釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > TeamONIGAKE九州  2014年度福岡支部第3回大会14/06/22

イベント結果報告詳細

2014.07.02
TeamONIGAKE九州  2014年度福岡支部第3回大会14/06/22

イベント概要

イベント名:TeamONIGAKE九州
        2014年度福岡支部第3回大会
開催場所 :長崎県平戸市宮ノ浦
開催日時 :2014年6月22日(日)
対象魚  :グレ

イベントレポート
-鶴原 修-


 6月22日、長崎県平戸市の宮ノ浦の磯を舞台に、第3回チーム鬼掛福岡支部の大会を行いました。当日は、小雨交じり&北風が強く、乗礁する磯も限られる状況での開催。また事前情報では良型グレの活性が低く、規定サイズも当初は25センチを予定していましたが、朝の開会式に23センチに変更、23センチ以上の5尾の重量で競いました。
準備が整い5時に丸宮丸さんの船で宮ノ浦港を出港、私は頭ヶ島の黒ハエへと上がりました。仕掛けは浅ダナ狙い中心に、ハリには、お気に入りの極軽グレ4号を結びます。サシエはオキアミ生と自家製ムキミを準備。
足元付近には無数のスズメダイがはびこり、際狙いは無理なので遠投主体で狙います。
エサ取りを交わし、釣り座交代の9時半にはキーパーを5尾揃え、今度は少しでも良型狙いに切り替えます。すると、丸宮丸さんが見回りにきました。そこで2人で場所移動を決断。次の磯は、「名称 尾上島」です。潮もよく通し、オナガグレも多い場所です。ここにはすでにたくさんの釣人が上がっていますが、見るからに誰一人竿が曲がっていません。前情報の通り、ほとんど釣れてないんだ。と、諦めながら後半のマキエを作り空いた釣り座で竿を出すと、2投目にしてアタリがあり、30センチを楽に越えたグレです。ただ、強風と本流の流れが同じ方向なので、アタリが取り辛いのなんの。でも、どうにかマキエとの同調を心掛けてグレの入れ替えに成功、13時に納竿となりました。
港に戻り検量ですが、やはり強い風とエサ取りの多さに翻弄されたメンバーもいましたが、多くのメンバーがキーパーのグレを検量に持ち込み、2014年度の福岡支部の大会は無事終了しました。

イベント結果

順位:お名前/重量
優  勝:鶴原 修様/2,135g
準優勝:井戸 翔太様/1,750g
第3位 :谷 慎也様/1,430g
第4位 :田中 裕治様/1,370g
第5位 :濱地 浩彰様/980g
第6位 :与田 正幸様/690g
第7位 :塚本 重信様/430g
第8位 :濱地 憲次様/395g

写真ギャラリー

写真ギャラリーはこちらをご覧ください。


一覧に戻る