際に投入し撒き餌は手前のサラシに打ちウキがシモリ、 ウキに変化あったので合わすと魚が大き過ぎてハリスを切られ長い時間が過ぎ終了のコールが拍手とともに聞こえた。
結果、私が1匹と天満さんの1匹しか釣果がでなかった、風が強すぎて検量したが判定できず港へ持越し、帰りの船でドキドキしながら帰った。



電子量りで天満さんのグレ316gで私が323gなんと7g差で勝った。
天満さんと最高握手し磯釣りを始めて17年、決勝トーナメントで初優勝!!
ここまで来るのが長かった。
選手、役員みなさん有難う御座いました。



上位入賞者 使用鈎
氏名 使用鈎
乾 雅義 様 鬼掛グレ 広層グレ/速掛 4~6号
*使用タックル*
【竿】ダイコー プロフィールド瞬技1-53
【リール】シマノ BBXテクニュウム2500DXG
【道糸】ゴーセン リミテーション磯CXサスペンド1.5号
【ハリス】ゴーセン フロロファイターJUDE1.2号
【ウキ】大谷ウキEX0、G2
    強風の時宮川スリム遠投00
【ガン玉】G8~G5段打ち
【その他】1ヒロ半からの全遊動で探りました



イベント結果 
結果 氏名
優勝 乾 雅義 様
準優勝 天満 隆浩 様
第3位 児島 雅士 様


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 集合写真

一覧に戻る