釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

製品釣果レポート

TOP > 製品釣果レポート > 最新製品釣果レポート更新リスト

 

  • 淡水兵庫県川辺郡「清和台天神釣り池」

    社員

    斉藤 心也(鬼掛運営課)

    【投稿日:2017-05-11】


    釣果:へら鮒62枚(32.2kg)

    5/7(日)は兵庫県川辺郡にある
    「清和台天神釣り池」に行って来ました。
    詳細はブログに掲載しましたので見に来て下さいね。

    へら一心

    釣行日 2017-05-07 時間帯朝/昼/午後 天気晴れ
    気温 水温
    0 水質やや濁り
    使用タックル
    ◆タックル◆
    【竿】7尺(聖)
    【棚】チョーチン
    【道糸】へら侍童心0.7号
    【上ハリス】へら侍童心0.6号/8cm
    【下ハリス】へら侍童心0.3号/55cm
    【ウキ】仁成作 抜きチョーチン用4.5号(羽根B4.5cmグラスムクトップ)
    *エサ落ちは1.5目盛だし

    ◆バラケエサ◆
    粒戦100cc
    粒戦細粒50cc
    セットガン100cc
    水200cc  *ドロドロにして5分放置
    セットアップ150cc
    *50回程かき混ぜたら完成

    ◆クワセエサ◆
    感嘆(1袋にサナギ粉30cc入り)10cc
    水8cc
    *フタ付きの計量カップに入れシェイクして仕上げる

  • 今治市菊間町の地磯

    チーム鬼掛会員

    愛媛支部 佐々木

    【投稿日:2017-05-09】


    • 使用製品

      B815D1:
      鬼掛チヌ 底攻めチヌ イブシ茶
       鈎 2号

    • 使用製品

      B813D1:
      鬼掛チヌ 層探りチヌ イブシ茶
       鈎 2号

    釣果:チヌ43cm・1匹

    ゴールデンウィークの最終日、潮を挟んだ2時間の釣行をしてきました。
    場所は、今治市の菊間町にある地磯です。

    潮は右から左への横流れです。
    最初は「層探りチヌ」で棚を探る作戦にします。
    ジンタンを足したり引いたりして、棚を探りますが、1時間程度が経過しても釣れません。
    そうこうしているうちに、だんだんと潮が速くなってきました。
    潮の流れがあるためか、仕掛けが入っていないような感じです。
    そこで、鈎を「底攻めチヌ」の2号に変えました。
    鈎の重みで仕掛けを安定させる作戦です!
    この作戦が功を奏したのか、たまたまなのか、
    どちらかはわかりませんが、ようやく1匹のチヌを釣る事ができました。
    43cmの良く太ったチヌです。
    途中、藻に入られてしまいましたが、鈎外れする事なく無事に回収できました。

    初めての場所でしたが、良く釣れそうな雰囲気の場所でした。
    次は、もう少し水温が高くなってから来ようと思います。

    釣行日 2017-05-07 時間帯 天気晴れ
    気温25℃ 水温
    2 水質クリア 中潮
    使用タックル
    【竿】シマノ 鱗海スペシャルアートレータ 06号530
    【リール】シマノ BB-XテクニウムC3000D
    【浮き】キザクラ 黒魂 00号
    【道糸】ゴーセン 強磯スペシャル 1.75号
    【ハリス】サンライン Vハード 1.5号

  • 船・ボート玄界灘

    フィールドスタッフ

    馬場 英教(ハヤブサ)

    【投稿日:2017-05-08】


    釣果:真鯛2匹、アコウ1匹

    5月7日のゴールデンウィークの最終日にタイラバに行ってまいりました。

    天候は、良いのですが風が吹くらしいのです(汗)

    とりあえず出港して沖ノ島回りに到着

    沖ノ島に手を合わせてから釣りを開始します。

    潮が中潮という事もありフリースライドの120gからスタート

    簡単に底どり出来てしまう位 下潮が流れてないらしく 真鯛のいるストライクゾーンを長く流せない状態です。

    風は強いので船は、流れてくれます。

    おまけに波が高い(汗)

    そこで自分が感じ取れる一番軽く浮き上がりにくい DNヘッド75gとネクタイをフィンテールショートのインパクトレッド変更

    底どりの時間は、掛かりますがドテラ流しの最大のキモの真鯛のレンジを長く引て見せる事が出来ました。

    それからは、タイラバの後ろにロックオンは、されますがなかなか口を使ってくれません。

    海が荒れ方が激しくなって早上がりをしなくなってきたところでスイッチが入ってくれて何とか2匹と良型をラインブレイクと感じになりました。

    口を使えば掛かるフッキングの良さとDNヘッドの集魚力の良さを実感出来た釣行でした。

    釣行日 2017-05-07 時間帯早朝/朝/昼/午後 天気晴れ
    強風 気温20℃ 水温
    5 水質クリア 中潮
    使用タックル
    【ロッド】シマノ GAME炎月77M
    【リール】シマノ オシアコンクエスト201HG
    【ライン】PE0.8号
    【リーダー】フロロカーボン16lb
    【ウェア】Y6207B:BOWSUI/3 レイヤードスーツ

  • 船・ボート京都府 丹後半島沖

    フィールドスタッフ

    谷 泰介(ハヤブサ)

    【投稿日:2017-05-08】


    釣果:真鱈50cm~60cm・4匹

    京都府丹後半島沖 浦島瀬周辺へ真鱈を狙いに行ってきました。

    水深250m以深を狙う釣りです。
    当日は風が吹いておりラインが出て釣りにくい状況ではありましたがジャックアイロングの素早い沈み込みとしゃくり抵抗の少なさでゲームを有利に組み立てることができ船中竿頭でした。

    これからがハイシーズンのこのゲーム。
    今期はフリースライドの300gを使っての鱈ゲームも検証して見たいと思っています。

    釣行日 2017-05-05 時間帯 天気晴れ/曇り
    気温25℃ 水温15℃
    2 水質やや濁り 中潮
    使用タックル
    【ロッド】シーザウルス4ozベイトタックル
    【リール】オシアジガー 1500HG
    【ライン】PE1.5号
    【リーダー】フロロリーダー40lb


  • 船・ボート相模湾

    フィールドスタッフ

    三宅 雄彦(ハヤブサ)

    【投稿日:2017-05-06】


    釣果:イシダイ1匹、メジナ6匹、カサゴ4匹、カワハギ1匹、アジ6匹、サバ2匹、ムシガレイ1匹、カタクチイワシ3匹、ウツボ1匹

    こどもの日は息子と一緒に相模湾のライト五目行って来ました。当日はお客さん多かったのですが、2ハイ出ししてくれたので、ゆったり楽しめました。
    相模湾は赤潮が発生しており、最初の1時間位は指示棚では当りもなく、不安よぎったのですが、息子が底まで仕掛け落としたら、大型のカサゴがあがってきました。
    それからは、50センチのマサバ、40センチのマアジも釣れ、メジナの入れ食いタイムもあり、終日楽しめました。
    最後の一投で息子がウツボゲット。初ウツボで興奮してました。
    今回使用した仕掛けは新製品のハリ(瞬貫真鯛3号)を使用した手製仕掛け。ハリの強度、刺さりも良く、また、少し仕掛けに工夫凝らしたせいか、予想以上に効果的でした。

    釣行日 2017-05-05 時間帯早朝/朝/昼 天気晴れ
    微風 気温26℃ 水温
    2 水質濁り 長潮

  • 和歌山県 大引

    フィールドスタッフ

    小橋 勇飛(鬼掛)

    【投稿日:2017-05-06】


    • 使用製品

      B830D1:
      鬼掛グレ 瞬速グレ イブシ茶
       鈎 5号

    • 使用製品

      B822D1:
      鬼掛グレ 速掛グレ浅層攻略 イブシ茶
       鈎 6号

    釣果:グレ25~30cm・4匹

    大引の磯へ行ってきました。GWで渡船屋さんは大盛況。待合所に車を停めるスペースがなく、港に駐車し準備を済ませていざ出船。磯は船長任せで、声がかかったのはオオクラ。数年ぶりのオオクラでの釣りで気合いが入ります。タックルの準備を済ませて釣り開始。朝一に選択したのは速掛グレの浅層攻略6号。普段は5号からスタートすることが多いですが、ボイルを使用するため6号からスタート。マキエサを撒くと、タカベ、オセン、コサバがウジャウジャと出てきます。1投目からタカベがヒットし、ボイルも一瞬にしてやられてしまいます。更に潮も宜しくなく、苦戦を強いられます。針を速掛グレから瞬速グレにチェンジし釣り再開。遠投メインで狙うと、ようやくコッパグレが登場。あの手この手でようやく25センチ程までサイズアップに成功し、連発でヒット。しかし、徐々に潮が変わりだし、当ててくる潮に変わったため、釣り座を反対側に移動。すると、数投で30センチ程のグレがヒット!これからか?と思われましたが、上り潮が川のように激流となり納竿としました。また梅雨グレ期にリベンジしたいと思います。

    釣行日 2017-05-05 時間帯早朝/朝/昼/午後 天気晴れ
    気温 水温19℃
    5 水質やや濁り 長潮
    使用タックル
    【竿】ファイアーブラッド デクストラル
    【リール】BB-X ハイパーフォース
    【道糸】フリクションZ 1.7号
    【ウキ】エイジア マスターピース
    【ハリス】ウルトラフレキシブル 1.7

  • 堤防神戸市垂水一文字

    フィールドスタッフ

    井上 隆史(ハヤブサ)

    【投稿日:2017-05-06】


    釣果:メバル24匹(友人と2人での釣果)

    5月4日のゴールデンウィークも夕方より朝まで、垂水一文字で友人とメバリングを楽しんで来ました。
    今回はGWの釣行とあり、エサで狙う方やルアーで狙う方と沢山の釣人で賑わい釣りを通して、いろいろな方と交流を深めることも出来、これも釣りの醍醐味といった釣行となりました。
    当日は連休でのプレッシャーなのか?喰いもシブく、回遊するブルーバックの数も少なく思え厳しい1日でしたが、西側から移動しながら何とかアベレージサイズ(20~23cm)をキャッチし、潮が動き出す時間帯や月が沈んだころに良型をキャッチして行くという釣りでした。
    最大サイズは、アジクルーニードルストレートでキワからドンっ!!の27cm。
    それでも一人当たり二桁キャッチできる素晴らしい同一文字は流石は関西のメバル聖地と言ったところですね☆☆☆
    今回のメインベイトが『バチ』と言う事もあり、ムシ系シルエットのニードルストレートが効果的でしたよ↑↑↑
    まだまだメバルシーズンもこれからが面白いところで、パワフルな引きを楽しめサイズも上がり、さらに梅雨メバルシーズンへとなるので、是非ともメバルゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか?

    ※垂水一文字、沖一文字への詳しいお問い合わせは…船長丸(海神丸)様まで
    078-707-7181
    090-1076-7176
    ※通し釣行は土曜日のみになりますのでご注意ください。
    ※釣行の際は連絡も必要となります。

    釣行日 2017-05-04 時間帯早朝/夜/深夜 天気曇り
    気温16℃ 水温
    2 水質クリア 小潮
    使用タックル
    軽量ジグヘッド単体用
    【ロッド】 シマノ Soare cl4+Ajing S608ULS
    【リール】 シマノ Vanguish 2000S
    【ライン】 サンライン SmallGame PE0.4号
    【リーダー】 サンライン SV-1 (2.5号)
    【ジクヘッド】 アジロック ラウンド (0.3g)
    【ワーム】 アジクルーニードルストレート (UVクリアーゼリー)

  • 船・ボート大原港

    一般

    KEIKO

    【投稿日:2017-05-11】


    釣果:ヒラメ2枚、マハタ1匹 マトウダイ3匹

    GWにシーズン最後となるヒラメへ行ってきました!ヒラメは初めてで教わりながらの釣りとなりました!開始早々回りはデカイヒラメをどんどん釣り上げるなか私は釣れず、8時を回った頃当たりが!!少し待ち、次に当たったときに合わせた途端、根掛かりかと思うような引きに襲われ、一人じゃ巻けず、手伝ってもらいながら、ようやく上がってきたのは、正真正銘のヒラメ!その後もう1枚と、でかいマハタなどをゲット♪でかヒラメを計測した結果、6.35㎏/82㎝ありました!これだから釣りはやめられませんねー(*^^*)

    釣行日 2017-05-03 時間帯早朝 天気晴れ
    気温18℃ 水温
    2 水質
    使用タックル
    ヒラメ用タックル

  • 宮島 スベリ

    チーム鬼掛会員

    愛媛支部 佐々木

    【投稿日:2017-05-08】


    • 使用製品

      B813D1:
      鬼掛チヌ 層探りチヌ イブシ茶
       鈎 1・2号

    • 使用製品

      B816D1:
      鬼掛チヌ 競魂チヌ 遠投仕様 イブシ茶
       鈎 3号

    釣果:チヌ30cm~45cm・5匹

    ゴールデンウィークに、広島県の宮島へ、チヌ釣りに行ってきました。

    愛媛県から広島まで同行した友人1名と,現地で集合した1名をあわせ,合計3人で宮島のスベリという磯におりました。始めての場所でしたので、まずは、上から下まで探るために、層探りチヌの2号で様子を見ます。釣りを開始して30分程度たった頃でしょうか、1匹目のチヌがきました。40cmのチヌです!その後、同行した友人も、チヌを掛けます。釣りを開始してから2時間ほどが経過すると、エサ取りが多くなってきました。そこで、エサ取りが比較的少ないであろう沖を釣る事にします。沖を狙うため、鈎を競魂チヌの3号に変更します。すると、狙い通りチヌを釣る事ができました。沖で釣ったチヌのサイズは、この日の最長である45cmでした。

    2時の納竿までに、私は5匹のチヌを釣る事ができました。3人合わせて16匹の釣果です。

    釣行日 2017-05-03 時間帯朝/昼 天気晴れ
    気温25℃ 水温
    2 水質クリア 小潮
    使用タックル
    【竿】シマノ 鱗海スペシャルアートレータ 0.6号
    【リール】シマノ BB-X テクニウム3000
    【道糸】ゴーセン 強磯スペシャル 1.75号
    【浮き】キザクラ 黒魂 00号
    【ハリス】サンライン Vハード 1.5号

  • 船・ボート東京湾

    フィールドスタッフ

    三宅 雄彦(ハヤブサ)

    【投稿日:2017-05-04】


    釣果:アジ26匹、イシモチ4匹、シロギス

    GWの5連休初日。東京湾のライトアジ(午前船)行って来ました。当日、潮は良い感じの濁り具合で爆釣期待してたのですが、あまり潮が動かず、結構厳しかったです。
    ただ、最初から最後までポツポツと当りはありました。
    今回喰い渋り状況で実践したポイントは次のような点です。
    ①コマセ振って指示棚に合わせて少し待つ。少し待って当りなければ、少し竿先を下げてみる。当日はこの動作で当り出ました。
    ②イワシのミンチは鱗や骨でめがつまりやすいのでマメに取り除く。
    ③濁り潮のケースでは、ケイムラや金のハリを使用。

    釣行日 2017-05-03 時間帯朝/昼 天気晴れ
    気温 水温
    2 水質やや濁り 小潮