ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > TeamONIGAKE近畿  2017年度Team ONIGAKE近畿選抜大会17/11/05

イベント結果報告詳細

2017.11.29
TeamONIGAKE近畿  2017年度Team ONIGAKE近畿選抜大会17/11/05

イベント概要

イベント名:TeamONIGAKE近畿
      2017年度Team ONIGAKE近畿選抜大会
開催場所 :南紀勝浦
開催日時 :2017年11月5日(日)
参加者  :22名

イベントレポート
-生田 文彦-

平成29年11月5日(日曜日)南紀勝浦・清丸渡船(0735-52-5574)を会場にチーム鬼掛近畿選抜大会を開催しました。この南紀勝浦はほぼ全天候型と言ってよい場所で各メーカーを始め、各種団体・クラブ等の予選会及び決勝大会の会場として多く利用されていますので船長も慣れており安心して開催することができます。
当日は関西・兵庫・和歌山・愛知の各支部からポイントにより出場権を得た16名、全国大会出場者枠2名、そしてスタッフ枠4名の合計22名が参加。来年度のハヤブサカップ全国決勝大会出場を賭けた選抜大会となりますので皆チカラが入ります。

1回戦は3人対戦の4組が湾内の磯を使い、2人対戦の5組は「オジャウラ」エリアにて120分間の戦いです。グレ8尾までの重量で競いますがどこの磯も25cm前後のグレがほとんどです。まだまだ水温が高いせいか浮いては来ないもののまずまず活性は高かったようで、デジタル秤でないと勝敗の行方が分からない試合が多くありました。

接戦を制した9名が2回戦を「オジャウラ」の磯で3人組ローテーションにて戦いましたが、やはりサイズは同じようなものばかりで選手は何とか良型を引きずり出そうと懸命に頑張ります。しかし、後半になると大自然のいたずらか?沖からドブ潮が入ってきて状況は一変、魚っ気が全くなくなり大苦戦。2回戦も1回戦と同様に接戦ばかりとなりわずかな差に涙を飲んだ選手もいました。

さて、決勝戦は実績のある「金光坊」を予定していましたが状況が悪すぎるために湾内で実績の高い「ライオン島」を使うことになりました。選手として降り立ったのは昨年の優勝者である新川さん(和歌山)、そして乾さん(関西)、伊藤さん(和歌山)の3名。互いに握手を交わし健闘を誓いながら各釣り座に立ち試合開始。参加者全員が見守る中でそれぞれの仕掛けで沖目、シモリ周りと攻めますが姿を見せるグレは同じようなサイズが多く誰がリードしているかは全くわかないほどです。3人が3人とも3カ所の釣り座でできる限りの手を尽くして相手よりも1cmでも1gでも大きいグレを狙います。決勝戦も8尾の重量で競うため僅差の勝負であることは間違いなく見学者も目が離せません。非常に長く感じる120分間でした。

決勝戦を終えて注目の勝敗は帰港後の検量で・・・結果はやはり僅差でした。優勝は新川さん、なんと昨年に続き連覇です。2位は乾さんでこの2名が来年度のハヤブサカップ出場権を獲得しました。惜しくも3位は伊藤さんで上位2人と遜色ない釣技でしたが運に恵まれなかったという事でしょう。参加された皆さんも来年またこの近畿選抜大会に立てるよう各地区大会を頑張ってください。

最後に一日事故もなく笑顔で頑張っていただいた選手の皆さんお疲れさまでした。 当日役員としてお手伝いいただいた島津スタッフ、矢野スタッフ、生田(の)会員、及びハヤブサ社員の皆さんありがとうございました。また、安全・安心で渡船頂いた清丸渡船様大変お世話になりました。


イベント結果

順位:お名前
優 勝:新川様
準優勝:乾 様
第3位 :伊藤様

写真ギャラリー

写真ギャラリーはこちらをご覧ください。


一覧に戻る