釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

製品釣果レポート

TOP > 製品釣果レポート > 最新製品釣果レポート更新リスト

 

  • 船・ボートインドネシア 西ティモール ロテ島

    フィールドスタッフ

    川島 久司(ハヤブサ)

    【投稿日:2016-05-24】


    • 使用製品

      SE105:
      貫撃遊動テンヤ

       サイズ 8~10号

    • 使用製品

      SD819:
      船カサゴ・ガシラ五目レッドウィリー2本鈎3セット
       鈎 13号
       ハリス 3号

      ※その他
      ・SE120:無双真鯛フリースライド コンプリートモデル 25号
      ・SD765:船極根魚五目 アコウキジハタ根魚仕掛 ケイムラ玉 2本鈎2セット
      ・目玉シンカー25号
      使用

    釣果:フエフキダイ8匹、モンガラカワハギ8匹、バラハタ1匹、オジサン2匹、ゴマモンガラ1匹、バラフエダイ2匹、他多数

    インドネシア 西ティモール ロテ島へサーフィン&フィッシングのチャーターボートの旅に出かけた。サーフポイントの脇のリーフエッジ20mで、胴突き仕掛けを落とし海老餌で攻めるとひっきりなしにアタリがでて、カラフルな南国の魚が釣れる! タイラバタックルに持ち替えてやると、これまた魚がスレていないせいもありタイラバにも次々にヒット!しかしスカートがカワハギにボロボロにされいくらあっても足りない状況なので、遊動テンヤに変えて楽しんだがこれまた底抜けに楽しい!時折大型のアタリが有りラインを瞬時にブレイクしていく事もしばしあったが、終始アタリがでて色とりどりの南国の魚が楽しませてくれた。

    釣行日 2016-05-03 時間帯朝/昼 天気晴れ
    無風 気温32℃ 水温26℃
    2 水質クリア 中潮
    使用タックル
    【竿】ライトタックルロッド
    【リール】小型ベイトリール(PE2号)

  • 船・ボートインドネシア 西ティモール ロテ島

    フィールドスタッフ

    川島 久司(ハヤブサ)

    【投稿日:2016-05-24】


    • 使用製品

      SD819:
      船カサゴ・ガシラ五目レッドウィリー2本鈎3セット
       鈎 13号
       ハリス 3号

    • 使用製品

      目玉シンカー
       サイズ 25号

    釣果:ロウニンアジ(メッキ)30匹、メアジ2匹

    インドネシア 西ティモール ロテ島にて。船を停泊して水面に照らされる光に、無数のプランクトンが集まる。それを捕食するロウニンアジの幼魚(メッキ)がボイルを始める。水面でバシャッバシャッとライト周辺で群れになる。それを海老餌の胴突きでやると、面白いようにバイト!入れ食いも有り、メアジ交じりで楽しめた。活性が良く、小型のルアーやサビキにも頻繁にアタックしてくる。船で寝泊りするこの旅の夜の楽しみにもなりました。

    釣行日 2016-05-01 時間帯夜/深夜 天気晴れ
    無風 気温31℃ 水温26℃
    1 水質クリア 中潮
    使用タックル
    【竿】ライトタックルロッド
    【リール】小型ベイトリール PE2号

  • 淡水アメリカ・アラバマ州スミスレイク

    フィールドスタッフ

    北嶋 一輝(FINA)

    【投稿日:2016-05-04】


    釣果:ラージマウスバス

    バスマスターサザンオープン第二戦の際、FINAハイパートルネードが活躍しました!カバー周りをテキサスリグのシャッドテールワームでスイミングするパターンで、フッキングもガッツリ。バラしはゼロでした。絶妙な角度がキーですね!

    釣行日 2016-04-01 時間帯 天気晴れ/曇り
    微風 気温 水温
    1 水質やや濁り
    使用タックル
    【ロッド】DAIWAジリオン661MXB
    【リール】DAIWAジリオンSVTW
    【ライン】モンスターブレイブ16ポンド
    【ルアー】4.5インチ ローカルシャッドテールワーム

    ハイパートルネード 4/0+3/16ozテキサスリグ+シャッドテールワーム

  • 船・ボートインドネシア バリ島

    フィールドスタッフ

    川島 久司(ハヤブサ)

    【投稿日:2014-09-17】


    • 使用製品

      SD818:
      船カサゴ・ガシラ五目2本鈎3セット
       鈎 3号 ハリス 3号
       鈎 4号 ハリス 4号

    • 使用製品

      P580:
      カワハギ 目玉集魚シンカー
       重さ 25号

    釣果:フエフキダイ・アカハタ・オオモンハタ・カワハギ他多数

    インドネシアバリ島へ行ってまいりました。両端に竹の付いた船外機船でのオフショアフィッシングです。ウルワトゥ方面の30~60mの根周りを攻め!海老餌での胴突きで面白いように魚が掛かってきます。本命のフエフキダイやハタ系などの他にカワハギや南国の見たことのないカラフルな魚も多数掛かって飽きない釣でした。又この時期は表層に群れを成して泳ぐイワシを追いかけてカツオやGT、サワラの多い時期でもあり、ジグで攻めるとハガツオが掛かってきました。船着場からポイントまでのトローリング、胴突きのボトムフィッシュ、ジギングやナブラが合ったらキャスティングと低料金で手軽な釣が楽しめます。
    又釣った魚を料理してもらい食べるのもこのバリの釣の醍醐味!お勧めです
    *この釣行は、週間新聞 釣場速報 関東版に掲載されます是非ご覧になってください。

    釣行日 2014-09-05 時間帯朝/昼/午後 天気晴れ
    微風 気温32℃ 水温20℃
    0.5m 水質クリア 中潮
    使用タックル
    【竿】ライトゲームロッド1.8m
    【リール】小型ベイトリール PE1.5号x100m

  • 船・ボートインドネシア メンタワイ諸島

    フィールドスタッフ

    川島 久司(ハヤブサ)

    【投稿日:2014-02-19】


    • 使用製品

      P580:
      目玉集魚シンカー
       サイズ 25号

    • 使用製品

      SD765:
      船極根魚五目 アコウ・キジハタ根魚仕掛 ケイムラ玉 2本鈎2セット
       ハリス 5号 
       幹糸 7号

      ※その他
      SD761:船極根魚五目 三段光撃3本鈎
       ハリス 3号
       幹糸 5号

    釣果:ハタ系・20匹
        白鯛、メッキ、フエフキダイ他・30匹
        その他、カワハギなど・無数 

    インドネシア メンタワイ諸島にてボートトリップに行ってまいりました。胴突き仕掛けにて、海老餌で狙う事とした。手つかずなポイント故、魚はスレテいなく、下ろせば何かしら竿先に反応が出る嬉しい状況!コモンハタ系やアカハタ、バラハタなどの根物に加え、小型のGTそしてフエフキダイなどが釣れる。見た事もない南国のカワハギやメイチダイのような白鯛(ホワイトスナッパー)なども引きが強く楽しめた。何度もハリス切れなどがあり巨大な魚からのコンタクトもあり楽しめました。
    GTやカスミアジ、サワラなどもトローリングで釣れる。また今回のツアー期間内で10kgオーバーのGT、そしてカスミアジもGetする事が出来た。
    しかし胴付きのボトムフィッシング底抜けに楽しいですね。海外に行かれた時はこの仕掛けを持っていくことを勧めます。釣った魚はCRUが美味しく料理してくれこれもまた楽しみの一つでした。

    釣行日 2014-01-05 時間帯早朝/昼/午後 天気晴れ/曇り
    微風 気温30℃ 水温24℃
    1.0m 水質クリア 中潮
    使用タックル
       

  • 淡水韓国へら鮒管理釣り場

    社員

    斉藤 心也(営業企画室)

    【投稿日:2013-08-30】


    釣果:ヘラ鮒・52枚

    8/10(土)~8/12(月)まで出張で韓国まで行っていました。
    2日間、釣りをすることが出来、良型の「へら鮒」も釣る事が出来ました。
    詳細はブログにアップしていますので見に来て下さいね。


    へら一心

    釣行日 2013-08-12 時間帯早朝/朝/昼 天気晴れ
    気温25-32℃ 水温
    水質
    使用タックル
    ◆チョーチン両ダンゴのタックル◆
    【竿】7尺(合成竿:光竹)
    【棚】チョーチン
    【道糸】へら侍童心1.0号
    【上ハリス】へら侍童心0.6号/18cm
    【下ハリス】へら侍童心0.6号/25cm
    【上鈎】B84911:鬼掛へら 極ヤラズ ストロングストレート 6号
    【下鈎】B84911:鬼掛へら 極ヤラズ ストロングストレート 6号
    【ウキ】「巧実」深宙PC7号(箒ボディー7cmPCムクトップ)
    *エサ落ち目盛は空鈎状態で7目盛だし

    ◆ダンゴエサ◆
    凄麩200cc
    ガッテン200cc
    ダンゴの底釣り夏100cc
    水180cc
    *30回程かき混ぜたら完成

  • 船・ボートグアム

    フィールドスタッフ

    宮井 潔(鬼掛)

    【投稿日:2012-04-19】


    釣果:カツオ

    早朝、アガニャ湾からリーフのブレイクラインのサーファーを横目に過ぎればそこは紺碧の大海原、タコベイトのトローリングでひたすら沖を目指す。10数分もたたない間に軽めにセッティングされた巨大ベイトリールが「ジーッ!」と小気味よい軽快音、ヒットの瞬間だ。強靭なロッドはもの葉もいわさず、80cmはあろうかという丸太棒のような本カツオを巻き上げる。群れに遭遇するとセッテイングされたロッドのリールが次々に軽快音を鳴らし、バタバタと船上にカツオが放り込まれる。小1時間ほど楽しんだあとは本命のジギング!

    ポイントを変えつつ海中展望台の2~3kg沖での1投目、ボトム付近から2,3のワンピッチジャークでヒット!うなりをあげ引き出されるラインはサンラインMS1,5号、ジグはFINASWのジャックアイ ストラッシュ100gのブルピンイワシとアシストは近海スペシャル ベーシックダブルM 長いやり取りになりそうだ。ボトムに近いためドラグを締め上げるとキャプテンの怒声が飛ぶが、なにを言っているかわからない。巻き上げるラインよりドラグから引き出される量が多く不安にかられながら数分、ポーターが「ユックリ、ユックリ」と何度か片言の日本語で話しかけられていたとき、ピンピンのラインテンションがフッ・・「Oh!GT!!」またもコンプレックススパイラル、無残にも張り詰めた気持ちが焦りと落ち込みの中に。

    その後はボトムフィッシュのアタリは続くが本命は無く、今回の釣行は終わりを告げた。港で柔術の達人と称する海兵隊あがりのキャプテンが裁いてくれたカツオの刺身がお慰みとなった。

    釣行日 2012-04-11 時間帯 天気
    気温 水温
    水質
    使用タックル
    【ジグ】FS420:ジャックアイ ストラッシュ 100g ブルピンイワシ
    【アシストフック】FS451:近海スペシャル ベーシックダブル M
    【ライン】サンラインMS1.5号

  • 船・ボートカナダ、バンクーバー

    一般

    KAN

    【投稿日:2011-05-10】


    釣果:キングサーモン

    GW中にバンクーバーに行ったので、キングサーモン釣りにチャレンジしてきた。
    バンクーバーではトローリングでキングサーモンを狙う。今はまだ魚が沖にいるようでポイントまでは45分ぐらい走るようだ。
    ポイントに到着。説明を受けながら仕掛を投入。仕掛は集魚板みないな役割の30cmぐらいの板の先にスプーンルアーやジグヘッドのようなヘッドに片口イワシを直接付け鈎を2本付けるやり方の2種類。その仕掛をダウンリガーという機械を使って狙った水深まで仕掛を送り届け、あとはゆっくりとボートを走らせる。水深としては30m付近を狙っていた。

    最初に投入した仕掛に反応ないので巻き上げ合図。ロッドを手にし巻き上げようとリール回したら、急に魚が食ってきていきなりバトル開始。引いた時には無理せずラインを出し、巻ける時にガンガン巻くよう指示。かなり抵抗するし時々こちらに向かって来る。引きからかなりいいサイズのようで慎重にと促される。かなり水面に魚が上がって来たなと思ったその時、急にラインテンションなくなった。バラし…。鈎に返しがないハーブレスである事、また初めてのチャレンジでいきなりの当たりで面食らった部分もあったので仕方ないと切り替え次に期待。
    先程の魚との格闘で腕はパンパン。連続で来たら大変だなと思っていたが、少し時間が空いて当たりが来た。今度はしっかり取り込みたい。最初の奴よりは手応えは小さいようだが、まずまずのサイズの様子。ラインテンションを緩めないようコントロールし、魚を寄せ初キングサーモンをネットに収める。シルバーな綺麗な魚体に素直に嬉しい。

    その後は同乗者が最初の魚より少し小さな1匹を釣るも、その後は当たりがない時間が続く。そして風が強くなり白波も立ってきたこともあり、風裏のポイントに移動。こちらでも当たりがない時間が続いたが、最後にノンキーパーサイズのような当たりもバラしたところで納竿となった。

    十分にキングサーモン釣りを堪能したとまでは言えないが、小さな頃からの憧れの釣りを出来た事に満足。釣れた魚は75cm、15ポンド(7.5kg)あり、この時期としてはまずまずのサイズとの事。この地域では40ポンドが最大らしく、いつかそんな魚を手にしたいと思いを馳せながらこの地を後にした。

    釣行日 2011-05-04 時間帯朝/昼 天気晴れ
    気温 水温
    1.5m 水質濁り
    使用タックル
    【ルアー】スプーン
    【フック】ジグヘッド
    【エサ】片口イワシ

  • 韓国 クンドゥー島

    フィールドスタッフ

    岸田 法子(鬼掛)

    【投稿日:2009-11-25】


    釣果:チヌ(クロダイ)

    ★韓国での釣り(テレビ取材)★

    11月9日~12日までテレビ取材で韓国に行ってきました

    鬼掛の韓国スタッフである朴さんとの釣行です

    私は初海外だったので楽しみ~ってゆうのと少し不安でした

    関空から釜山まで約1時間30分

    釜山に到着するとさっそく通訳のジョンさんとキムさんとカメラマンのユウさんが出迎えてくれました

    空港からすでに撮影が始まっていてそのまま朴さんの会社に行くことに

    朴さんに会い釣りの話しをしたり韓国のつり雑誌をみせてもらったり韓国の釣り具店に行ったり・・・・・・

    私的には興味のあることだらけなんで興奮してキョロキョロしてたからきっと落ち着きのない子と思われたかもしれませんね(笑)

    おいしいランチ(もちろんキムチ&肉ずくし)も食べたところで朴さんと今回の本題である釣行の話しをしました

    残念なことに釣行期間はずっと天気が悪いらしく雨が降ってる場所か風の強い場所かを決めなくてはいけなくて・・・

    当初、目的していた場所には行けなくて釜山から車で4時間30分くらい南へ行った場所で小さな漁師町に行くことにしました

    10日、いよいよ釣行です。朴さんの釣り仲間もたくさん来ていてまだ真っ暗な中、みんなでエサの準備・釣りの準備をしました

    渡船に乗り約1時間30分の所で「クンドゥー島」とゆう島で牛の形に似てるらしいです

    磯上がりしたけど真っ暗でライトなしでは無理状態!

    明るくなるまでみんなで朝ご飯(>▽<)

    明るくなった所で仕掛け作りや準備をしました

    韓国の磯は日本とは変わりなく、風は強かったけど幸いあまり風の影響がない場所だったんで一安心

    あっ!韓国で釣る魚はチヌでーす!海はすごく濁ってて真っ白でした~

    潮の流れは速くチヌが釣れそうな雰囲気でしたよ

    とりあえず重めのウキで風も少しあったんで沈ませぎみで探っていきました

    針は鬼掛の層探りチヌ1号を使用しました

    何回か流していきましたが、餌はつきっぱなしで生命反応なし・・・

    しばらくするとあたりがあり、韓国での初釣り1発目の魚はなんとフグ!!

    それからアジ!・・・私は韓国の魚だから知らない魚かと思いアジなのに一瞬考えてしまいました(笑)

    それからまたしばらく、朴さんも私も生命反応なし・・・そんななかいきなり朴さんの竿が曲がり本命のチヌをゲット!

    期待が高まった所で天候が悪化したため早めの納竿で結局、私は肝心のチヌが釣れず磯を後にしました

    次の日も釣りだったのに天候が悪く釣り中止・・・

    せっかく韓国に行ったのに(>-<。)次こそは腕を磨きチヌが大漁につれるようにしたいな~と思いました

    後、天気も見方につけてね★

    釣行日 2009-11-09 時間帯 天気
    気温 水温
    水質
    使用タックル
    【鈎】鬼掛チヌ 層探りチヌ1号

  • 淡水韓国

    社員

    ハヤブサ広報部

    【投稿日:2009-11-18】


    釣果:ブラックバス

    【KSA主催 netopia CUP】

    この度、韓国のFINA FIELD STAFF「朴武錫氏」がKSA主催「netopia CUP」にて準優勝となりました。
    この大会は年間7戦を争い総合ポイントで優勝者を決定する大会の最終戦。
    この結果、朴氏は今年度の総合4位入賞となりました。
    朴選手おめでとうございます。

    釣行日 2009-11-01 時間帯 天気
    気温 水温
    水質