釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > TeamONIGAKE関東  2017年度西関東支部第2回大会17/06/04

イベント結果報告詳細

2017.06.19
TeamONIGAKE関東  2017年度西関東支部第2回大会17/06/04

イベント概要

イベント名:TeamONIGAKE関東
      2017年度西関東支部第2回大会
開催場所 :静岡県南伊豆 妻良の沖磯
開催日時 :2017年6月4日(日)
対象魚  :メジナ
参加者  :36名

イベントレポート
-竹石 航太-

6月4日、南伊豆妻良地区にて、チーム鬼掛西関東支部第2回大会を開催、参加人数は36名でした。前日の西風の影響で開催が危ぶまれましたが、今回参加された選手の気配り、そして、今回お世話になった市丸さん、五兵衛丸さんの適切な判断もあり、場所限定ではあるものの無事に開催できました。本当にありがとうございます。

現在の南伊豆エリアは毎年恒例の小サバのエサ取りが多く、場所によっては1日サバの猛攻に悩まされながらの釣りになったようです。凪で場所限定でなければ、潮が通す沖に面した磯でできるので、小サバが多少いても気にならない場合もありますし、短時間でも小サバがポイントから離れてくれる時間があったりするので、意外と誤魔化しながらグレを釣っていくことが可能な場合もあります。しかし今回は小サバ多いにプラスして、潮が走らない場所での釣りになる磯が多かったので、余計に苦戦したポイントが多かったようです。私と井上スタッフは選手を送り出したあと、キョウノジのテラスで12時まで竿を出しましたが、湾内のポイントだけあって、朝一から小サバが多く大苦戦、メジナの活性事態も低くかったようで、サバは上手くかわせても、意外とエサが残ったりと、全くリズムが噛み合わないまま納竿となりました。そんな難しい状況で優勝されたのが、ドギョウに渡礁した石井選手、釣果は4匹で2.13㎏でした。決して一級ポイントではありませんが、短い時合いを逃さず40cmオーバーも絡めた好釣果でした。2位は柳生選手、場所はサメノリ裏で、朝一から小サバが多かったようですが、上手くかわしながらリミットメイク達成、サバが多い時間帯のがメジナの活性が高かったようで、小サバが少なくなってからはメジナの気配も薄れたようでした。3位は西選手、場所はサントウ滑り台で、こちらも厳しい状況の中でしたが、見事に5匹のリミットメイク達成でした。苦戦する磯が多い中、上位入賞された選手の皆様、おめでとうございます。次回石廊崎大会も、メジナのシーズンとしては難しいかもしれませんが、昨年の石廊崎大会は予想に反してBIGウエイトが連発していたので、非常に楽しみにしています。

次回の第3回大会は、7月2日(日)に南伊豆・石廊崎で開催します。西関東支部の会員の方は奮って参加いただけますようお願いします。また、オブザーバー参加も、もちろん大歓迎です。




イベント結果

順位:お名前/重量/磯名
優 勝:石井 清 様/2,130g/道行(南)
準優勝:柳生 貴弘様/2,030g/サメノリ(裏南)
第3位 :西 栄光 様/1,960g/三島スベリ台
第4位 :鈴木ゆきこ様/1,830g/サメノリ(北)
第5位 :焼尾 剛 様/1,740g/陸大巣
第6位 :大江 紗香様/1,550g/陸大巣
第7位 :関野 薫 様/1,500g/三島(南奥々)
第8位 :青木 大志様/1,200g/三島(北)
第9位 :大沼 政貴様/1,200g/陸大巣
第10位:本田 潤一様/1,160g/サメノリ(裏南)

写真ギャラリー

写真ギャラリーはこちらをご覧ください。


一覧に戻る