釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

イベント情報

TOP > イベント結果報告 > HAYABUSA CUP全国選抜グレ釣り選手権 四国宇和島会場 18/06/24

イベント結果報告詳細

2018.07.04
HAYABUSA CUP全国選抜グレ釣り選手権 四国宇和島会場 18/06/24

イベント概要

イベント名:HAYABUSA CUP全国選抜グレ釣り選手権
      四国宇和島会場
開催場所 :愛媛県宇和島市日振島の磯
開催日時 :2018年6月24日(日)
参加者  :108名

イベントレポート
--

2018年度ハヤブサカップ四国宇和島大会が開催されました。土曜日までの雨も上がり当日はいい天気に恵まれました。今回お世話になるのは、はまざき渡船様、三浦渡船様、吉田渡船様、清家渡船様、はま渡船様、古谷渡船様の6軒7杯です。※順不同

3時30分受付開始。開始早々長い列ができました。前日までの雨でぬかるんだ地面が気になりますがうまくかわして並ばれているようです。予定どおり40分で受付が完了。一人の欠席もなく全員参加となりました。

ハヤブサ常務取締役西本より開会の挨拶に始まり小里インストラクターからは、ウネリが予想されるので荷物の管理をしっかりするようにそして何より安全面についてご注意をいただきました。続いて国見スタッフより競技規定について説明が行われました。本日は当初の予定通り30㎝以上8匹までの総重量で競うこととなりました。全国大会には船別1位の横取りで上位3名が出場権獲得となります。すっかり明るくなった5時には全船出船となりました。競技時間は渡礁後から13時までおよそ7時間です。
9時を回った頃事務局の電話へ選手から電話が入りました。内容はウネリが高くて波が磯を駆け上がってきて危険なので助けてほしいというもの。速やかに船長に連絡をとり事なきをえました。がそんな電話が数件ありこのままでは早上がりにするかも知れないと船長から連絡が入ります。急ぎ表彰式の準備を進めますが、現状より悪い状況にはならなかったようで予定通り13時の納竿となりました。
早い船は14時前には戻ってきました。規定サイズの30㎝が厳しかったのか検量に魚を提出する方は少な目な印象です。そんな中でも50㎝に迫るサイズを持ってくる方やしっかり8匹揃えている方もいらっしゃいました。時間差で船が戻ってきたためスムーズに検量を終えることができました。

全ての集計を終え結果発表です。
見事全国大会への出場権を獲得した方は、第五はまかぜで1番となった村岡利彦選手、吉田渡船で一番となった小谷さとし選手、はまかぜで1番となった阿部幸寛選手となりました。いずれのみなさんも大会の上位常連メンバーといったところでしょうか。みなさまおめでとうございます。
入賞者のインタニューでは、優勝された村岡選手『最初に42㎝を掛けた後8回のバラシがあったがハリスや鈎のサイズを調整し追加できた』準優勝の小谷選手『エサ取りが多く、うまくサシエが通ったタイミングでポツリポツリと拾うことができた』第3位の阿部選手『コッパに悩まされハリスを長く遠投に変更したことが釣果に結びついた』みなさん、試行錯誤の末の釣果だったことが伺えます。
3選手には全国大会でもご活躍されることを祈念いたします。

運営にご協力いただいた鬼掛フィールドスタッフのみなさまありがとうございます。また安全に運航していただいたはまざき渡船様、三浦渡船様、吉田渡船様、清家渡船様、はま渡船様、古谷渡船御礼申し上げます。

入賞者の詳しい成績は以下とおりです。



イベント結果

順位:お名前/匹数/重量/使用商品
優勝:村岡利彦 様/8匹/7,125g/沈め探りグレ6号→速掛グレ浅層攻略4号
準優勝:小谷さとし 様/5匹/5,490g/競魂チヌ1号
3位:阿部幸寛 様/8匹/4,895g/瞬速グレ4号→極軽4→3号
4位:横見瀬陽平 様/4匹/4,295g
5位:湯浅誠一 様/4匹/4,285g
6位:一楽悦紹 様/4匹/3,670g
7位:光宗弘樹 様/3匹/2,900g
ベテラン賞:杉原史郎 様/2匹/2,160g
レディース賞:明神明子 様/5匹/4,555g

写真ギャラリー

写真ギャラリーはこちらをご覧ください。


一覧に戻る