釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > チーム鬼掛中国 2012年度決勝大会12/12/02

イベント結果報告詳細

2012.12.11
チーム鬼掛中国 2012年度決勝大会12/12/02

イベント概要
イベント名 “Team ONIGAKE”中国
2012年度決勝大会
開催日時 2012年12月02日(日)
開催地 山口県周防大島
参加資格 『Team ONIGAKE』所属
対象魚 グレ総重量(5匹)
参加者 25名
イベントレポート -水津 善雄-

平成24年12月2日、第4回チーム鬼掛中国決勝大会が山口県周防大島で開催されました。
本来ならば11月11日に開催するはずが、悪天候の為延期になり、本日も風があるが何とか出来るみたいでほっとした。
中国各支部上位20名とフィールドスタッフ4名に前年度優勝者を加えた計25名が参加。
午前5時に受付し、本日は風が結構あり磯では出来ないみたいで、安全を考慮して二隻に分かれ1番から12番までがウインドパーク裏一文字波止へ、 13番から25までが安下庄一文字波止になり私は25番。
本来ならば一回戦、二回戦、決勝の予定が悪天候の為、一回戦は3時間、5匹の総重量で各船の上位2名を決め、計4名が決勝へ進めます。



午前8時に予戦スタート!波止に13名上がり、波止でも場所交代があり私の所は3人なので1時間でローテーション。
まず真中でやります。二投目にして早くも手の平だがクロをゲット!
次々に釣れ1時間で5匹揃った。
ローテーションしてサイズアップをはかるが風が強くうまくいかずノーフィッシュ。あっというまに3時間がたち検量へ。 何と予選を突破し決勝に進む事になった。思わずガッツポーズ!



決勝戦はウインドパーク裏一文字波止で30分x4ラウンドの二時間で行います。
釣り座のジャンケンし私は沖に向かって一番右に入り競技開始。
仕掛は予選と同じく、0号のウキに鈎上50cmにガン玉G6をうち、まず足下にマキエを撒くとスズメダイ、メバルなどのエサとりがいるので少し沖を狙います。
いい感じに仕掛が馴染むとアタリがあり、25cm級のクロが釣れ一安心。
決勝戦は匹数制限なしの総重量のためすぐ次を狙います。
潮目が出来ていたのでそこを狙うと、つづけて釣れ30分で計4匹。いいスタートが出来た。
ローテーションし今度は一番左へ。
波止が大きいため、移動で疲れたが集中を切らさず、馴染みやすい所を探します。
風が強く糸がとられるためライン修正をして、マキエをうち直し馴染むとウキが入り足の裏サイズが釣れ、いい感じ!時々マキエにクロが浮いてエサをひらっているのが見えたので、浮いてくるクロを狙う感じで釣っていく。
マキエの打つ位置を考えながらやっていると、同じ感じでクロをゲット出来た。
何匹か釣ると、食いが悪くなりアタリはあるものの鈎がかりせず、鈎を広層グレ速掛5号から4号に落とし食いこませようとすると何とか鈎がかりしサイズアップ。でも皮一枚。(さすが鬼掛の鈎刺さりが抜群)第3ラウンドも何とか釣る事ができ最終ラウンドへ。
ここもアタリがあるものの鈎がかりせず、ガン玉の位置をずらしたり、風の向きと潮が違うため仕掛が馴染む所でマキエと合う様にマキエをずらし、 なおかつライン修正をしてマキエに合わすと何とか釣る事ができたが、最後の笛がなり競技終了!



検量の結果、私が15匹、4770gで中国大会初出場初優勝出来た!山口支部も初の優勝者が出たと言う事で、二重も三重も嬉しかった!!
最後にポーターとして荷物持ちなど手伝いをしてくれた山口支部の塩川さん、当日参加の選手、役員の皆様本当にありがとうございました。




氏名 使用鈎
水津 善雄 様 鬼掛グレ 広層グレ/速掛 4・5号
B826D1:沈め探りグレ イブシ茶 4・5号
※使用タックル※
【竿】シマノ極翔1、2号53
【リール】シマノBBーXデスピナC3000DXG
【道糸】TORAYブラックマスター1、5号
【ハリス】TORAYスーパーL1、2号
【ウキ】グレックス、バサラM0号



イベント結果
結果 氏名 重量(g) 匹数
優勝 水津 善雄 様 4,770 15
準優勝 横田 真次 様 2,550 9
第3位 黒井 至 様 780 3
第4位 森本 真史 様 500 1


1 2 3 4 5 6 7

一覧に戻る