釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > TeamONIGAKE関東  2017年度東関東支部第1回大会17/03/05

イベント結果報告詳細

2017.03.21
TeamONIGAKE関東  2017年度東関東支部第1回大会17/03/05

イベント概要

イベント名:TeamONIGAKE関東
      2017年度東関東支部第2回大会
開催場所 :千葉県鴨川市小湊 沖磯
開催日時 :2017年3月5日(日)
対象魚  :チヌ・グレ(20cm以上 5匹の総重量)
参加者  :16名

イベントレポート
-室田 佳吾-

3月5日(日)に東関東支部の第2回大会を千葉県鴨川市の小湊の沖磯にて参加者16名(役員含む)で開催しました。
小湊の磯は、房総半島の沖磯のなかでも一番低い磯であり、必ずと言っていいほど磯の上を波が通り抜けるため、チャランボが必須アイテムとなります。また、地元の釣り師の方たちはチャランボにウェーダーというスタイルが当たり前で地磯や沖磯で釣りをしている地区です。

大会当日は、太平洋を通過した低気圧により南東方向からのウネリが残り、渡船できるか不安な状況でしたが、朝6時に出船し船長の慎重な磯の選定により何とか大会を開催することができました。しかし、満潮が午前8時頃ということもあり、渡礁時から当然、波が磯の上を通り抜けており、こういう磯に慣れていない選手の方も居られましたが選手の皆さんの協力もあり、無事に渡礁することが出来ました。(たまに腰くらいまでの大きな波が来てましたが・・・)

大会の方ですが、今年に入って当日までに渡船ができたのはたったの3回ということでしたので保険を掛けて規定サイズを20cm以上のチヌとグレの5尾の総重量としました。

午前中は、足元を波が通る状況の中、各磯で選手の方達が竿を曲げています。各磯の状況を確認すると30cm中盤のグレがぽつぽつと釣れており、ただ、大物を掛けたけど根際のカジメ等に突っ込まれたりしてバラシているという状況との事でした。また、大島に渡礁していた奥村さんが大きく竿を曲げて楽しんでいたので話を聞くと1mくらいのドチザメを釣り上げたと言うことでした。

午後2時となり、選手を乗せて港に帰ってきてすぐに検量の準備を済ませ、検量を行いました。 検量の結果、ほとんどの選手の方に検量がありました。 優勝は、納竿1時間前に根際狙いで30cm前半のグレを規定数釣り上げることに成功した上口誠一選手の3.20kgでした。準優勝は、ラスト1投で本大会最大の39.5cmを釣った鈴木哲也選手の3.00kgでした。三位は、当日入会してくれました小田島克美選手の2.92kgでした。
上位3名の選手は、平均サイズのグレが釣れている中、根際を丁寧に探りながら30cmオーバーを釣るか、良型をバラさず取ったことが上位になる要因だと思います。

本大会は、会員皆さんの協力と慎重な磯選定をして下さった小湊の船長のおかげで、事故もなく無事に大会を終える事が出来ました。ありがとうございました。 次回は、延期となった第1回大会の予備日である3月19日(日)に南房総市・白浜で開催します。東関東支部の会員の方は奮って参加いただけますようお願いします。また、オブザーバー参加も大歓迎なので宜しくお願いします。



イベント結果

順位:お名前/匹数/重量
優 勝:上口 誠一様/5匹/3,205g
準優勝:鈴木 哲也様/5匹/3,000g
第3位 :小田島克美様/5匹/2,920g
第4位 :石塚 敏之様/5匹/2,780g
第5位 :奥村 英司様/5匹/2,775g
第6位 :吉田 秀治様/5匹/2,755g
第7位 :石田 航平様/5匹/2,685g
第8位 :室田 佳吾様/5匹/2,580g
第9位 :村上 信康様/5匹/2,510g
第10位:野口 和博様/5匹/2,375g

写真ギャラリー

写真ギャラリーはこちらをご覧ください。

一覧に戻る