ハヤブサ

製品釣果レポート

TOP > 製品釣果レポート > 最新製品釣果レポート更新リスト

 

  • 船・ボート大分県周防灘

    フィールドスタッフ

    加来 太

    【投稿日:2018-09-09】


    釣果:真鯛6枚

    昨日門司大里港遊漁船四季丸での釣果。

    朝からポツポツと雨が降る中で、周防灘の魚影は濃く、船中は鬱陶しい雨の存在を忘れさせるくらいの釣果をあげることができた。
    個人的にも大真鯛は無いが、2キロ〜3キロの中型を4枚ゲット。リリースレベルの足の裏サイズや大型のバラシを入れると真鯛だけで二桁の釣果。
    魚影は、濃いがテンヤには難度の高い周防灘。
    朝からこのフィールド特有のぶっ飛び潮(2.9ノット)で、底どりが難しくなるが、ここで強い味方となるのがハヤブサ無双真鯛貫撃カブラTG。号数も5号〜20号迄あり、カラーのバリエーションも豊富な為、潮の流れが速い周防灘や、水深70メートル前後のディープテンヤには、欠かせない。
    朝から魚探に映る真鯛の反応は、ボトムにあり、釣り上げた真鯛の口からは、ユムシが何度も吐き出される。確実に真鯛の意識は、海底付近にあるが、ボトムを狙うと小型が先に口を使い、大型にテンヤが届かない為、着底後即座に底を切って、3〜6m付近でテンヤをコントロールし、真鯛の意識をボトムからテンヤに変える事で、小型をかわし中型真鯛を4枚キープすることが出来た。今から最盛期を迎える一つテンヤ真鯛。
    タックルボックスには、強い味方となるハヤブサ無双真鯛貫撃カブラTGテンヤ準備いただきたい。(店頭に無くても注文すれば手に入りますよ。)

    釣行日 2018-09-08 時間帯朝/昼/午後 天気小雨
    微風 気温23℃ 水温
    2 水質クリア 大潮
    使用タックル
    【ロッド】シマノ 炎月一つテンヤ真鯛MH240
    【リール】シマノツインパワーHP4000