釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > TeamONIGAKE中国  2014年度中国地区決勝大会14/12/06

イベント結果報告詳細

2014.12.24
TeamONIGAKE中国  2014年度中国地区決勝大会14/12/06

イベント概要

イベント名:TeamONIGAKE中国
        2014年度中国地区決勝大会
開催場所 :下津井沖
開催日時 :2014年12月6日(日)
対象魚  :チヌ
参加者  :22名

イベントレポート
-光田 俊介-


12月6日(土)にチーム鬼掛中国地区決勝大会が下津井沖で開催。10月開催予定が台風で順延で、今回も負けない位の悪天候でした。22名で行われた予選は、2人1組で対戦し4時間30分の制限時間でチヌ5匹重量での勝敗を決定。その勝者11名中、上位3名が決勝進出。悪天候で本命ポイントに入れなかったり、急激な水温低下での喰い渋りと相まって「全員ボウズなら、どうしよう?」等と心配していましたが、流石は各支部大会成績上位の猛者で、半数以上の組に釣果がありました。

「1枚釣ったら予選通過。」と話していたため、1枚、1枚と拾うようにして4枚釣れて「行けるかも」と思っていたら、幸運にも私が首位で予選通過。
2位で予選通過したのが山口支部のスーパー中学生の加藤選手。
3位には、シマノジャパンカップ磯全国大会に3年連続出場し今回も占有率で決勝進出できなかった岡山支部長の小谷選手。

この3人で戦う決勝戦は、岩黒島の波止で行いました。40分での場所交代で2時間の戦い。転流が絡む後半にジアイがあると思っていると1時間経過したころにラインを持っていくアタリがありましたが惜しくもラインブレーク。
全員が釣果の無いまま最後の40分間。食いそうで食わない状況が続き、ハリスを1号に落として仕掛けを組み直し、独り言のように「釣れるよ」と宣言した1投目にラインにアタリがあり、1300gのチヌをゲット。ダメ押しを狙いましたが、そのまま時間切れで優勝させていただきました。2位には、他魚の早掛け規定にて小谷支部長が入りました。しばらくは、岡山支部のグレは支部長、チヌは副支部長の構図が続きそうです。来年の山口での地区決勝大会に向け、釣りを楽しんで精進してまいります。
今大会に遠方より参加していただいた選手の皆様、お世話になった大会役員の方々、そして今回もドッサリと賞品をご用意してくださったハヤブサ様ありがとうございました。

写真ギャラリー

写真ギャラリーはこちらをご覧ください。


一覧に戻る