釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > TeamONIGAKE近畿  2014年度近畿地区決勝大会14/10/12

イベント結果報告詳細

2014.10.23
TeamONIGAKE近畿  2014年度近畿地区決勝大会14/10/12

イベント概要

イベント名:TeamONIGAKE近畿
      2014年度近畿地区決勝大会
開催場所 :福井県 音海
開催日時 :2014年10月12日(日)
対象魚  :グレ
参加者  :19名

イベントレポート
-飯島 和徳-

2014年10月12日に福井県 音海で第5回チーム鬼掛近畿大会決勝が行われました。
前日にスタッフ7人で選考会を行い3名が決勝進出です。波が高く湾内の波止で1時間試合をしましたが全員釣果なしで乗船前に一般の方が駐車場横の波止でコッパを釣っていたので急遽、波止へ戻り仕切り直しとなりました。波止でも一同大変厳しい状況となりましたがなんとかチャンスをモノにすることができ出場権を獲得しました。隅さん山田さん有難うございます。

決勝は各地区からの上位ポイントの15名と昨年優勝者、それにスタッフ3名の合計19名でトーナメントを行いました。
1回戦は2名×8組、3名×1組の組み合わせで2時間、8匹で既定サイズなしです。
船は沖に向かいましたが時折大きなうねりが残っており安全な場所を選んで各選手渡礁して行きました。
私は灯台下に兵庫の中本選手と渡礁しました。ここは荒れている時に30前後が入れ食いに成ることがあるので良型の釣り合いになるイメージで仕掛けを作りました。試合開始して良型ヒットパターンの遠投で攻めて数投後綺麗な当たりでウキが入り合わせるとずっしりとした重量感。確実に30アップです。無事にタモに収まり一応早掛けのコールを中本選手にします。ここから同じパターンで攻めて行きますがエサが取られるだけで当たりもなくサシエサだけが取られます。足元に多目にマキエを打つとコッパグレが見え始めとりあえず規定数を釣るように足元を狙います。
この釣り方は良く練習するのですが、マキエを3~4杯打ち大量のエサ取りを集めその中に仕掛け投入前にマキエを1杯投入後に1~2杯追い打ちのマキエをします。
マキエの着水音、ウキの着水音で大量のエサ取りが散り泳ぐスピードの速いグレがくい上がってくるので良く釣れます。
仕掛けはウキ下を矢引き~1ヒロ。針から5センチ上にBの口鉛を打ち、針は極軽の6号をメインに使いました。口鉛が重たいので針は軽くしたいのと手返し良く針を外したいためです。ウキに当たりは出ませんが道糸の張り、ウキゴムの沈むスピード、角度を見て合わせます。この釣り方で規定数をそろえて行くうちに20センチ前後が良く釣れるのですがたまに25センチが混ざりだし20センチ後半もたまに見えてきたのでこのパターンで釣ります。足元を中心に狙いながらたまに沖の遠投をしますが際釣りの方が釣れました。
中本選手も私の釣りを見てか際釣りで釣れ出し規定数をそろえていましたが一番最初に釣った良型で勝負が決まり1回戦は勝ち上がりです。

2回戦は1回戦と同じ灯台下で同じクラブの京都精鋭の松村選手、和歌山の小橋選手との試合です。試合開始すぐはエサ取りが沖に出ていないようでしたので40メートルほど遠投して30アップを狙いますがエサが残ってきて気配がなく、これではいかんと際釣りしていくとグレは釣れ出します。この釣りの弱点は他の選手からどうやって釣っているのかすぐに見破られます。
案の定3選手とも際釣りをしてグレを釣り上げて行きます。終了間際松村選手マキエが無くなり竿をたたみ、私もマキエが切れましたが残っているサシエを巻きながら入れ替えサイズ1匹を釣り上げ終了となりました。あきらめたらだめですねえ。
結果は僅差で勝ち上がり決勝戦です。
決勝戦はワニグリで大阪の吉村選手、愛知の川出選手と対戦です。
吉村選手は2連覇がかかっており決勝大会では上位にいることが多く強敵です。川出選手は初顔合わせで全く分かりませんが強豪を破り決勝戦に残ってきており各選手油断はできません。このワニグリは冬場に40アップが釣れ上ることはありますが10月に乗ることはなく見当もつきません。磯選びの優先権はじゃんけんで2番目に選ぶことができ一番条件の悪い湾奥から入ることにしました。試合開始のホイッスルが鳴り第5回決勝大会が始まりました。
グレを確認するため足元~竿一本にマキエを集中して撒いていくと、すぐにグレが浮き出し活性は高そうなので1.2回戦から釣ってきている浅棚へ狙いを決めて釣り始めました。決勝は規定数なしの総重量なのでとにかく手返し重視で魚を掛けて行くイメージです。
ウキを飛ばしたりして少しトラブルが多かったのですが最初の40分で10匹程度釣ることができ他の選手は数匹のようでした。
場所交代後も同じ様に大量のエサ取りの中からグレを釣り上げ終わってみれば37匹5650グラムの釣果で優勝できました。
今大会を主催して頂いたハヤブサ様、お世話になりました各役員様、参加選手の皆様、ウミック様大変ありがとうございました。

来年からは全国大会に成る予定です。
全国大会を目指して鬼掛を盛り上げて行き是非頂点をみんなで目指しましょう。

イベント結果
順位:お名前/重量
優  勝:飯島 和徳様/5,650g
準優勝:吉村 剛様/1,790g
第3位 :川出 博徳様/1,150g

写真ギャラリー

写真ギャラリーはこちらをご覧ください。


一覧に戻る