釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > TeamONIGAKE関東  2018年度東関東支部第1回大会18/03/04

イベント結果報告詳細

2018.03.16
TeamONIGAKE関東  2018年度東関東支部第1回大会18/03/04

イベント概要

イベント名:TeamONIGAKE関東
      2018年度東関東支部第1回大会
開催場所 :千葉県南房総市 白浜の沖磯
開催日時 :2018年3月4日(日)
参加者  :33名
対象魚  :メジナ・クロダイ(20cm以上、5匹の総重量)

イベントレポート
-室田 圭吾-

全国各地で春の嵐が吹き荒れた週末の3月4日(日)に東関東支部の第1回大会を千葉県南房総市の白浜の沖磯にて開催しました。参加人数は会員28名、オブザーバー5名(内、新規入会3名)の33名です。

大会前日の海の状況は、ウネリが残り、底荒れによる濁りもあり、また、水温も3度下がっていた。そのため、ほとんどの島で魚の活性が悪く、かなり食い渋っており、大概の釣人が乏しい釣果であった。

大会当日、午前5時から受付を開始し、5時30分から開会式および競技説明を行いました。大会の競技規定は、前日の釣果を考慮して20cm以上のめじなとクロダイの5尾の総重量としました。開会式を終えてすぐに選手を1便から3便に分け、次々と選手を予定通りの磯に降ろしていきます。海の状況は、ウネリは無くなったものの、南西の強風による風波があり、選手の皆様は南西の強風と飛来波で釣り辛い状況でした。

そのような状況の中、検量に持ち込んだ選手は予想より多い18名でした。その中でも笠松選手が丸々とした良型のめじな5尾を揃え4,030kgでぶっちぎりの優勝でした。二位は2週連続で白浜の磯に通って成果を出した福田選手でめじな5尾を揃え2,825kg、三位は渡辺選手でめじな5尾を揃え2,810kgでした。
上位3名の選手が使用した針は、優勝の笠松選手は「短軸のませ4号」、二位の福田選手は「沈め探りα5号」、三位の渡辺選手は「速掛グレ5号」でした。

次回の第2回大会は、5月20日(日)小湊を予定していますが募集人数に限りがあるため、出来るだけ多くの会員の皆様が参加できるように企画中です。詳細が決まり次第、会員の皆様には連絡致しますので東関東支部の会員の方は奮って参加いただけますようお願いします。また、オブザーバー参加も大歓迎なので宜しくお願いします。



写真ギャラリー

写真ギャラリーはこちらをご覧ください。


一覧に戻る