ハヤブサ

製品釣果レポート

TOP > 製品釣果レポート > 最新製品釣果レポート更新リスト

 

  • 船・ボート沖縄県 辺戸岬沖

    フィールドスタッフ

    山村 祐子

    【投稿日:2018-09-20】


    釣果:アカジン 1匹
    ジセイミーバイ 2匹
    オジサン 3匹
    ムルー 数匹
    ムネアカクチビ 1匹

    ハイサーイ!
    大好きな沖縄に鯛ラバに行ってきました。
    といっても、沖縄では、鯛は釣れないので沖ラバと言われ、最近注目されて来ていますね。
    鯛こそ釣れませんが、何が上がってくるのかわからないのもこの釣りの楽しいところ。
    内地では釣れない色とりどりの魚が上がってきます。
    見たことない魚、これは食べていいのか?触って大丈夫なのか?船長に質問攻め(笑)
    今回は、どちらかというと根もの狙い!
    沖縄の高級魚、アカジンやミーバイ系を狙いに行きました。が、この魚達内地の根魚に比べると根に潜るのが早い(^^;;
    かかるや否や根に潜られてしまう始末。
    ラインをフリーにして出てきてくれるのを待ち、出てきたら一目散に巻き上げ根から離します!
    が、気をつけなきゃ行けないのがライン!根に潜られてますからリーダーはもちろんラインも傷が(^^;;
    リーダーのチェックはしてましたが、ラインのチェックを怠り、そのおかげで大物に逃げられたりもありましたね。逃した魚は大きかったと(泣)
    次回に向けて、ハリス、ラインのスペックも見直さないと。
    船長曰くシルエットの小さいものが良いとの事だったので、ほぼタングステンの90gから125gを使用しました。
    125gのタングステンは初めて使用しましたが、底どりもしやすく、なんと言っても125gあるようには感じない!
    落として巻くだけの鯛ラバには、やはりタングステンは巻き心地もよくストレス無く巻けるので扱いやすいなぁと感じました♫

    まだまだ見たことない魚は数知れず、今回逃したお魚も(笑)
    次はどんな魚に出逢えるかな?

    釣行日 2018-09-17 時間帯朝/昼/午後/夕方 天気晴れ
    気温 水温
    0 水質 小潮
    使用タックル
    【ロッド】
    ダイワ 69MHB-METAL
    クレイジーオーシャン
    オーシャンセンサー LJ OSE-LJB63L

    【リール】
    シマノ オシアコンクエスト301HG
    ハンドル LIVRE
    BJ66-74 EP40
    メカニカルブレーキ Q.R.A

    【ライン】PE ゴーセン ドンペペACS 0.8号
    【ハリス】ゴーセン フロロファイタールーツX 5号

    【ルアー・その他】無双真鯛フリースライド VSヘッド
             無双真鯛フリースライド パワフルカーリー ラバーセット
             無双真鯛フリースライド ドラゴンカーリー ラバーセット

  • 船・ボート大分県周防灘

    フィールドスタッフ

    加来 太

    【投稿日:2018-09-09】


    釣果:真鯛6枚

    昨日門司大里港遊漁船四季丸での釣果。

    朝からポツポツと雨が降る中で、周防灘の魚影は濃く、船中は鬱陶しい雨の存在を忘れさせるくらいの釣果をあげることができた。
    個人的にも大真鯛は無いが、2キロ〜3キロの中型を4枚ゲット。リリースレベルの足の裏サイズや大型のバラシを入れると真鯛だけで二桁の釣果。
    魚影は、濃いがテンヤには難度の高い周防灘。
    朝からこのフィールド特有のぶっ飛び潮(2.9ノット)で、底どりが難しくなるが、ここで強い味方となるのがハヤブサ無双真鯛貫撃カブラTG。号数も5号〜20号迄あり、カラーのバリエーションも豊富な為、潮の流れが速い周防灘や、水深70メートル前後のディープテンヤには、欠かせない。
    朝から魚探に映る真鯛の反応は、ボトムにあり、釣り上げた真鯛の口からは、ユムシが何度も吐き出される。確実に真鯛の意識は、海底付近にあるが、ボトムを狙うと小型が先に口を使い、大型にテンヤが届かない為、着底後即座に底を切って、3〜6m付近でテンヤをコントロールし、真鯛の意識をボトムからテンヤに変える事で、小型をかわし中型真鯛を4枚キープすることが出来た。今から最盛期を迎える一つテンヤ真鯛。
    タックルボックスには、強い味方となるハヤブサ無双真鯛貫撃カブラTGテンヤ準備いただきたい。(店頭に無くても注文すれば手に入りますよ。)

    釣行日 2018-09-08 時間帯朝/昼/午後 天気小雨
    微風 気温23℃ 水温
    2 水質クリア 大潮
    使用タックル
    【ロッド】シマノ 炎月一つテンヤ真鯛MH240
    【リール】シマノツインパワーHP4000


  • 船・ボート玄界灘

    チーム鬼掛会員

    堀田陽太郎

    【投稿日:2018-08-20】


    釣果:キジハタ40センチ頭に 2匹
    カサゴ 3匹

    福岡玄界灘へタイラバへ行きました。
    今回使用したのは海皇丸さん。タイラバ、ヒトツテンヤ、イカメタル、ジギング等を専門とする老舗の遊漁船です。船長も親切でたいへん優しい船長さんでした。今年は台風が多くなかなか海況は良くない状況。今回も昼から時化る予報で午前中上げの潮だけでの釣行となりました。台風通過後で午前中はベタ凪で風もほとんどありませんでした。壱岐東部まで約1時間ほど走り釣り開始です。魚探にはベイト反応あるもタイラバにはいっさいアタリがありませんでした。中層付近にベイト反応があるとキジハタ等カサゴの当たりが集中します。途中一緒に乗船された方がマダイを釣るも30センチ程のかわいいサイズ(笑)
    その後も定期的に船中でキジハタがパラパラ釣れる状況。
    ラバーやヘッドカラーを色々変更し最後はラバーを外しテンヤスタイルでも
    釣ってみました。するとベラとフグの猛攻でした(笑)
    今回はマダイに巡り合えることはできませんでしたがフリースライドの新しいスタイルを発見し満足な釣行になりました。

    釣行日 2018-08-16 時間帯早朝/朝 天気晴れ
    微風 気温35℃ 水温
    3 水質クリア 中潮
    使用タックル
    【ロッド】ダイワ ソルティスト
    【リール】シマノ バルケッタ301HG
    【ライン】シマノ ピットブル8 1号300m
    【リーダー】シーガー グランドマックス5号

  • 船・ボート博多湾

    フィールドスタッフ

    山村 祐子

    【投稿日:2018-08-02】


    釣果:太刀魚6匹

    大好きなこのシーズンがやってきました。
    ということで今年の太刀魚シーズンは行ってみたかった博多湾で開幕しました(笑)博多湾の太刀魚は浅瀬でやるとのことで、軽い堤防用のテンヤを使用しました。いつも40号をメインに太刀魚テンヤをしている私にとってはなんて軽いテンヤなんだと戸惑い、しかも釣り方も全然違うのではじめは全然釣れず、大阪湾の太刀魚とは違い浅瀬だからか、当たっても全然追ってこずはじめは一苦労。船長曰く当たったところでじっと我慢、グッと乗るまでまかないとのこと。これを聞いた後はコツもつかみ釣れだし一安心。この日は難しい状況だったようですが、初めてのライト太刀魚テンヤを十分満喫しました。
    やはりライトなタックルでライトなラインで釣る釣りは楽しいですね。
    この堤防用太刀魚テンヤ、浅瀬のライト太刀魚にも色々工夫次第で十分遊べるアイテムじゃないかなと思いますね。

    釣行日 2018-07-28 時間帯早朝 天気晴れ
    気温 水温
    0 水質 大潮
    使用タックル
    【ロッド】クレイジーオーシャン 
         オーシャンソードメタルゲーム OSMTZ-63LB
    【リール】炎月CT100PG
    【ライン】PE ゴーセン ドンペペACS8 0.8号
    【リーダー】ゴーセン フロロファイタールーツX 5号

  • 船・ボート玄界灘

    チーム鬼掛会員

    堀田陽太郎

    【投稿日:2018-07-17】


    釣果:剣先イカヤリイカ 60杯

    今シーズン初のイカメタルへ玄海灘へ行ってきました。
    今年は全体的に釣れているみたいで期待を膨らませてのスタートです。
    19時に博多港を出港し薄暗い中スタートです。水深は50メートル前後で最初のヒットはベタ底でした。剣先イカが釣れ船内もにぎわい始めました。だんだん暗くなり集魚灯に魚、エサとなるベイトも船の周りにより始めいっきにつれ始めました。しかしフグが多くイカがなかなか浮いてこないため底付近にヒットが集中し早めに回収しないとフグにかじられる始末。フグが散ってからは水深15メートルの浅い棚でも食いました。今回使用したナマステは非常にカラーバリエーションが多くイカはもちろん釣り人も楽しませてくれます笑
    その中でも今回はすいかグロー、なすびグローの2種類を選択し多数のヒットがありました。そしてイカメタルリーダーも超ショートスペックで手返しのよい展開でした。深夜0時半を迎え終わってみれば剣先イカ、ヤリイカ60杯釣りあげることができました。一緒に同行した方はイカをエサに泳がせで狙いますがフグが多くマダイなどの本命は現れませんでした。今回使用したナマステはシルエットも小さく、カラーバリエーションが多く玄海灘では大変活躍しました。ありがとうございました。

    釣行日 2018-07-14 時間帯 天気晴れ
    微風 気温 水温
    3 水質クリア 中潮
    使用タックル
    【ロッド】ダイワ アナリスター190M
    【リール】シマノ バルケッタ301HG
    【ライン】シマノ タナトル 1号300m
    【リーダー】シーガー グランドマックス3号

  • 船・ボート博多湾

    チーム鬼掛会員

    堀田陽太郎

    【投稿日:2018-07-17】


    • 使用製品

      ジャックアイ ストラッシュ
       size 80g
       col 8.ピンクグローベリー

    釣果:指4本頭に太刀魚 6本

    今シーズン初の博多湾での太刀魚ジギング。
    台風後は濁りが強く釣果は出ていなかったが徐々に回復し釣果が上向きな様子での釣りでした。5時に出港し港から20分ぐらいの博多湾内能古島周辺からスタート。スタート直後はあまり潮が動かずアタリが見られなかったが1時間ぐらいすると急に船中で続々とヒット。サイズは小さいがたまに指4本程度のサイズも当たってきます。狙うポイントは水深25mぐらいで比較的浅いポイントで底から中層ぐらいまで追っかけてきます。
    底から2~3回巻いて止めて食う間を作りヒットに持ち込みました。
    今回使用したジャックアイストラッシュの中でも軽い80gを中心にピンクグローでよくヒットがありました。終わってみれば指4本頭に6本の釣果でした。毎年時合は比較的短く9時に納竿し終了。

    釣行日 2018-07-13 時間帯早朝/朝 天気晴れ
    無風 気温 水温
    2 水質やや濁り 大潮
    使用タックル
    【ロッド】炎月タイラバ用レンタルタックル
    【リール】オシアカルカッタ201HG
    【ライン】ピットブル 1号200m


  • 船・ボート玄界灘

    フィールドスタッフ

    馬場 英教

    【投稿日:2018-07-03】


    釣果:真鯛 6匹 アコウ 1匹

    台風が近づいている状況でしたがアフタースポーンからの回復した元気満点の鯛が釣りたく

    今回も、神湊漁港から出港する。

    セカンドステージの森下キャプテンに御世話になりましてタイラバ釣行に行ってきました。

    ポイント到着し、広範囲に探りたいので、ハヤブサ フリースライドSLヘッド75 オレキンにパワフルカーリー インパクトオレンジをセットし強波動で広範囲にアピールしながら鯛を誘います。

    森下キャプテンのアナウンスを聞いていると魚は、かなり居るようで、いつバイトがあってもおかしくない状況です。

    船を流し変えて、すぐバイトがありましたがフッキングしませんでした。

    落とし直して、すぐバイトがありましたがネクタイとラバーがズレて戻って来ました。

    鯛が何かを嫌っている感じです。

    少しリトリーブスピードを遅くして様子をみます。

    すぐバイトがあり、上がってきたのは、リトリーブスピードが遅すぎたのか良型のアコウでした。(旨いので これは、これで良し)

    今度は、ノーマルリトリーブで時折ハイスピードリトリーブを入れてリアクションぽくして試してみるとハイスピードリトリーブを入れた瞬間バイトがあり今度は、しっかりフッキングも成功しました。

    上がってきたのは良型の鯛

    針先に魚が触れてくれればフッ素コートのフックは、フッキングが決まるので鯛が少しでも長く噛んでくれるスピードを探してそのスピードをキープして釣っていきます。

    風や潮で船の流れを見ながらリトリーブ角度を立てたり寝かしたりしながら釣果を伸ばしました。

    途中で魚が飽きない様にSLヘッドをフリースライドDNヘッドにローテーションしながらアプローチしました。

    強波動で魚を寄せるパワフルカーリーとSLヘッドとDNヘッド

    森下キャプテンの細やかで的確な操船技術に大変助けられた釣行となりました。

    釣行日 2018-07-01 時間帯早朝/朝/昼/午後/夕方 天気晴れ/曇り
    気温28℃ 水温
    0 水質クリア 大潮
    使用タックル
    ドテラ用

    【ロッド】6.3F タイラバロッド
    【リール】オシアコンクエスト201HG
    【ライン】PE0.8号
    【リーダー】フロロカーボン16lb

    同調用

    【ロッド】シマノ 炎月プレミアムS610MH
    【リール】ステラ 2500S
    【ライン】PE0.6号
    【リーダー】フロロカーボン12lb


    【ルアー・その他】無双真鯛フリースライド パワフルカーリー ラバー&フックセット col 16.インパクトオレンジ

  • 船・ボート北九州 角島沖

    フィールドスタッフ

    山村 祐子

    【投稿日:2018-06-18】


    釣果:真鯛2匹 甘鯛1匹 マイカ?匹

    「釣り行こか」計画に皆様と行って来ました。「釣り行こか」計画とは?詳しくはホームページをご覧下さいませ。
    今回も北九州大里港の四季丸さんにお世話になりました。
    岩本船長曰くこの潮がノッコミ最後の潮になるかもとの事。
    大鯛への夢を膨らませ出船。
    ポイントに着き、潮がゆるーい為ドテラバでスタート。
    水深80メートル前後、波もあったのでまずは150gのVSヘッドでやっているも当たり無し。ファーストヒットが90gのTGで釣れていた為私もTGに。そして反対側でイカメタルが入れのり状態ということはイカパターンがはまるのではと、フィンテールショートにロングネクタイをセット(ロングネクタイがなかった為ストレートネクタイを長めにつかってみました)
    それがよかったのかそのあと早々にヒット、上唇に下唇にがっちり掛かってました。一匹鯛が釣れたので、その後やりたかったDAYイカメタルを少しだけやってみるも、入れのり状態楽しすぎました。その後また鯛ラバに、この日はなかなかテクニカルで当たりがあれどなかなかかからず苦戦。久しぶりに掛かってあがってきたのはなーんと良型の甘鯛。その後も調子よくかかりあがってきたのは
    真鯛さんでしたが・・・なんとタモ入れ失敗でさよーならー(笑)
    元気に帰っていきました(笑)
    厳しいながらも、甘鯛、アオハタ、アラアブ、れんこ鯛、マハタと美味しい魚は沢山釣れてました。
    何が釣れるかはあがってくるまでのお楽しみの鯛ラバ楽しすぎました。

    釣行日 2018-06-12 時間帯朝/昼/午後 天気晴れ
    気温 水温
    0 水質 大潮
    使用タックル
    【ロッド】ジャッカル BSC-RB69SUL-ST
         クレイジーオーシャン OSE‐LJB63L
    【リール】シマノ 炎月101PG
         オシアコンクエスト301HG
    【ライン】PE ゴーセン ドンペペACS 8 0.8号
         ハリス ゴーセン フロロファイタールーツX 5号

    【その他】無双真鯛フリースライド VSヘッド
         無双真鯛フリースライド 潮斬鯛玉
         無双真鯛フリースライド フィンテールショート
         無双真鯛フリースライド ロングストレート
         超動餌木 乱舞V3 2.5号

  • 船・ボート玄界灘

    フィールドスタッフ

    馬場 英教

    【投稿日:2018-06-11】


    釣果:真鯛11匹 4キロクラス、1匹 3キロクラス、1匹

    アフタースポーン間近の大型の鯛を釣りたいので、今回も神湊漁港から出港のセカンドステージさんに御世話になりました。

    午前中は、雨の予報で釣れそうな雰囲気です。

    最初のポイントに到着して開始早々にリトリーブするハンドルから手が離れる程の強烈なバイトがありましたがフッキングには、持ち込めず。チャンスを逃しました。

    開始早々だったので今日は、意外とイージーかもと思いましたが蓋を開けてみれば・・・

    雨が止み天気になり風も止み海が湖の様になりまして船動かず 海中も動かず 何も動かず
    しかし魚群探知機には、反応があるようで、でも魚は、ニュートラルで口を使わない状況です。

    手を変え品を変て、たまにある気が向いた鯛のバイトを、なんとか物にするしかない感じです。

    反応は、少ないですがキャストしてないとチャンスに巡り会わない為 ひたすらキャストしリトリーブします。

    二時間ほどして、やっとバイトがありフッキングも成功して3キロクラスをキャッチ

    それからも海中の数少ない変化を信じながらキャストしリトリーブを繰り返します。

    森下キャプテンも船をこまめに動かし最善の努力をしていただきますので信じてキャストしリトリーブ。

    しかし、午後3時もうダメなのかと頭に過りました。

    その時に少しながら風が吹き始めました。

    待ちに待った状況の変化

    少しずつバイトが出てきました。

    最初は、フッキングが中々決まりませんでしたが段々バイトが深くなってフッキングが決まりだしました。

    最初は、フリースライド潮斬鯛玉にノーマルスカートでしたが、あまりバイトが深く無いため フリースライドワームのストレートとカーリーをローテーションしながら釣っていくとフッキング率が格段に上がりました。

    1投に3回程バイトしてくれるので、そのチャンスにかけてフッキングしていきました。

    最大4キロクラスもキャッチでき数も11匹キャッチ

    最終的には、満足いく結果となりました。

    森下キャプテンの操船とポイント選択

    フリースライドの集魚力とフックのフッキングの良さに助けられた釣行となりました。

    釣行日 2018-06-08 時間帯早朝/朝/昼/午後/夕方 天気雪/晴れ
    微風 気温 水温
    1 水質クリア 長潮
    使用タックル
    【ロッド】炎月プレミアムS610MH
    【リール】ステラ 2500S
    【ライン】PE0.6号
    【リーダー】フロロカーボン12lb

    【その他】無双真鯛フリースライド ワームカーリー
         col 1.チャートオレンジ
         

  • 船・ボート角島沖

    フィールドスタッフ

    加来 太

    【投稿日:2018-06-03】


    釣果:真鯛5匹
    蓮子3匹

    昨日門司大里港四季丸での釣果報告。5キロ弱筆頭にリリース含めて五枚を釣った。
    この時期のベイトは、剣先イカ。ディープな海峡への対応とイカのシルエットをイメージして、ハヤブサ無双真鯛フリースライドTGヘッド90グラムと、ネクタイはロングストレート桜に、ボリューム感を出す為、チャートロングストレートを追加。朝から納竿まで終始真鯛の反応良く、3キロ、4キロ、5キロ弱と、満足のいく釣果を上げることができた。このヘッドとネクタイの組み合わせは、先週行われた北部九州真鯛トーナメントや、SHIMANOハヤブサフリースライドカップでも釣果を上げており、入賞者も多数この仕掛けを使用していた。恐らく、今のベイトであるイカパターンに合ってるのは、間違いない。

    その日、その時期のベイトを意識し、ヘッドとネクタイの形状と色を、セレクトし真鯛の捕食スイッチが入るパターンにマッチングさせる事が釣果をあげる一番の近道。
    ハヤブサから、市販されてるヘッドや、ネクタイは、多種多様で色々な組み合わせが可能な為、是非そういったイメージを頭に描きながら、その日の仕掛けを選択して欲しい。

    一方、本日初釣行の息子も、最初はぎこちないリトリーブと竿さばきだったが、、徐々に慣れ始めて、最終的には、見事大鯛真鯛ゲットできました!
    ハヤブサの帽子も似合うし、将来は親子鷹!いや親子ハヤブサになれたらいいな〜!
    そして、四季丸 岩本船長一日サポートいただきありがとうございました!
    最高の船!最高の船長の人柄に感謝します。
    追い求めるのは真鯛のみ!
    ハヤブサ無双真鯛最高!

    釣行日 2018-06-02 時間帯朝/昼/午後 天気晴れ
    微風 気温28℃ 水温
    2 水質やや濁り 中潮
    使用タックル
    【リール】シマノ 15オシア コンクエスト 200HG(右) (SHIMANO OCEA CONQUEST) 
         ジギングベイトリール 鯛ラバリール ジギングリール
    【ロッド】シマノ ベイトロッド 炎月 プレミアム 鯛ラバ B69ML-S 6.9フィート