釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

製品釣果レポート

TOP > 製品釣果レポート > 最新製品釣果レポート更新リスト

 

  • 蒲江 屋形島

    チーム鬼掛会員

    山口 隆司

    【投稿日:2017-01-18】


    • 使用製品

      B830D1:
      鬼掛グレ 瞬速グレ イブシ茶
       鈎 5・6号

    釣果:グレ24枚

    かなりの強風でしたが、仕掛けを針の重さで入れることが出来て良かったです(^-^)

    釣行日 2017-01-14 時間帯午後 天気晴れ
    強風 気温8℃ 水温0
    5 水質クリア 大潮

  • 淡水稚内市声問川

    フィールドスタッフ

    坂田 義人(ハヤブサ)

    【投稿日:2017-01-18】


    • 使用製品

      HS561:
      一押しサビキ 氷上チカ・キュウリ オレンジウーリー 5本鈎
       鈎 5号

    釣果:チカ(1時間で60匹)

    開幕して間もない稚内市声問川の氷上釣りに出かけた。
    氷上ポイントの一つ斌橋(さかんばし)の上流は
    氷は20cmほどの厚さで数十人が訪れていた。
    釣果はいい人で200匹超え。
    私も早速チャレンジ。
    HS561はオレンジウイリー付きのサビキだが
    釣果アップを狙い紅サシを鈎に付けて挑んだ。
    開始直後から20cm前後の大型主体に
    15cm未満が2割ほど交じってチカが面白いようにヒット。
    結局1時間で60匹の釣果を得ることができた。

    釣行日 2017-01-14 時間帯 天気晴れ/雪
    気温-5℃ 水温
    0 水質
    使用タックル
    【ロッド】ワカサギ釣り用サオ
    【リール】1500番
    【ライン】3号ナイロンライン

  • 日振島

    チーム鬼掛会員

    麻生 祐司

    【投稿日:2017-01-16】


    • 使用製品

      B824E1:
      鬼掛グレ 速掛グレ広層攻略 オキアミオレンジ
       鈎 4~6号

    釣果:口太グレ6枚

    1.13 いつもお世話になっている、浜崎渡船のまーくん船長の所へ新年の挨拶を兼ねて、かなり強風の中日振島釣行へ行ってきました。
    波も風もきつい為、風陰での釣行となりました。
    降りた場所は日振島の1.5番でした。
    この日はグレの食いがかなり渋いのに、寒の時期にしてはエサトリはかなり元気一杯。
    2ヒロ馴染む頃にはサシエがない状況。
    ただ、足元にマキエを打つがエサトリは見えず。
    グレの反応が悪く、舞い込む突風に耐えながら、引っ張り出せたのは40後半を頭に40オーバー4枚の計6枚。
    今回は4つも針外れしてしまい、また忘れ物をしたので、来週日振島へ取りに行くとします。

    釣行日 2017-01-13 時間帯 天気晴れ/曇り
    強風 気温8℃ 水温17℃
    5 水質やや濁り 大潮
    使用タックル
    【ロッド】磯竿1.2号
    【ライン】導糸1.5号
    【ハリス】1.2~1.5号

  • 船・ボート鳥羽 キャスティングヒート

    一般

    種田 大輔

    【投稿日:2017-02-25】


    釣果:ブリ1匹、サワラ2匹

    鳥羽のジギング船「キャスティングヒート」にて、満船の中、厳しいながらも竿頭でした。
    「サワラ」
    この日、ポイントは、水深40~50m。ベイトは5cm程度のカタクチ~10cm程度のイワシが底ビッタリ。対象魚はベイトを上から押さえつける状況で、恐らく底から10m、いや5、6mが勝負になるだろう。群れから弾き出たベイトを大きな口で吸い込む捕食が想像される。そこで、早めであまり動かさないワンピッチ5~7回転のあと、竿を大きく粘るようにロングジャークして、フォール。これを2セット。本来なら魚の棚はこの辺りだが、魚に対する警戒心を一度リセットする為と、サワラ特有の追跡型捕食行動をこうりょして、さらに2セット。誰も当たりがない。周りはオーソドックスなワンピッチや、早巻きストップ、緩急をつけたワンピッチジャークなどをおそらく、小さめのシルエットのタングステンジグや、ご当地のアイヤージグ、頑鉄などでしゃくっている。自分は、スイッチの軌道に大きな可能性を信じてひたすらしゃくっては落とす…。
    そして、下げ潮いっぱいに近づいて、潮が効いてくる!
    スイッチは、フラッシングしながら、ほぼ水平に潮を切り開くようにアピール!ラインのテンションがふける!
    からの、ドン!!
    最高に気持ちいい!

    「ブリ」
    ジャックアイ フリーズは、こ気味良く軽快なワンピッチはもちろんだが、自分のイメージでは、早巻き、ロングジャークからのフォーリング姿勢は、勢いよくリーリングして、加速させるかのように素早いロングジャークからのメリハリをつけたフォールによって、一瞬ストップ(文字通りフリーズ状態か)の後、後方に向けて、バラバラと震わせながら斜め下に沈下していく。さながら弱って一瞬戸惑うベイトをナチュラルに模倣する優れたジグだ。
    その日は、対象魚はしつこく追い回す捕食は恐らくしてない。記録の上のドンピシャで、よりベイトライクな動きが肝要。マッチザシルエットより、マッチザムーヴ。そのイメージで、しゃくっては落とす。しゃくっては落とす…
    ラインがふわふわふわりピタッ…
    ドン!!
    はい、キタァー!
    迷いのない誘い方に対して、ヤツは迷いなく飛びついてくれた。そりゃ、ガッチリフッキングします。
    とても、楽しい釣行となりました。
    ありがとうございます。

    釣行日 2017-01-11 時間帯 天気晴れ
    気温 水温
    4 水質やや濁り 大潮
    使用タックル
    【ロッド】テンリュウ
    【リール】オシアジガー1500HG
    【ライン】PE1.5号
    【リーダー】フロロカーボン6号

  • 淡水兵庫県加西市

    一般

    銀舞会

    【投稿日:2017-01-11】


    • 使用製品

      B84211:
      鬼掛へら 軽量極ヤラズ
       鈎 上6号/下5号

    釣果:へら鮒5匹(28~38cm)、真ブナ5匹、コイ3匹

    厳寒期の当野池は、減水中で最深部でも1m程しかなく、
    満水時では4m程の水深である。

    この時期の野池での釣りは、大エサでは魚の寄りはあるものの
    食い当たりに繋がらず、当たりがあってもスレが多く出る。

    下エサをグルテン固目でパチンコ玉程度の大きさで、粘りずよく
    打ち返していった。

    釣行日 2017-01-11 時間帯昼/午後 天気曇り/晴れ
    微風 気温10℃ 水温9℃
    2 水質濁り
    使用タックル
    【竿】15尺
    【道糸】1.2号
    【ハリス】0.6号
    【ハリス長さ】上・下 40cm・46cm  
    【エサ】(上)マッシュ+グルテン (下)グルテン
    【水深】1.0mの床

  • 淡水兵庫県加東市東条湖

    社員

    芝 直幸(営業1課兼FINA開発)

    【投稿日:2017-01-12】


    釣果:わかさぎ6cm~15.2cm・223匹
     【東条湖ワカサギ匹数最高記録】
    4名で472匹

    ハヤブサ本社から10分のご近所、兵庫県加東市東条湖へワカサギ釣行してきました。
    同湖は数年前よりワカサギの孵化放流にも力を入れており、今期は私の過去数年の調査で最も安定した釣果が期待できる沖のポイントに固定式桟橋ドームを設置して釣果も上がってきております。

    沖桟橋の水深は26m前後、前日の釣果は15匹前後と聞き↓↓↓でしたが、当日は15m~22mで反応があり、ブドウ虫をこまめに変える事で魚を寄せ続け、自身の持つ東条湖ワカサギレコードを大きく上回る【223匹で東条湖記録】も更新でき、同行者4名で472匹と好調でした。
    平均は8cm前後ですが、中には13cmを超える『メガワカサギ』や更に上回るシシャモ級15cm越えの抱卵した『ギガワカサギ』も混じりました☆☆☆
    仕掛は『瞬貫ワカサギふかせ誘い細地袖1.5号』水深がある同湖では、70cm~100cm前後の仕掛が広い層を探れ、扱い易いので有効です。ふかせ誘いのハリスには硬質でクセが付きにくく、フロロカーボンより浮力の高いホンテロンを使用しており、特に喰い渋ったワカサギには絶大な効果を発揮します。ロングハリスなので、トントン叩くより、スッーとゆっくりと誘い上げると効果的です。
    また、現時点での魚影は濃くなく、散っているので、『ブドウ虫ちょん掛けフック』を使用し、魚を寄せて止める事も非常に重要です。中にはブドウ虫に喰ってくるワカサギも少なくないです。オモリには『瞬貫オモリ用下針秋田狐1.5号』を使用し、喰い渋った時間でも少しずつでも拾えば数も伸ばす事が可能です。

    東条湖ですが、ワカサギ客増加にともない、新設ド-ム桟橋増設工事中、早ければ、1月中旬にも設置されますので、今後の東条湖に期待です!

    ※東条湖観光㈱様推奨の仕掛は瞬貫わかさぎ細地袖1.5と2号と秋田狐1.5号ですので、釣行の際にはご使用頂ければと思います。

    東条湖ワカサギ釣りについて、詳しくはこちらをご確認ください。

    釣行日 2017-01-09 時間帯朝/昼/午後 天気晴れ/曇り
    微風 気温6℃ 水温
    0 水質クリア
    使用タックル
    タックル
    【リール】
    ①②ともにシマノ ワカサギマチックDDM-T
    【ロッド】
    ①②ともにシマノ ワカサギマチックSHS04
    ①②ともにシマノ 延長キット15cm
    ①②とも、への字アダプターアンダーガイド仕様
    【ライン】
    ①②ともサンライン ICELINEワカサギPEⅡ 0.2号
    【オモリ】
    ①②ともPROX 攻棚TGタングステンシンカー5gとTGシンカー7g・10g
    【その他】
    プロックス:アイアンクローとカウンター
    プロックス:ワカサギ仕掛スタンド
    プロックス:クランプ取り付け式リールタタキ台
    自作ワカサギライブウェル
    自作エサ箱(2分割表裏2面サシの粉を落せるタイプ)
    ※水深が深く、魚も大きいので、電動リールの場合、乾電池の予備が必要です。
    ※水深が深いので、トラブル等も考慮し、ラインは50mは巻いた方が安心です。
    【魚探】HONDEX PS501CNワカサギパック
    【仕掛】
    ①C255:瞬貫わかさぎ ふかせ誘いロングハリス細地袖型7本鈎
     (サイズ1.5-0.2)
      IS286:ブドウ虫ちょん掛けフック
    IS290:瞬貫わかさぎオモリ用下鈎 秋田狐型
     (サイズ1.5-0.2)
    【エサ】

  • 船・ボート岩手県 越喜来

    フィールドスタッフ

    小松 悟(ハヤブサ)

    【投稿日:2017-01-10】


    釣果:アイナメ5匹、クロソイ1匹

    一月に入ってアイナメなどロックフィッシュは終盤戦に突入です。

    6日は終盤のアイナメと依然好調なクロソイを狙いに岩手の越喜来に行って来ました。

    お世話になるのは慶漁丸さん

    悪天候でしたが、午後には少し落ち着く予報を信じて出船

    はじめは波風をかわせるポイントからアイナメ狙い

    さい先良く40cm前後のアフター回復個体を2匹GET

    しかし後が続かず…

    チビアイナメ2匹追加するのがやっとの状況

    夕方が近づき風も収まってきたタイミングでポイント移動

    前日にビッグのバラシがあったという場所にエントリー

    数投目に押さえ込む様な弱々しバイトが❗

    しかしなかなかフッキングに至らず、三度目にやっとフッキングするとなかなかの引き

    一瞬ベッコウかと思ったら産卵直後ぐらいのアフターアイナメ

    50アップのビッグマムでした(*^^*)

    その後クロソイポイントにも入れそうになったので怪獣クロソイ狙いへ

    荒れた直後なだけに釣れたらラッキーだねと船長と話ながらキャストを続け

    潮止まりを挟んで上げのタイミングでテキサスからトリックブレードのジグヘッドに変えて直ぐにヒット!

    ナイスサイズの重量感を楽しみネットイン

    こちらも50アップの怪獣クロソイをGET

    悪条件の中でもトリックブレードは信頼できるなぁ~と実感しました。

    その後は反応無く終了しました。


    ちなみに船長から聞いたんですが、次の日のガイドで常連さんが私の釣果をFBで見て早速トリックブレードを買って来て見事にトリックブレードに替えて一発で49cmの自己記録更新のクロソイをキャッチしたと報告を受けました。

    トリックブレード、ブレードボンバーと非常にクロソイに有効なリグです。是非使ってみて下さい(*^^*)

    釣行日 2017-01-06 時間帯午後/夕方 天気晴れ
    気温 水温
    4 水質やや濁り

  • 船・ボート相模湾亀城沖

    フィールドスタッフ

    川島 久司(ハヤブサ)

    【投稿日:2017-02-16】


    釣果:サワラ4.7Kg、アカヤガラ

    三浦宮川港二宮丸よりボートで出撃。海上の予想は北東の風が強かったが好転を信じて出船。波が高く跳ねが見えないが反応には移る。亀城沖の80~95m 底から30mラインの反応に当てワンピッチワンジャークでやると65mでヒット!しかし行き成り怒涛の引き込みで伸されてハリス切れ!鰤か?それともサワラにサメが食いついたか!?季節外れのマグロ? その後反応に当てて何度かバイトがあるが乗らない時間が過ぎる。同行者はホウボウをGET、その後濃い反応で掛かってきたのが本命のワラサでっぷりとした腹の見事な寒サワラでした。今季初のサワラ感動の1本でした。

    釣行日 2017-01-05 時間帯朝/昼/午後 天気晴れ
    強風 気温8℃ 水温15℃
    6 水質やや濁り 小潮
    使用タックル
    【ロッド】ジギングロッド
    【リール】スピニングリール
    【ライン】PE2.5号
    【リーダー】50lbs

  • 船・ボート江ノ島沖

    フィールドスタッフ

    川島 久司(ハヤブサ)

    【投稿日:2017-02-16】


    • 使用製品

      SD830:
      深場用胴突 深場五目 キンメ・ムツ 7本鈎

    釣果:アカムツ 700g、クロムツ 600g、ドンコ、シロムツ、オキギズ 他

    鎌倉腰越漁港三喜丸で仕立てをした。江ノ島真沖280m~320mを流し序盤はコンスタントに船上でアカムツが上がる。場所を転々と変えながらシロムツ、クロムツが上がるも潮が止まりまったくあたりが出なくなってしまった。西方面で仕掛けを下ろすも全くあたりが無く沖を後にする事と成った。朝方のポイントは高活性でしたが後半は尻つぼみな釣行でした。

    釣行日 2017-01-03 時間帯朝/昼/午後 天気晴れ
    気温05℃ 水温14℃
    3 水質やや濁り 中潮
    使用タックル
    【ロッド】ライト深場専用ロッド
    【リール】大型電動リールPE8号 800m
    【オモリ】150-200号錘
    【餌】  鯖・蛍烏賊

  • 香川県

    フィールドスタッフ

    矢野 卓也(鬼掛)

    【投稿日:2017-01-04】


    • 使用製品

      B816D1:
      鬼掛チヌ 競魂チヌ 遠投仕様 イブシ茶
       鈎 1号

    釣果:チヌ43~30cm・3枚、グレ25~20cm・2枚

    お正月の釣り初めに6年連続で香川県は小豆島へ釣行してきました。
    普段とは違い昼から夕方にかけての釣りでした。
    例年より水温が高く上げの潮と下げの潮を両方楽しめる予定だったので期待していましたが、ハッキリとした潮にならず、時間中に潮の僅かな変化を利用して、ポツポツとチヌとグレが反応しました。
    連発モードには、突入しませんでしたがお正月から何とかチヌとグレの顔を見ることが出来ました。

    釣行日 2017-01-03 時間帯昼/午後/夕方 天気晴れ
    微風 気温11℃ 水温13℃
    0 水質クリア 中潮
    使用タックル
    【ロッド】チヌ竿06号