釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ピックアップ製品

TOP > ピックアップ製品 > ピックアップ製品詳細
HAYABUSA
SD680/SD681/SD682 船極頂天 「船極頂天」シリーズ いかなごメバル&海苔メバル
登録日 2010.11.19
ブランドHayabusa
カテゴリ船 / メバル
対応魚種

メバル

ピックアップ製品概要

船メバル胴突の大本命。シーズン本番に向けて、『船極頂天』シリーズに、大好物の「いかなご」とエサの乏しい時期の「海苔」を演出した仕掛が登場!!


 豊富なラインナップと実績が物語る高性能、船専用胴突仕掛として、ベテランの戦術から生まれた『船極頂天』シリーズに、船メバルの頂点を極めるべく、釣果にのみこだわった実績の仕掛が登場!!
大好物の「いかなご」とエサの乏しい時期の「海苔」に限りなく近づけるため、『いかなごタイプ』は、魚皮の「長さ」「薄さ」「細さ」を徹底研究。メバルが好んで捕食する時期の長さ36mmの設定と、自然な動きを再現できるよう皮のなめし方にもこだわりました。また、究極の仕上げとして「いかなごエキス」まで配合しています。一方、『海苔タイプ』は、フワフワ漂う海苔をイメージし、魚皮の「長さ」「薄さ」を徹底研究。活性の低いメバルにも口を使わせます。さらにフワフワ感を強調する特選フェザーを採用した究極の仕上げです。

<徹底的にこだわりました>

SD680:船極頂天 いかなごメバル

メバルの大好物「いかなご」に限りなく近づけるため、魚皮の「長さ」「薄さ」「細さ」徹底研究

メバルが好んで捕食する時期の大きさに合わせた長さ36mmの設定と、自然な動きを再現できるよう皮のなめし方にもこだわりました。
究極の仕上げとして「いかなごエキス」まで配合しています。



■ライブ感を演出するいかなごの目を再現
ちょうど目の位置にあたる部分に夜光留を使用。目をリアルに再現する事で、メバルの捕食行動を刺激します。
さらに深場でもしっかり光る留がアピール力を発揮し安定した釣果を約束します。

■捕食行動を刺激するいかなごの腹を再現
昔から漁師の間では「いかなごの腹(内蔵)は赤く光る。」と言われています。
キラメキのある鈎の胴打ち部分の朱留加工が見事に赤い腹をイミテートしメバルを刺激します。

■きっちり喰わせる魚皮貫通掛け
魚皮だけをくわえるような小さなアタリも、きっちり鈎掛かりさせる「魚皮貫通掛け」を採用。
従来の結び方では魚皮の動く幅が大きくなり過ぎましたが、魚皮の中心部に鈎を貫通させる事で鈎と魚皮が一体化し、
無理なく鈎を喰わせる事を実現しています。

スペック


【鈎種・色】 小アジ胴打・金
【鈎】 4〜10号
【ハリス】 0.6〜3号
【幹糸】 1.5〜4号
【袋入り数】 7本鈎1セット
【全長】 3.2m
【メーカー希望小売価格(本体)】 オープン価格


ハリス
幹糸
4
0.6
1.5
5
0.8
1.5
6
1
2
7
1
2
7
1.25
2
8
1.5
3
9
1.75
3
9
2
3
10
3
4

>>トップへ戻る

SD681:船極頂天 海苔メバル

エサの乏しい時期(特に冬場)、メバルは活発な捕食行動をせず、ちぎれて海中に漂う海苔や海草を捕食します。
そのフワフワ漂う海苔をイメージし、魚皮の「長さ」「薄さ」徹底研究

活性の低いメバルにも口を使わせる絶品仕上げです。
さらにフワフワ感を強調する特選フェザーを採用し、動きの良さを追求した究極の仕上げです。



■短い魚皮を夜光留でアピール
海中を漂うちぎれた海苔や海草を想定し、魚皮サイズを短く設定しました。
特に活性が低い時期のメバルは動きの少ない小さなエサに反応すると言われています。

■きっちり喰わせる魚皮貫通掛け
魚皮だけをくわえるような小さなアタリも、きっちり鈎掛かりさせる「魚皮貫通掛け」を採用。
従来の結び方では魚皮の動く幅が大きくなり過ぎましたが、魚皮の中心部に鈎を貫通させる事で鈎と魚皮が一体化し、
無理なく鈎を喰わせる事を実現しています。

スペック


【鈎種・色】 小アジ胴打・金
【鈎】 4〜9号
【ハリス】 0.6〜2号
【幹糸】 1.5〜3号
【袋入り数】 7本鈎1セット
【全長】 3.2m
【メーカー希望小売価格(本体)】 オープン価格


ハリス
幹糸
4
0.6
1.5
5
0.8
1.5
6
1
2
7
1.25
2
8
1.5
3
9
1.75
3
9
2
3

>>トップへ戻る

SD682:船極頂天 いかなご&海苔メバル

大好物の「いかなご」とエサの乏しい時期の「海苔」に限りなく近づけるため、魚皮の「長さ」「薄さ」「細さ」徹底研究

メバルが好んで捕食する時期の長さ36mmや、フワフワ漂う海苔をイメージし活性の低いメバルにも口を使わせます。
さらにフワフワ感を強調する特選フェザーを採用した究極の仕上げです。



■ライブ感を演出するいかなごの目を再現
ちょうど目の位置にあたる部分に夜光留を使用。釣果にグンと差が出ます。

■捕食行動を刺激するいかなごの腹を再現
昔から漁師の間では「いかなごの腹は赤く光る。」と言われています。
キラメキのある鈎の胴打ち部分の朱留加工が見事に赤い腹をイミテートしています。

■短い魚皮を夜光留でアピール
海中を漂うちぎれた海苔や海草を想定し、魚皮サイズを短く設定しました。
特に活性が低い時期のメバルは動きの少ない小さなエサに反応すると言われています。

スペック


【鈎種・色】 小アジ胴打・金
【鈎】 4〜10号
【ハリス】 0.6〜3号
【幹糸】 1.5〜4号
【袋入り数】 7本鈎1セット
【全長】 3.2m
【メーカー希望小売価格(本体)】 オープン価格


ハリス
幹糸
4
0.6
1.5
5
0.8
1.5
6
1
2
7
1
2
7
1.25
2
8
1.5
3
9
1.75
3
9
2
3
10
3
4

>>トップへ戻る