釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > TeamONIGAKE四国  2016年度全国大会 四国選抜大会16/05/29

イベント結果報告詳細

2016.06.03
TeamONIGAKE四国  2016年度全国大会 四国選抜大会16/05/29

イベント概要

イベント名:TeamONIGAKE四国
     2016年度全国選抜グレ釣り大会 四国選抜大会
開催場所 :日振島周辺磯
開催日時 :2016年5月29日(日)
対象魚  :グレ(8匹までの総重量)
参加者  :36名

イベントレポート
-事務局-

今年も四国4支部の代表選手36名による選抜大会が開催されました。今年はチーム鬼掛が四国で発足して10年という記念すべき年でもあります。
3時30分受付開始。既にみなさんお揃いのようです。受付の釣り座抽選で次々に対戦相手が決まっていきます。みなさん自分の対戦相手が気になるようでトーナメント表に注目が集まります。
4時開会式スタート、弊社常務取締役西本の挨拶に続いて小里哲也インストラクターよりありがたいお言葉を頂戴し、担当支部である高知支部支部長門田さんの競技説明が行われました。本日はグレ8匹までの総重量です。
4時30分、はまかぜと第五はまかぜの2船に分かれて日振島へ向けて出船しました。
本日は1回戦から決勝まで全て1試合90分です。
1回戦が終了し大会結果の報告が入ってきます。サイズは小型ながら全般に釣果に恵まれているようです。特に裏磯は良型混じりでいい数字が出ています。最近釣果情報が無かっただけにどうなるか心配でしたが、さすがはチーム鬼掛の選抜メンバーです。
時折、雨脚が強まる悪条件の中“大崎の地”で決勝戦の幕は下りた!
2016年四国選抜大会の頂点は徳島支部・三原選手、高知支部・国見選手、愛媛支部・麻生選手の三名によって競われる事となった。
競技方法は30分ごとに時計回りにポイント交代するトーナメント方式。
ポイント選定順番はジャンケンで決定し一番手に麻生選手が一番沖側の“船着き”二番手に国見選手が“岡側の高場”三番手最後に三原選手が“中の低場”へと各自決定。
12時30分に開始のホイッスル!ポイントに仕掛け投入前、撒きエサをドカ撒きしていた三原選手が最初に竿を曲げた!30cm程のグレを取り込む。続いて国見選手・麻生選手とヒットし取り込むが、型が今ひとつで三原選手がリードの感じでポイント交代。
“船付き”に入った国見選手の快進撃が始まった。25~30cmのグレを連続して4匹取り込む、三原選手、麻生選手と続いて追撃するが型・数共に及ばず国見選手が逆転リードか?
最終ポイント交代、国見選手に続き“船着き”に入った三原選手が反撃!30cm程のグレをコンスタントに取り込む。
14時20分終了のホイッスル!!激戦となり決着は検量しないと分からない状況となった。
帰港後ご検量し高知支部・国見選手が優勝!!!
優勝した国見選手おめでとうございます。
準優勝は三原選手、第3位麻生選手という結果になりました。
みなさんおつかれさまでした。
『はまざき渡船』様いつもありがとうございます。
運営役員の高知支部のみなさんおつかれさまでした。




写真ギャラリー

写真ギャラリーはこちらをご覧ください。


一覧に戻る