釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

製品釣果レポート

TOP > 製品釣果レポート > 最新製品釣果レポート更新リスト

 

  • 船・ボート東京湾

    フィールドスタッフ

    三宅 雄彦(ハヤブサ)

    【投稿日:2017-09-11】


    • 使用製品

      SW108:
      一刀両断 船太刀魚仕掛 1本鈎2セット

    釣果:タチウオ15匹

    タチウオの様子がよさそうなので、タチウオ釣行してきました。
    ポイントは観音崎沖の水深70~80m。棚は底から5m~15m程度。
    最初の方は軽い当りが出たら、2、3回その場で軽い誘いを入れてリール1回巻き上げというパターンが有効でした。
    ポイント移動して潮が変わると全く当りがとれなくなりなりました。でも、常連の方は急に連釣。
    微かなモタレを見逃さないようにしてその場でフワフワ誘うと食い込んでくれました。
    タチウオも簡単なようで奥が深いですね。
    今日の反省は少し竿が柔らかすぎました。次回は少し固めな竿も持参して再チャレンジしたいと思います。
    ただ、いつも思うんですが、塩焼きと韓国風煮付け劇旨。

    釣行日 2017-09-09 時間帯朝/昼 天気晴れ
    気温 水温
    3 水質クリア

  • 船・ボート東京湾横須賀沖

    一般

    鈴木 リエ

    【投稿日:2017-08-18】


    釣果:タチウオ16匹

    東京湾にタチウオジギングに行きました。

    朝イチ、タチウオ船団に加わるも、周りのエサ船・ジギング船もポツポツと釣れるような様子。

    魚の活性は低すぎず、高すぎずだったので、ジャックアイTGを使いました。

    ジグが海に対してなるべく真っ直ぐ落ちるように、ラインが斜めにならない重さだった120gをセレクト。

    ラインスラック(糸ふけ)がなるべく出ないように注意しながら、様々な誘い方と巻き上げてからのフォールを組み合わせてタチウオにアプローチ。

    アタリ棚にハマった時は連発もありました。

    【誘い方】
    ・普通のワンピッチ
    ・高速タダ巻き
    ・普通にタダ巻き
    ・デッドスロータダ巻き
    ・アタリ棚でその場ステイとチョンチョンアクション(エサタチウオのイメージ)

    まだ指3本サイズが中心でしたが、4本指サイズも何匹か釣れ、パワフルな引きを楽しめました。

    釣行日 2017-08-17 時間帯朝/昼/午後 天気曇り
    気温25℃ 水温25℃
    3 水質やや濁り 若潮
    使用タックル
    タックル1
    【ロッド】アブガルシア ソルティーステージKR-X サーベリング SSBC-612-150-KR
    【リール】ダイワ スパルタン TW 150H

    タックル2
    【ロッド】ダイワ 鏡牙 AIR 63B-2TG
    【リール】ダイワ スパルタンRT TW 100XH

    ライン
    【ライン】PE0.8号
    【リーダー】フロロ20lb(5号) 1m+バイトリーダーにフロロ40〜60lb 30cm

  • 船・ボート東京湾

    フィールドスタッフ

    三宅 雄彦(ハヤブサ)

    【投稿日:2017-08-14】


    釣果:アジ58匹、イシモチ1匹、カサゴ5匹、サバ2匹、白ギス1匹

    今年は帰省もしなかったので次男と東京湾のアミコマセの五目釣り行って来ました。
    最初のポイントはアジ狙い。底にブロック有るとのことで着底後、すぐに巻き取りするように指示あり。船長の指定棚は底から3メートル。
    仕掛けはケイムラ3本バリを使用。濁り潮ということもあり、仕掛け効果は抜群、40匹ゲットで竿頭でした。
    アジのお土産確保後はアジ以外の魚も狙えるポイントに移動。そこからは次男が調子をあげて、良型のイシモチ、白ギス、カサゴをゲットして五目達成してました。
    息子と二人で1日船乗ると大漁だと帰ってからの料理が大変なので、今回は半日船にして正解でした。

    釣行日 2017-08-13 時間帯朝/昼 天気晴れ
    気温 水温
    3 水質超濁り 小潮

  • 淡水霞ヶ浦

    フィールドスタッフ

    咲花 之人(FINA)

    【投稿日:2017-08-10】


    釣果:ブラックバス

    JBマスターズ霞ヶ浦戦でのレポートです。

    猛暑が続き水温は30℃を超える日もある状況で厳しく、一匹一匹を確実に釣っていくことが必要となる試合でした。
    プラクティスでは水門周りやシャローのカバー撃ちで反応を得ていました。
    水門ではシャッドが好調でしたが、ショートバイトが多いことが問題だったためフックを「瞬貫」に変えて対処しました。
    またシャローのカバー撃ちは、3インチのワームをセットしたヘビダンの使用が多く、筋肉質なバスのファイトに耐えられるフックを要しました。そこで試合前に新たにリリースされたT・N・S OFFSET HEAVY DUTY #2を手配して頂き試合では貴重な魚をキャッチすることができました。

    年間暫定三位と言う順位で最終戦を迎えます。次の舞台は野尻湖。FINAフックが活躍してくれることでしょう!!

    釣行日 2017-07-10 時間帯 天気晴れ
    気温 水温
    0 水質
    使用タックル
    タックル1
    【ロッド】ベイトフィネス
    【リール】ベイト
    【ルアー】5gヘビダン
    【ライン】Shooter12lb
    【フック】T・N・S OFFSET HEAVY DUTY #2

    タックル2
    【ロッド】64Lスピニング
    【リール】2500番
    【ルアー】シャッド
    【ライン】FCスナイパー4lb
    【フック】瞬貫TREBLE ROUND REGULAR #8

  • 船・ボート新島沖

    一般

    まお

    【投稿日:2017-06-27】


    釣果:マハタ 65cm・3.9kg

    仲間内の大会ついでに
    小学校1年生の長男の離島デビュー戦として
    新島沖へ根魚&マダイ狙いのジギングに行って来ました
    潮が素直で一流し目からスロージギングにバイト連発!
    チャンスと思い、長男にインチクをセット
    着底からスローのワンピッチで体ごと引き込まれるアタリ!根が少ないポイントなんで船底にラインが行かない様に左右に誘導、体制を立て直し引っ張り合い。
    サメだと思ってたら…水面を割ったのはナイスボディな本命マハタ!釣った本人も、私も放心状態
    3.9kgと中型ですが、これが大会の優勝魚に!
    本人もどや顔の大満足な釣果になりました。

    釣行日 2017-06-24 時間帯早朝 天気晴れ
    微風 気温 水温22℃
    2 水質クリア 大潮
    使用タックル
    【ロッド】Shimano GAME type slowJ B682
    【リール】Shimano barchetta BB 201hg
    【ライン】Berkley superFireLineCOLORED 12lb
    【リーダー】fluoro Carbon 20lb

  • 船・ボート東京湾

    フィールドスタッフ

    三宅 雄彦(ハヤブサ)

    【投稿日:2017-06-26】


    • 使用製品

      SW108:
      一刀両断 船太刀魚仕掛 1本鈎2セット

    釣果:タチウオ4本、サバ2匹、アジ1匹

    夏タチはまだ本番ではないので、タチウオ狙いで出船している船宿も極端に少なく、釣果も良くない。
    ただ、金谷沖の少し深場狙いのようなので、ドラゴンに期待して釣行してきました。
    ポイントの金谷沖についたら、船団も小さい。周りの船をみていても、ポツポツあがっているサイズは予想に反して小型。
    案の定、私の最初にゲットしたサイズも70センチサイズ。
    ミヨシはルアーの方でしたが、やはりあがってくるのは小型。
    終盤戦になってやっと110センチ五本指サイズのドラゴンゲットできました。思わず、ニッコリ。
    その後も何回かアタリあったのですが、食い込んでくれませんでした。
    まだまだ、修行不足ですね。
    夏タチ本番スタートしたら、再度釣行してみたいと思います。

    釣行日 2017-06-24 時間帯朝/昼 天気晴れ
    微風 気温27℃ 水温
    2 水質やや濁り

  • 船・ボート相模湾

    フィールドスタッフ

    三宅 雄彦(ハヤブサ)

    【投稿日:2017-05-06】


    釣果:イシダイ1匹、メジナ6匹、カサゴ4匹、カワハギ1匹、アジ6匹、サバ2匹、ムシガレイ1匹、カタクチイワシ3匹、ウツボ1匹

    こどもの日は息子と一緒に相模湾のライト五目行って来ました。当日はお客さん多かったのですが、2ハイ出ししてくれたので、ゆったり楽しめました。
    相模湾は赤潮が発生しており、最初の1時間位は指示棚では当りもなく、不安よぎったのですが、息子が底まで仕掛け落としたら、大型のカサゴがあがってきました。
    それからは、50センチのマサバ、40センチのマアジも釣れ、メジナの入れ食いタイムもあり、終日楽しめました。
    最後の一投で息子がウツボゲット。初ウツボで興奮してました。
    今回使用した仕掛けは新製品のハリ(瞬貫真鯛3号)を使用した手製仕掛け。ハリの強度、刺さりも良く、また、少し仕掛けに工夫凝らしたせいか、予想以上に効果的でした。

    釣行日 2017-05-05 時間帯早朝/朝/昼 天気晴れ
    微風 気温26℃ 水温
    2 水質濁り 長潮

  • 船・ボート大原港

    一般

    KEIKO

    【投稿日:2017-05-11】


    釣果:ヒラメ2枚、マハタ1匹 マトウダイ3匹

    GWにシーズン最後となるヒラメへ行ってきました!ヒラメは初めてで教わりながらの釣りとなりました!開始早々回りはデカイヒラメをどんどん釣り上げるなか私は釣れず、8時を回った頃当たりが!!少し待ち、次に当たったときに合わせた途端、根掛かりかと思うような引きに襲われ、一人じゃ巻けず、手伝ってもらいながら、ようやく上がってきたのは、正真正銘のヒラメ!その後もう1枚と、でかいマハタなどをゲット♪でかヒラメを計測した結果、6.35㎏/82㎝ありました!これだから釣りはやめられませんねー(*^^*)

    釣行日 2017-05-03 時間帯早朝 天気晴れ
    気温18℃ 水温
    2 水質
    使用タックル
    ヒラメ用タックル

  • 船・ボート東京湾

    フィールドスタッフ

    三宅 雄彦(ハヤブサ)

    【投稿日:2017-05-04】


    釣果:アジ26匹、イシモチ4匹、シロギス

    GWの5連休初日。東京湾のライトアジ(午前船)行って来ました。当日、潮は良い感じの濁り具合で爆釣期待してたのですが、あまり潮が動かず、結構厳しかったです。
    ただ、最初から最後までポツポツと当りはありました。
    今回喰い渋り状況で実践したポイントは次のような点です。
    ①コマセ振って指示棚に合わせて少し待つ。少し待って当りなければ、少し竿先を下げてみる。当日はこの動作で当り出ました。
    ②イワシのミンチは鱗や骨でめがつまりやすいのでマメに取り除く。
    ③濁り潮のケースでは、ケイムラや金のハリを使用。

    釣行日 2017-05-03 時間帯朝/昼 天気晴れ
    気温 水温
    2 水質やや濁り 小潮

  • 堤防神奈川県三浦郡葉山町

    フィールドスタッフ

    竹石 航太(鬼掛)

    【投稿日:2017-04-25】


    • 使用製品

      B813D1:
      鬼掛チヌ 層探りチヌ イブシ茶
       鈎 2号

    • 使用製品

      B815D1:
      鬼掛チヌ 底攻めチヌ イブシ茶
       鈎 2号

    釣果:クロダイ50cm・1匹

    地元葉山町の堤防で釣行してきました。当日はクサフグのエサ取りが非常に多く、オキアミではタナまでエサが通らない状況、軸が太く重たいタイプの底攻めチヌを使用し、赤系の固めのネリエをやや大きめに着けてやると、なんとかタナまで入る状況、辛抱強くやっていると本命のクロダイが来てくれました!
    付けエサが中層に浮いていると、すぐにフグに取られてしまうので、重たい針、重たい付けエサで海底に落とすようにすると、少しだけエサが残る時間が延びるイメージ、最初フグ当たりが来て、エサが底に落ちた瞬間に本命が引ったくった感じでした。

    釣行日 2017-04-25 時間帯午後/夕方 天気晴れ
    気温20℃ 水温16℃
    3 水質クリア 大潮
    使用タックル
    【竿】1-530
    【リール】1700番
    【】ウキ B
    【ミチイト】1.5号
    【ハリス】1.5号