釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > TeamONIGAKE近畿  2015年度和歌山支部第2回大会15/04/19

イベント結果報告詳細

2015.04.24
TeamONIGAKE近畿  2015年度和歌山支部第2回大会15/04/19

イベント概要

イベント名:TeamONIGAKE近畿
        2015年度和歌山支部第2回大会
開催場所 :見老津
開催日時 :2015年4月19日(日)
対象魚  :25㎝以上のグレ(口太、尾長、ウシグレ)8匹までの総重量
参加者  :14名

イベントレポート
-嶋津 栄規-

4月19日にチーム鬼掛近畿・和歌山支部第2回大会を見老津にて開催しました。当日は幸いにも天候に恵まれ日中は暑さを感じる程で海上は凪状態。例年4月は休船期間となっていた見老津だが今シーズンから解禁となった為、この日も2便に分け出船と多くの釣り人で賑わいを見せる。

競技方法は1本バリのフカセ釣りでハリはもちろん鬼掛シリーズを使用。対象魚はグレ25㎝以上8匹までの総重量にて順位を決定する事とした。午前5時15分にお世話になる林渡船様に乗船し1便が出港。チーム鬼掛和歌山支部会員も10名程がこの便に乗船となりあらかじめくじ引きにて決定した渡礁磯へと磯上がりして行く。
その後、2便にて全員が揃ったタイミングで全員が釣りを開始。私も宮井スタッフと共に「地の中崎」へと渡礁し互いに釣り座を決め2時間交代で釣りを開始した。
まずは鬼掛シリーズの速掛グレ浅層攻略6号をハリスに結びウキ下2ヒロで第1投。エサ取りが多いのでは?との予測だがマキエに反応する魚は磯際で少し確認出来る程である。しばらくしても反応がなく仕掛けを回収するとサシエはそのままの状態である。ウキ下を徐々に深くし探ると3ヒロで鮮明なウキ入れがあり上がって来たのは30㎝クラスの口太グレ。同じようなタイミングで宮井スタッフは一回り大きいサイズを取り込み本命ゲットと幸先の良いスタートとなったがその後は互いに頻繁にイサギがヒットするようになる。
一方、向かいの磯で竿を出す会員も連続で竿が曲がるがイサギを取り込んでいる様子である。このような感じで午前中はイサギを中心にアタリも多く楽しむ事ができたものの午後からは潮の動きも鈍くなった為、ハリを極軽5号と軽めに変更するがアタリは単発となり午後3時に納竿。

帰港後の検量ではグレの釣果があったのは約半数と言う結果ながら怪我や事故も無く和気藹々と楽しく一日を過ごすことが出来ました。会員の皆様お疲れ様でした。最後にお世話になった林渡船様有難うございました。


イベント結果

順位:お名前/重量
優  勝:宮井 潔様/2,065g
準優勝:嶋津 栄規様 /1,985g
第3位 :坂口 敬紀様/1,685g
第4位 :福永 知也様/1,330g
第5位 :岡本 祥史様/1,230g
第6位 :岡本 孝様/1,040g
第7位 :尾藤 友紀様/860g
第8位 :桑原 英高様/505g

写真ギャラリー

写真ギャラリーはこちらをご覧ください。


一覧に戻る