釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > TeamONIGAKE中部  2015年度愛知支部第1回大会15/02/01

イベント結果報告詳細

2015.02.20
TeamONIGAKE中部  2015年度愛知支部第1回大会15/02/01

イベント概要

イベント名:TeamONIGAKE中部
        2015年度愛知支部第1回大会
開催場所 :三重県尾鷲の磯
開催日時 :2015年2月1日(日)
参加者  :12名

イベントレポート
-生田 文彦-

今年度より愛知支部として起ち上げ活動を開始することとなりました。全国のチーム鬼掛の皆さんよろしくお願いいたします。
例年ですとこの時期の紀東は日ムラ、磯ムラが激しく大会としては厳しい条件となりますが、会員の顔合わせを目的として第1回大会を開催することとしました。日ムラの良い方を願いつつ・・・。

しかし、数日間北西の冷たい風が吹き荒れ、前夜などは尾鷲へ向かう道中に吹雪に見舞われる悪条件。当日も手がしびれるほどの寒風に晒され、おまけに水温も前日から1度以上も下がって13度前半。12名の参加で釣果は井上会員の1枚のみという惨憺たる結果でしたが、参加者は親睦を深める良い機会であったと笑顔を見せてくれて幹事としてはほっと胸を撫で下ろした次第です。 唯一釣果の井上会員のレポートをご紹介します。

非常に厳しい釣りでした。乗った磯はタテガミの地のカド。生命反応が全くない状態で上潮が右へ滑り下潮は余り動いていない2枚潮。風は逆に左から右方向で仕掛けが馴染まない状況でした。当日は沈め探り・尾長ネムリ・速掛(広層)を使い10時30分の釣座交代の後、滑り潮が緩くなって竿2本ほどのタナからもぐり潮に入れ込んでいくとサシエに変化が見られました。ここが時合と同じ攻め方を繰り返していると明確なアタリとともに貴重なグレを手にすることができました。厳しい中で口を使ってくれたグレに感謝です。

帰港時には高岡副会長も顔を見せていただき、チーム鬼掛の現状や展望などをお話しいただきました。最後は数多く用意した賞品の抽選会やジャンケン大会で盛り上がり、事故もなく無事第1回大会を終えることができました。参加会員に感謝申し上げます。
愛知支部第2回大会は5月を予定しています。それまでに会員も大幅に増える見込みです。今後より一層チーム鬼掛を盛り上げるように頑張っていきますのでよろしくお願いします。



写真ギャラリー

写真ギャラリーはこちらをご覧ください。


一覧に戻る