ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > TeamONIGAKE近畿 2018年度和歌山支部第2回大会 18/05/27

イベント結果報告詳細

2018.06.05
TeamONIGAKE近畿 2018年度和歌山支部第2回大会 18/05/27

イベント概要

イベント名:TeamONIGAKE近畿
      2018年度和歌山支部第2回大会
開催場所 :和歌山県勝浦
開催日時 :2018年5月27日(日)
対象魚  :グレ
参加者  :7名

イベントレポート
-小橋勇飛-

 5月27日、ハヤブサカップの近畿大会が和歌山県の勝浦で行われました。ハヤブサカップに平行し、チーム鬼掛和歌山支部第2回大会が行われました。大会当日は、天候も良く、絶好の大会日和となりました。大会前日、清丸渡船の船長さんのお話を伺うと、黒潮の大蛇行により、勝浦の沖磯ではあまり見られない子サバが多く、かなり釣り辛いとのことでした。グレの魚影が濃い勝浦でさえ、子サバで釣りにならない磯があるとのことで、非常に厳しい釣りが予想されました。

 大会当日は、山成方面とオジャウラ方面と分かれ大会が行われました。朝一は、少し肌寒さを感じるほどの気温でしたが、徐々に気温は上昇。昼頃には夏の様な暑さの中、約7時間の釣りが行われました。釣りを終え港にて、ドキドキワクワクの検量タイムが始まります。表彰式、閉会式が終わり、ハヤブサカップが終了後、和歌山支部で集まりました。和歌山支部での表彰式を行い、見事1位に輝いたのは、大ベテランで現在もトーナメンターの宮本さん。前回大会も1位で、ハヤブサカップでもベテランアングラー賞を受賞されておられました。2位の持越さんも、前回大会と同じ2位で、安定した釣果を出されておられました。3位は中畔さんとなり、素晴らしい景品が送られました。大会の総括をしていただいた桑原テスターからもお話しがあった様に、磯によって釣果に差が出た大会となりました。黒潮の影響で子サバが多くなったのも一つの原因かと思います。

 今回も無事に事故無く、和歌山支部第2回大会が終了となりました。今年度の活動も次回で最後となりました。次回の第3回大会も楽しめる大会を企画していきたいと考えておりますので、是非ご参加お待ちしております。ハヤブサカップに参加された皆様、そしてチーム鬼掛和歌山支部の皆様、炎天下の中お疲れさまでした。



イベント結果

順位:お名前/重量/匹数
優 勝:宮本 博 様/2,440g/6尾
準優勝:持越 丈二 様/1,870g/4尾
第3位 :中畔 禎高 様/1,805g/5尾

写真ギャラリー

写真ギャラリーはこちらをご覧ください。


一覧に戻る