ハヤブサ

製品釣果レポート

TOP > 製品釣果レポート > 最新製品釣果レポート更新リスト

 

  • 船・ボート山中湖 撫岳荘沖

    一般

    内山由紀子

    【投稿日:2019-04-09】


    • 使用製品

      C216 瞬貫わかさぎ 秋田キツネ型5本鈎

    • 使用製品

      C218 瞬貫わかさぎ 秋田キツネ型7本鈎

    釣果:ワカサギ95匹

    仲間と8名で山中湖のドーム船『BOO』さんにお世話になりました。
    4名が経験者、4名が初心者で経験者が初心者を挟んで教えてくれました。

    初めてのドーム船は広く快適です。
    気温が上がったので船の中でもとても暖かかったです。

    ワカサギは曇りの日のが釣れるとのことでしたが、この日は晴天でしたが反応が多くアタリのある時間が長かったです。
    使用したのは瞬貫ワカサギシリーズ。
    最初は5本針から使用しました。

    紅サシを付けて底まで落とし、錘が底に着いた状態でテンションをかけた0テンションで待っているとブルブルッというアタリが。
    思っていたよりアタリがはっきりと出ます。
    針掛かりもよく、聞きアワセより少し強めにアワセると穂先にワカサギが乗ったのが伝わります。
    ただし、ワカサギが小さいので1匹の時は巻きながらワカサギを感じることが難しかったです。
    連掛けや少し大きめのワカサギの場合は巻きながら乗っていることがわかりました。

    手前マツリで絡んでしまったので7本針に変更。
    ラインは細いですが風もなく枝スの間隔も短いため、初めてでも扱いやすかったです。
    アタリが遠のいたときは軽く上げ下げしたり、カワハギやマルイカのように底を細かく叩いたりするとアタリが出て乗りました。
    反応が薄い時は1匹ずつ大事に釣り、反応が出てきたときは同じ場所で不規則な動きを入れて連掛けを狙い、4連掛けもできました。

    初めてのワカサギ釣りなので、目標は30匹でしたが気づいたら95匹とあと一歩で束に届かず。
    友達もみんな90~130匹という結果でとても楽しい1日でした。

    手巻きのレンタルタックルは竿がとても柔らかかったので、先調子のロッドを買ってしまいそうです。
    関東では、高滝湖、相模湖、河口湖、山中湖で釣れるようなのでワカサギの食べ比べもしてみたいです。
    帰りに寄った温泉のレストランでワカサギをフライにしていただき、釣れたてのワカサギをおいしくいただきました。

    釣行日 2019-04-06 時間帯朝/昼/午後 天気晴れ
    微風 気温13℃ 水温8℃
    1 水質クリア 大潮
    使用タックル
    レンタルタックル(手巻き)

  • 船・ボート相模湾

    フィールドスタッフ

    三宅雄彦

    【投稿日:2019-04-03】


    • 使用製品

      SE681 アマダイ

    • 使用製品

      P461 蛍ムラビーズソフト

    釣果:カサゴ2匹、アジ15匹、タマガシラ1匹、ハタ1匹、鬼カサゴ1匹

    今日は久々に大学生の長男と五目狙いに行って来ました。
    朝の予報では午後から雨。
    午前中が勝負かなと思ってたのですが、全くアタリなし。途中でトンビの群れに当たって、船長もすぐに場所異動。
    昼前位からカサゴやタマガシラも釣れてお土産確保。
    沖上がり前にはアジが連釣で楽しめました。
    結構喰いは渋かったので、基本、落とし込みでしかアタリは出ませんでした。
    カサゴとハタのシャブシャブは最高でしたよ。
    次回は良型真鯛狙いたいと思います。

    釣行日 2019-04-01 時間帯朝/昼 天気晴れ/曇り
    気温 水温
    3 水質やや濁り 長潮

  • 船・ボート征海丸

    一般

    とくさん

    【投稿日:2019-04-01】


    • 使用製品

      ジャックアイスロー#8 150g

    • 使用製品

      ジャックアイスロー#7 150g

    釣果:ホウボウ4尾
    カナガシラ1尾
    マトウダイ1尾
    サバ3尾

    波崎港征海丸さんで行われたハヤブサカップSPJジギングホウボウバトルに参加してきました。
    風も強く、潮も複雑でジグのコントロールが難しかったのですが、ジャックアイスローでなんとかリミットを超えることができました。
    ベタ底でネチネチ見せてからのロングフォールスライドが効果的でした。
    結果は箸にも棒にもかからずでしたが、テクニカルなスロージギングは楽しめました。
    ありがとうございました!!

    釣行日 2019-03-31 時間帯朝/昼 天気曇り/晴れ
    気温14℃ 水温
    0 水質 長潮
    使用タックル
    【ロッド】BlueBlue BlackKnacle FineControl630
    【リール】オシアジガー1501HG
    【ライン】PE1.2号+フロロ4号

  • 船・ボート犬吠埼沖

    一般

    鈴木リエ

    【投稿日:2019-03-26】


    • 使用製品

      FS427 ジャックアイスイッチ(300g/カラー:オレグロシルバー)

    • 使用製品

      B18369 ムツ赤(20号)

    釣果:アラ1匹、沖メバル1匹、サバ多数

    中深海の多彩な魚を狙いつつ、あわよくばアカムツが釣れることを祈って、茨城県波崎港・仁徳丸さんの中深海スロージギング船に乗船。

    狙った水深は150m前後。
    潮の流れが早く、スロージギングが成立するポイントを探しながら釣りを開始。

    ジグは終日、信頼しているジャックアイスイッチ(300g/オレグロシルバー)を使用。
    サバの邪魔が多く根掛りもたまにあるという前情報から、鈎先が眠っているムツ赤(20号)で自作アシストフックをセレクト。

    サバは表層・中層・海底といたる所で待ち受けており、海底から少しでも棚を上げるとサバの餌食に…
    鈎掛りすると厄介なサバに注意しつつ、海底〜底から2mまでを重点的に探りました。

    海底付近のアタリを捉えてあわせたところ、サバとは明らかに異なる鈍重で力強い引きをする魚がヒット。

    水面に上がってきた魚はアラでした!

    私が釣ったアラを皮切りに、この後同船者にも次々とアラがヒット。
    船中計4匹もアラが釣れました。

    船中ではアラやサバの他に多数の沖メバルが釣れて、お土産もしっかりゲットです。

    アラは最低3日間熟成させた方が美味しいとのこと。
    食べるのも楽しみです。

    今回はアカムツの顔は見れなかったものの、同じくらいうれしい魚に出会えて楽しかったです!
    何が釣れるか分からない、夢とロマンあふれる中深海。
    また釣りに行きたいと思います。

    釣行日 2019-03-24 時間帯早朝/朝 天気晴れ
    気温10℃ 水温16.1℃
    4 水質やや濁り 中潮
    使用タックル
    【ロッド】ダイワ ソルティガSJ 61B-2
    【リール】シマノ オシアジガー 1501HG
    【ライン】PE1.5号、リーダー:フロロ 6号 3m
    【ウェア】
    キャップ:FREEKNOT リブニットワッチ( Y3181)
    ネックウォーマー:FREEKNOT モコネックウォーマー(Y3409)
    グローブ:FREEKNOT ネオプレーングローブ3本カット Mサイズ(Y4153)
    インナー(トップス):FREEKNOT ライトストレッチパーカー Mサイズ(Y1135)
    インナー(ボトムス):FREEKNOT インシュレーションパンツ Mサイズ(Y2108)
    アウター:FREEKNOT BOWSUI/3 ストレッチレインスーツ Mサイズ(Y6212)

  • 船・ボート東京湾剣崎沖

    一般

    内山由紀子

    【投稿日:2019-03-22】


    • 使用製品

      超動餌木 乱舞V3 ティップランモデル 3.5号 ムラテスギムラサキ

    釣果:アオリイカ2杯

    お友達のプレジャーボートに乗せていただき、東京湾でティップランに挑戦してきました。

    朝から南風が強く吹いて潮が濁っています。
    雨も降りだしたので、アピール系のアカテスギムラサキを使用。
    潮が速いので、30gの餌木に30gの仮面シンカーを付けてました。

    2回底を取り直すと流れて底がブレてしまうので、マメに上げて投入し直しました。
    ここでは3名全員同じ場所で同じくらいのサイズのアオリイカを釣ることができました。

    その後船の向きを調整して再度投入。
    しゃくってステイした瞬間穂先にかすかなアタリがあり、アワセを決めて乗せることができました。
    上がってきたのは、最初よりひとまわり大きなサイズのアオリイカでした。

    風はあるものの一瞬潮止まりになったので、餌木を軽いものにしましたがアタリはなし。
    ポイント移動をしましたが、風が予報より早く強くなり、餌木を落としても釣りにならないため
    2時間ちょっとでの早上がりとなりました。

    釣行日 2019-03-21 時間帯早朝/朝 天気
    強風 気温20℃ 水温16℃
    9 水質濁り 大潮
    使用タックル
    【ロッド】シマノ セフィアSS TIP EGING S606M-S
    【リール】シマノ ストラディックCi4+ 3000番
    【ライン】PE DUEL ハードコアx8 0.6号
    【リーダー】サンライン SUPERトルネード フロロカーボン 2号 1.5m

  • 船・ボート茨城県鹿嶋港

    一般

    内山由紀子

    【投稿日:2019-03-22】


    • 使用製品

      SR120 ピカイチスティック 11cm シングル 3本鈎

    • 使用製品

      SR401 超万能型メタルスッテ ナマステ レッドブルー 30号

    釣果:ヤリイカ17杯(ライトヤリイカ15杯、イカメタル2杯)

    お友達と11名で鹿島の不動丸さんでライトヤリイカ&イカメタルに挑戦してきました。
    この時期の鹿島のヤリイカは浅場になるので、関東でイカメタルができる数少ない機会です。

    水深は60m前後あるので、最初はライトヤリイカから。
    ピカイチスティック3本針に錘を80号つけて、投入機なしでライトタックルでやります。
    80号の錘は結構な重さですが、ライトタックルなのでアタリが明確で直にヤリイカの重さが伝わってきます。
    最初の投入で全員キャッチ。
    反応が続かないようで、2回目の投入ではなかなかかけられませんでしたが、ライトなので手返しもよく、楽しめました。

    プラヅノで何杯か追加した後、イカメタルに変更。
    枝スに餌木等を付けると浮いてしまうかもしれないので、鉛スッテのみを付けました。
    アタリはありますがなかなか乗せることができません。
    それもゲーム性があって楽しめます。
    何回か目の誘いで違和感があり、即アワセをしたところドン!と乗りました。
    イカメタルではアタリが多い場所とアタリが全くない場所がありましたが、イカメタルでも釣れて楽しかったです。

    浅場のヤリイカシーズンが短いのですが、もう1回シーズン中に行きたいと思います。

    釣行日 2019-03-17 時間帯早朝/朝/昼 天気晴れ
    微風 気温14℃ 水温15℃
    2 水質やや濁り 若潮
    使用タックル
    ライトヤリイカ
    【ロッド】シマノ ライトゲームBB 240mh
    【リール】シマノ バルケッタHGDG300 右ハンドル
    【ライン】PE:1号

    イカメタル
    【ロッド】シマノ セフィア Ci4 ティップエギング S68M-S
    【リール】シマノ ストラディック Ci4 3000番
    【ライン】PE DUEL ハードコアx8 0.6号
    【リーダー】サンライン SUPERトルネード フロロカーボン 2号

  • 船・ボート南房総乙浜沖

    一般

    内山由紀子

    【投稿日:2019-03-04】


    • 使用製品

      SE100 貫撃テンヤピンクグロー10号

    • 使用製品

      FS218 バーサタイルジグヘッドオールラウンダー #4/0 42g

    釣果:アカハタ2匹、カサゴ、ショウサイフグ、赤ベラ

    釣り友達お誘いで南房総乙浜の有希丸さんにテンヤ真鯛とアカハタリレーに行ってきました。
    12名の仕立てになります。

    天気予報では凪て暖かくなるとのことでしたが、朝は北風が強くうねりもあり、潮がとても速く釣りにくい1日となりました。
    最初は40mでイワシベイトがいるところからスタートしたので、貫撃テンヤピンクグロー10号を使用しました。

    底は取れるもののアタリがわからないくらいのうねりで、風が強すぎて穂先のアタリはまったくとることができませんでした。
    回収しても餌取りもなく、餌がそのまま残っている状態でした。
    タイラバフリースライドTGヘッド75gトリプルチャートに変更しましたが、アタリがないためテンヤに戻しました。
    数少ないアタリを取り、ショウサイフグを1匹釣ることができました。

    ポイントを移動し、水深は20m。
    そのままピンクグロー10号を使用。
    アタリは多少増えてきましたが、餌を落とした場所に魚がいないとアタリがないような状態でした。
    そこでカサゴとアカハタを1匹ずつ釣ることができました。

    うねりがひどかったため、珍しく船酔いをしてしまい戦線離脱。
    周りでも釣果を伸ばせない時間が続いていました。

    日が出てきてうねりも多少収まり、周りでもいろいろな魚が釣れ出したので、私も復活して釣りを再開。
    バーサタイルジグヘッドオールダウンダーにワームをつけたところ、アタリがなかったため海老をつけて落としたところ、1投目でアカハタが釣れました。
    他の人が苦戦しているなか、掛けるのは難しかったですが、バーサタイルジグヘッドオールラウンダーはアタリが多く渋いながらも楽しめました。

    船中真鯛は0で、アカハタも0~3匹と渋い釣果となりましたが、船ではオジサン、タカノハダイ、メジナ等珍しい魚も上がっていました。
    水温が少し上がり気候が安定したらリベンジに行こうと思います。

    釣行日 2019-03-02 時間帯早朝/朝/昼 天気曇り/晴れ
    強風 気温13℃ 水温15℃
    7 水質やや濁り 若潮
    使用タックル
    テンヤ
    【ロッド】シマノ炎月BBテンヤマダイ240MH
    【リール】シマノストラディックCi43000番
    【ライン】PE0.8号
         リーダー(バリバス)4号
    ジグヘッド
    【ロッド】スズミSilverMoonエギングロッド8ft
    【リール】シマノ17ナスキー2500番
    【ライン】PE0.8号
         リーダー(バリバス)4号
    タイラバ
    【ロッド】シマノグラップラーBBB632
    【リール】シマノバルケッタBB300HGDH
    【ライン】PE1号
        リーダー(バリバス)5号

  • 船・ボート千葉県勝山港沖

    一般

    内山由紀子

    【投稿日:2019-02-04】


    • 使用製品

      SE681 アマダイ仕掛 シーガー仕様

    • 使用製品

      SE682 アマダイ仕掛 フロロ 丸海津ケン付き 2本鈎2セット

    釣果:アマダイ4匹、オニカサゴ1匹、ガンゾウ鮃1枚、カナガシラ3匹、トラギス5匹

    良型のアマダイが釣れているとのことで、勝山の利八丸さんにアマダイ釣りに行ってきました。
    友達に声をかけて6名で乗船しました。
    右舷ミヨシを取れたので、船長の許可を頂いて私はライトタックルを使用しました。

    前日・前々日と強風で時化でしたが、当日は風もうねりもなく気温も上がり、日が昇ってからは暑いくらいの釣り日和となりました。
    勝山港から10~30分くらいのポイントで、水深は60~70m。

    最初はフロロ 丸海津ケン付き 2本鈎を使用。
    天秤はハヤブサの25㎝の天秤を使いました。
    アタリがわかりやすかったです。

    仕掛けを落とすと最初に上がってきたのは、カナガシラとトラギスの2点掛け。
    トラギスのサイズが大きいです。
    その後は餌取りはあるものの本命のアマダイが釣れず、反対舷とのオマツリに悩まされたため、2回程度誘ったら餌の確認も含めて回収し、再投入をするようにしました。
    また、浮かないようにガン玉つきの仕掛けに変更。
    錘も60号から80号に変更しました。

    底を叩いた後1mくらい巻いて仕掛けをなじませ、1mくらい竿を上げるとコンコンというアマダイ特有のアタリがあったので、
    そのまま1mくらい上に合わせるとずっしりと重みが。
    アマダイの3段引きを味わいながら上がって来たのは37㎝の良型のアマダイでした。

    その後も基本に忠実に誘い、小型アマダイを含めて3匹追加。
    合計4匹で竿頭を頂くことができました。
    そのほかに35㎝upの鬼カサゴ、ガンゾウ鮃も追加して五目達成しました。
    上げている途中でバラすことがなくしっかりとアマダイの上顎にかかっていました。

    友人も全員良型のアマダイを釣ることができて楽しい釣行となりました。

    釣行日 2019-02-02 時間帯早朝/朝/昼 天気晴れ
    無風 気温13℃ 水温15℃
    1 水質クリア 中潮
    使用タックル
    【ロッド】シマノライトゲームBB タイプ73 MH200
    【リール】シマノプレイズ400
    【ライン】PE:1号 300m

  • 船・ボート東京湾

    フィールドスタッフ

    山村 祐子

    【投稿日:2019-01-25】


    • 使用製品

      ハヤブサ 船宿特製 アジビシ仕掛
       鈎 ムツ10号

    釣果:46匹 3匹 イシモチ 1匹

    太刀魚に引き続き、東京湾で主流のLTアジに挑戦してきました。
    初めは慣れてない為、餌つけや釣れた後の手返しも悪く手こずりましたが、慣れてくると手返しも良くなり、あっという間に生簀はアジだらけに。
    良型のアジも沢山釣れとても楽しかったです。みんなが持って帰って食べてみてとおススメするので、自宅に送り食べてみました。納得‼︎お刺身も塩焼きも一夜干しもとても美味しかったです。

    釣行日 2019-01-20 時間帯早朝/朝 天気晴れ/曇り
    気温 水温
    0 水質 大潮
    使用タックル
    【ロッド】シマノ サーベルマスター
    【リール】炎月101PG
    【ライン】PE  GOSEN DONPEPE8 ACS 1号
    【リーダー】GOSEN LEADER FC 5号

  • 船・ボート東京湾

    フィールドスタッフ

    山村 祐子

    【投稿日:2019-01-22】


    釣果:太刀魚12匹

    今年も東京湾に太刀魚を釣りに行ってきました。普段はテンヤで狙う太刀魚ですが、今回は関東で主流の天秤太刀魚仕掛けに挑戦。
    ダイレクトにあたりの出るテンヤとは違い、活性が低い時の天秤仕掛けはなかなかあたりが分かりにくく慣れるまで苦戦しましたが、何匹か釣れると疑心暗鬼ではありますがだんだんあたりもわかるようになりました。が…まだまだ確信できる感じではなかったので、また挑戦したいなと思いました。
    いつもと違うフィールドで、いつもと違う釣りは、発見も多くとても勉強になりました。

    釣行日 2019-01-18 時間帯早朝/朝 天気晴れ
    気温 水温
    0 水質 中潮
    使用タックル
    【ロッド】シマノ サーベルマスター
    【リール】シマノ フォースマスター401
         ハンドル LIVRE クランクフェザー110 + EP37
    【ライン】PE  GOSEN DONPEPE8 ACS 1号
    【リーダー】GOSEN LEADER FC 5号