釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > チーム鬼掛関東 2013年度決勝大会13/11/17

イベント結果報告詳細

2013.11.21
チーム鬼掛関東 2013年度決勝大会13/11/17

イベント概要

イベント名:チーム鬼掛関東 2013年度決勝大会
開催日時 :2013年11月17日(日)
開催地  :静岡県南伊豆小下田の沖磯
対象魚  :メジナ
参加者  :16名

イベントレポート -石井 清-

 11月17日(日)静岡県南伊豆小下田の沖磯にて、2013年度イべント上位15名と選抜の鬼掛スタッフさん1名、合計16名によるマンツーマン方式の決勝大会が行われ、自分も参加させて頂くことになりました。
当日は天気も良く風もそよそよ吹く程度の絶好の釣り日和となりました。一年間を通して一緒に活動してきた仲間達と和気あいあいと船を待つ、自分の抽選番号は12番、金二丸の2番船で渡礁となりました。

 第1回戦目はカタブタという磯で、初めて乗る所でした。よく見ると右側は浅く使えそうもありません。ハーフラインを決めてジャンケン、右側でスタートしました。短い時間で結果を出すため、応用が利く0号のウキにハリス1.5号約7メートルとり、ハリスにウキを通しウキ下約4メートル、針は競魂グレ5号、重りは付けずにスタートしました。
朝一ということもあり魚の活性も高く、立て続けに4尾メジナを釣り上げることが出来ました。しかし時間が経つにつれエサ取りが出始め、最後の方ではアイゴばかりになってしまいました。結果は勝つことが出来、朝一のスパートがききました。

 第2回戦目は丸根という磯で、やはり初めて乗る所です。前半はNOフィッシュでアイゴ1匹に終わり、対戦者に2尾リードされてしまい焦ります。場所替えして直ぐ釣れたのはイスズミでしたが、メジナの活性もあがり良いスタートで4尾上げることが出来、勝ち上がることが出来ました。

 第3回戦目は沖女郎という磯で初めて乗る所、前半はやはりNOフィッシュ、本日初めて使う磯みたいで、コマセが撒かれた跡がなく、魚っけもありませんでした。後半戦の場所に入ると、右側には離れ磯があり左側には浅い沈み根が長く伸びている、自分の正面だけがまともに釣りが出来るポイントだが、コマセがたんまり入っているのでエサ取りだらけでした。しょうがないので沈み根の沖側で勝負を掛けることにした。遠投してコマセをかぶせると、良い感じで左沖に流れる、そして直ぐに結果が出ました。35㎝ほどの口太メジナでした。やり取りは慎重に時間を掛けてやっと取った非常に嬉しい1匹でした。直ぐにハリスを交換して2尾目を狙い、アイゴ1尾、口太メジナ1尾追加、勝ち上がることが出来ました。

 そして、とうとう決勝の時が来ました。対戦者は秋山氏、場所は高島、さっきまで底物師が釣りをしていた場所でした。ジャンケンをして左側、足場の高いところからスタートとなりました。ウキは今まで使っていたSサイズからMサイズにそして針は速掛グレ広層攻略5号に替えて第1投目を入れる。沖はかなり早い潮が流れているらしく、それに引かれる潮を釣る。しかしなかなか釣れないし、潮の流れもころころ変わってしまい的を絞ることが出来ない。だがエサ取りはいるがそれほど煩いわけではない。辛抱強く当て潮を釣っていると、とうとう釣れた口太メジナ、大事にタモですくって取り込んだ。大勢の人達が見守る中、やっと胸をなでおろすことが出来ました。この1尾が決め手となり、優勝することになりましたが、後ろで見ていた人達は2時間も釣れない釣りを見てどう思っていたか気になって仕方ありませんでした。

 今回、優勝商品として、レインウエア、ライフジャケット、バッカン、帽子とビックリするくらい豪華な景品をもらって大変嬉しく思います。このような貴重な体験をさせてくださったチーム鬼掛関東の皆さん、大会スタッフの方々には大変感謝いたします。ありがとうございました。。

イベント結果

優勝  :石井 清様
準優勝:秋山 和利様
第3位 :元栄 智様
第4位 :上口 誠一様

写真ギャラリー

写真ギャラリーはこちらをご覧ください。

一覧に戻る