釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

製品釣果レポート

TOP > 製品釣果レポート > 最新製品釣果レポート更新リスト

 

  • 船・ボート千葉 南房 白浜沖

    フィールドスタッフ

    川島 久司(ハヤブサ)

    【投稿日:2017-02-16】


    釣果:アカハタ7匹(小型は全てリリース)、カワハギウマズラ
    船中ヒラメカサゴ

    千葉県南房総白浜 川下港 有希丸にてアカハタゲームを楽しんだ。起伏の富んだ根を攻める。下ろすと餌がなくなる高活性ではあるが全てウマズラやカワハギ、河豚などの外道がテンヤの餌を瞬時に丸裸にする!兎に角魚影が濃い為、アカハタに辿り着く前に外道が口を使ってしまう状況だ。しかし上手く当てると朱色に輝く良型が連続して掛かってくる。カサゴ釣と言う感覚ではなく 根の少し上をホバリングしているアカハタに対してアプローチしていく為、船の流れに対してのカーブフォールが決め手となった。40cmの大型も混じり 大型のウマズラが多数そしてカワハギも混じり手応え十分の釣となった。 

    釣行日 2017-01-28 時間帯早朝/朝/昼 天気晴れ
    微風 気温5℃ 水温16℃
    1 水質クリア 大潮
    使用タックル
    【ロッド】一つテンヤロッド
    【リール】小型スピニングリールPE1号
    【リーダー】フロロカーボン4号
    【その他】一つテンヤ専用エビ

  • 長崎県福島の磯

    フィールドスタッフ

    田中 孝典(鬼掛)

    【投稿日:2017-01-31】


    • 使用製品

      鬼掛チヌ 軽攻めチヌ
       鈎 3号

    釣果:黒鯛1尾

    寒チヌを求めて長崎県福島の磯で竿を出しました。お世話になった渡船は秀吉丸。小飛島に朝一に瀬上がりし、釣り開始。本日の納竿は13時30分。
    10時の上げ潮止まりまでアタリすらなく時間だけが過ぎて行きます。
    その後、下げ潮に変わりましたが生命反応は無く納竿の時間が近づいてきました。13時10分最後の一投!
    遂に軽攻めチヌ3号が黒鯛を捕らえてくれました。
    厳しい中の一尾は感無量でした。

    釣行日 2017-01-28 時間帯早朝/朝/昼 天気
    気温 水温
    4 水質やや濁り

  • 船・ボート遠州灘

    一般

    中村

    【投稿日:2017-01-31】


    釣果:ブリ11kg~大ワラサ7kgまで7本、アジサバ沢山

    今年は荒れた日が多く、中々出船できませんでしたが、久しぶりの釣行で満足な釣りが出来ました!

    釣行日 2017-01-27 時間帯朝/昼 天気晴れ
    気温 水温15℃
    4 水質やや濁り 大潮
    使用タックル
    【ロッド】電動用2.6m
    【リール】電動3000番

  • 淡水津風呂湖

    フィールドスタッフ

    井上 隆史(ハヤブサ)

    【投稿日:2017-01-25】


    釣果:津風呂湖ワカサギ大会 準優勝と3位

    1月22日にハヤブサ社員の坂本さんと奈良県吉野郡津風呂湖で行われた紺甚釣具店様主催のワカサギ釣り大会『第4回ワカサギング2017』にボート部門で大会に参加して来ました。
    同湖はメガワカサギでも有名な湖でレンタルボートや桟橋(ドーム2基)でも釣りが楽しめ設備も充実で快適にワカサギ釣りを楽しめます。
    今回は、前日から同湖に向かい1時間半ほど湖を回りチェックしました。
    中層に回遊はあるのですが、足が速くなかなか口を使わないといった印象でした。迎えた当日は、気になる二ヶ所を見て移動を決意し『飛島』手前にある13~14mフラットのボトム付近に回遊するワカサギに狙いを絞りシビアなワカサギを丁寧に一匹一匹釣っていく作戦でした。
    この釣りに使用した仕掛は、瞬貫わかさぎ 細地袖型 ふかせ誘いロングハリス 7本鈎 2号で、浮力の高いホンテロンを使用していることから食い渋ったワカサギには特に効果的で、フワフワとした誘い上げが有効でした。鈎は、しっかりと掛ければバレにくい袖鈎の2号で7本鈎を選び、ガン玉を打って、小さくフワフワ動かす中フカセ釣法にも効果的でした。
    オモリは手返し良く釣りを楽しむことからタングステンシンカー10.5gを使用し、さらにブドウ虫ちょん掛けフックを使用してブドウ虫をこまめに交換し、魚を寄せて足止めすることも重要です。
    その後も少しずつ数を伸ばし結果…準優勝と3位を頂くことが出来ました☆☆☆
    今回は、桟橋でもワカサギの回遊が見られ、これから2月、3月と大会も続くので、今後もワカサギの回遊に期待し、参加して行きたいと思います。

    今回もシビアになればなるほど効果大の『瞬貫わかさぎ ふかせ誘いロングハリス』仕掛が大活躍となりました↑↑↑

    尚、津風呂湖でのワカサギですが、冬季ボート割引もあるのでオススメですよ☆☆☆詳しい事は津風呂湖観光様まで。

    釣行日 2017-01-22 時間帯早朝 天気曇り/雨
    気温0 水温
    0 水質やや濁り
    使用タックル
    【リール】左右共に、シマノワカサギマチックDDM-T
    【ロッド】左右共に、シマノワカサギマチックエクスペックM02F
    左右共に、シマノ延長キッド10cm
    左右共に、への字アダプターアンダーガイド仕様
    【ライン】左右共にサンラインスモールゲームPE-HG0.2号
    【オモリ】左右共に、TGタングステンシンカー10.5g
    【その他】プロックスアイアンクロー(ビス止め式)
    プロックス攻棚ワカサギアンテナ(マグネット式)
    自作循環式ワカサギライブウェル
    自作エサ箱(裏表2面サシ粉を落とせるタイプ)
    ワカサギ電動リール予備電池
    【魚 探】HONDEX PS500Cワカサギパック

  • 堤防西の浦港

    フィールドスタッフ

    越智 賢司(FINA)

    【投稿日:2017-01-22】


    釣果:メバル10匹

    防府の西の浦港へ子供と行って来ました。日が暮れるとメバルが浮いてきているが、なかなか食わない。そこでジグヘッドを2gにチェンジしボトム付近を探る事に。すると20cm前後のメバルがあたり始めた。周りの人は全く釣れていない様子。この渋い状況で良型10匹は釣れた方だと思う。メバクルーありがとう。

    釣行日 2017-01-22 時間帯深夜 天気
    気温 水温
    0 水質

  • 船・ボート三浦宮川沖

    フィールドスタッフ

    川島 久司(ハヤブサ)

    【投稿日:2017-02-16】


    • 使用製品

      B12159:
      プロバリュー チヌ金
       鈎 4号

    釣果:船中 アマダイ2匹(50cm・49.5cm)

    三浦宮川港二宮丸よりアマダイで出船。今回はディギング釣法で終始攻めました。大型狙いで出撃し見事船中2匹の大型が上がりました。やはり攻めてないところではまだまだ大型が潜んでいますね。まだまだ絶好調の相模湾のアマダイ引き続き楽しめちゃいますね。

    釣行日 2017-01-16 時間帯朝/昼/午後 天気晴れ
    気温8℃ 水温15℃
    4 水質クリア 中潮
    使用タックル
    【ロッド】ライトタックルゲームロッド
    【リール】小型電動リールPE1.5号
    【天秤】ディグアーム50号
    【仕掛】ハリス3号 3本針 1.5m

  • 蒲江 屋形島

    チーム鬼掛会員

    山口 隆司

    【投稿日:2017-01-18】


    • 使用製品

      B830D1:
      鬼掛グレ 瞬速グレ イブシ茶
       鈎 5・6号

    釣果:グレ24枚

    かなりの強風でしたが、仕掛けを針の重さで入れることが出来て良かったです(^-^)

    釣行日 2017-01-14 時間帯午後 天気晴れ
    強風 気温8℃ 水温0
    5 水質クリア 大潮

  • 淡水稚内市声問川

    フィールドスタッフ

    坂田 義人(ハヤブサ)

    【投稿日:2017-01-18】


    • 使用製品

      HS561:
      一押しサビキ 氷上チカ・キュウリ オレンジウーリー 5本鈎
       鈎 5号

    釣果:チカ(1時間で60匹)

    開幕して間もない稚内市声問川の氷上釣りに出かけた。
    氷上ポイントの一つ斌橋(さかんばし)の上流は
    氷は20cmほどの厚さで数十人が訪れていた。
    釣果はいい人で200匹超え。
    私も早速チャレンジ。
    HS561はオレンジウイリー付きのサビキだが
    釣果アップを狙い紅サシを鈎に付けて挑んだ。
    開始直後から20cm前後の大型主体に
    15cm未満が2割ほど交じってチカが面白いようにヒット。
    結局1時間で60匹の釣果を得ることができた。

    釣行日 2017-01-14 時間帯 天気晴れ/雪
    気温-5℃ 水温
    0 水質
    使用タックル
    【ロッド】ワカサギ釣り用サオ
    【リール】1500番
    【ライン】3号ナイロンライン

  • 日振島

    チーム鬼掛会員

    麻生 祐司

    【投稿日:2017-01-16】


    • 使用製品

      B824E1:
      鬼掛グレ 速掛グレ広層攻略 オキアミオレンジ
       鈎 4~6号

    釣果:口太グレ6枚

    1.13 いつもお世話になっている、浜崎渡船のまーくん船長の所へ新年の挨拶を兼ねて、かなり強風の中日振島釣行へ行ってきました。
    波も風もきつい為、風陰での釣行となりました。
    降りた場所は日振島の1.5番でした。
    この日はグレの食いがかなり渋いのに、寒の時期にしてはエサトリはかなり元気一杯。
    2ヒロ馴染む頃にはサシエがない状況。
    ただ、足元にマキエを打つがエサトリは見えず。
    グレの反応が悪く、舞い込む突風に耐えながら、引っ張り出せたのは40後半を頭に40オーバー4枚の計6枚。
    今回は4つも針外れしてしまい、また忘れ物をしたので、来週日振島へ取りに行くとします。

    釣行日 2017-01-13 時間帯 天気晴れ/曇り
    強風 気温8℃ 水温17℃
    5 水質やや濁り 大潮
    使用タックル
    【ロッド】磯竿1.2号
    【ライン】導糸1.5号
    【ハリス】1.2~1.5号

  • 船・ボート鳥羽 キャスティングヒート

    一般

    種田 大輔

    【投稿日:2017-02-25】


    釣果:ブリ1匹、サワラ2匹

    鳥羽のジギング船「キャスティングヒート」にて、満船の中、厳しいながらも竿頭でした。
    「サワラ」
    この日、ポイントは、水深40~50m。ベイトは5cm程度のカタクチ~10cm程度のイワシが底ビッタリ。対象魚はベイトを上から押さえつける状況で、恐らく底から10m、いや5、6mが勝負になるだろう。群れから弾き出たベイトを大きな口で吸い込む捕食が想像される。そこで、早めであまり動かさないワンピッチ5~7回転のあと、竿を大きく粘るようにロングジャークして、フォール。これを2セット。本来なら魚の棚はこの辺りだが、魚に対する警戒心を一度リセットする為と、サワラ特有の追跡型捕食行動をこうりょして、さらに2セット。誰も当たりがない。周りはオーソドックスなワンピッチや、早巻きストップ、緩急をつけたワンピッチジャークなどをおそらく、小さめのシルエットのタングステンジグや、ご当地のアイヤージグ、頑鉄などでしゃくっている。自分は、スイッチの軌道に大きな可能性を信じてひたすらしゃくっては落とす…。
    そして、下げ潮いっぱいに近づいて、潮が効いてくる!
    スイッチは、フラッシングしながら、ほぼ水平に潮を切り開くようにアピール!ラインのテンションがふける!
    からの、ドン!!
    最高に気持ちいい!

    「ブリ」
    ジャックアイ フリーズは、こ気味良く軽快なワンピッチはもちろんだが、自分のイメージでは、早巻き、ロングジャークからのフォーリング姿勢は、勢いよくリーリングして、加速させるかのように素早いロングジャークからのメリハリをつけたフォールによって、一瞬ストップ(文字通りフリーズ状態か)の後、後方に向けて、バラバラと震わせながら斜め下に沈下していく。さながら弱って一瞬戸惑うベイトをナチュラルに模倣する優れたジグだ。
    その日は、対象魚はしつこく追い回す捕食は恐らくしてない。記録の上のドンピシャで、よりベイトライクな動きが肝要。マッチザシルエットより、マッチザムーヴ。そのイメージで、しゃくっては落とす。しゃくっては落とす…
    ラインがふわふわふわりピタッ…
    ドン!!
    はい、キタァー!
    迷いのない誘い方に対して、ヤツは迷いなく飛びついてくれた。そりゃ、ガッチリフッキングします。
    とても、楽しい釣行となりました。
    ありがとうございます。

    釣行日 2017-01-11 時間帯 天気晴れ
    気温 水温
    4 水質やや濁り 大潮
    使用タックル
    【ロッド】テンリュウ
    【リール】オシアジガー1500HG
    【ライン】PE1.5号
    【リーダー】フロロカーボン6号