製品釣果レポート

地域別製品釣果レポート

船・ボート大分県周防灘沖

フィールドスタッフ
【投稿日:2019-08-04】
加来 太
使用製品
SE102 無双真鯛貫激テンヤTD(タングステン)
使用製品
SE103 無双真鯛貫激テンヤカブラTD(タングステン)
釣果:真鯛10匹、アコウ2匹、コショウ鯛1匹、チヌ1匹、アラカブ1匹
8月3日我が母船四季丸で大分県周防灘沖へ釣行した。
使用したテンヤは、今夏ハヤブサから新発売されたエビヅレン搭載の無双真鯛貫激テンヤTD(タングステン)、DT(ダークタイプ)、カブラTD(タングステン)の3つ。
釣行エリアとされる周防灘沖は、真鯛を初め、石鯛、アコウ、コロ鯛、カンダイ、チヌ、コショウ鯛、アラカブ、青物、マゴチ、ヒラメと釣れる魚種が多彩で毎回釣魚が様変わりする。また、水深は15メートル~40メートルとテンヤには理想的な水深といえる一方、時折3ノットを越える潮流と、一投ごとに左右に変化する海流が大きな壁となって釣り人の前に立ちはだかる。
今回も0.1~2.9ノットと、潮流が大きく変化したものの、状況に応じてテンヤの種類と重さをセレクトし、結果多彩な魚種を釣ることが出来た。
釣行を重ねる度に信頼感が高まるハヤブサの一つテンヤ。フォール、ボトムアップ、ダートと様々な誘いが可能な為、釣果が増すこと絶対間違いなし!
是非店頭に並んでる商品を手に取って、このハヤブサテンヤの魅力を皆さんに体感頂きたい。
釣行日 2019-08-03 時間帯 朝/昼/午後 天気 晴れ
気温 32℃ 水温
2 水質 クリア 大潮
使用タックル
【リール】シマノステラC3000XG
【ロッド】シマノ炎月1つテンヤマダイスペシャル

船・ボート沖縄県 渡名喜島付近

フィールドスタッフ
【投稿日:2019-07-31】
やまぴー
使用製品
SE123 フリースライド TG
使用製品
SE172 フリースライドSF
釣果:アカモンガラ 1匹
バラハタ 数匹
沖縄で、今回はフリースライドSFをメインにオキラバをしてきました。
あと20メートルということころで、大物に逃げられたりもしたましたが、フリースライドTG.SFで色んな魚も釣れ、楽しい沖縄釣行でした。
釣行日 2019-07-31 時間帯 朝/昼/午後 天気 晴れ
気温 水温
0 水質 中潮
使用タックル
【ロッド】クレイジーオーシャン オーシャンセンサーLJ OSE-LJB63L
【リール】オシアコンクエストCT301PG
【PE】ドンペペACS 8 0.8号
【ライン】フロロファイタールーツX 5

長崎県佐世保市 湾内

フィールドスタッフ
【投稿日:2019-07-30】
田中孝典
使用製品
B811D1 軽攻めチヌ4号
釣果:チヌ40cm 2尾
私が所属するチーム リヴァーレの黒鯛祭りが開催されました。
本日は78名の参加で佐世保湾内での開催となりました。
午前5時~10時までに釣ったチヌの2尾の合計長寸での競技です。
私は沖波止での竿出しとなりました。
最初に選んだ針は軽い攻めチヌ4号です。
足元の水深20Mの底付近を狙って朝一に40㎝のチヌをゲットする事ができました。
エサ取りが高活性だった為、ネリエ、コーン、ボイルの付けエサをメインにローテーションしながら
もう一尾を狙っていきます。
一時間後にようやくもう一尾を追加することができましたが、その後はサイズが伸びず終了の時間となりました。
港では沢山の検量と沢山の協賛品で大盛り上がりでした。
私は入賞する事ができませんでしたが、優勝は2尾で103㎝と圧巻の釣果でした。

協賛いただいた(株)ハヤブサ様ありがとうございました。
釣行日 2019-07-28 時間帯 早朝/朝 天気 晴れ
微風 気温 水温
0 水質
使用タックル

船・ボート周防灘沖

フィールドスタッフ
【投稿日:2019-07-14】
加来 太
使用製品
SE104 無双真鯛貫撃テンヤDT
釣果:真鯛9匹、石鯛1匹、アコウ4匹、ヨコスジフエダイ1匹
梅雨真っ盛りの時期ではあるが、昨日我が母船四季丸で国東半島沖へ釣行した。
ここは、1投毎に右、左に目まぐるしく潮流が変化し、テクニカルな技術を要するエリアといえる為、私は敢えてハヤブサから今夏発売されるエビヅレン搭載ダートタイプを選択し
この海域に挑んだ。
このダートタイプテンヤは、形状が舟形で、文字通り左右にダートアクションしエビの危険回避動作の横跳ねを演出する。
私は竿先のリアクションで左右にテンヤをダートさせ一瞬魚の視界から消えたテンヤが、ゆっくり斜めにフォールし再び視野に入った際に反射的に魚がバイトしてくることをイメージしながら誘いを続けた。
結果、釣行開始から納竿まで終日小雨が降り続く天候ではあったが、テクニックを要する国東半島沖の海域を攻略することができ両型真鯛6匹とアコウ3匹、そして3キロの大型石鯛をゲットすることができた。
釣った魚は、旬のトロ箱四季丸に持ち込み、真鯛とアコウの活き造り、真鯛の煮付け、アコウの酒蒸しを頂いたが、もうどれも絶品!!残念ながら、活き造り以外は、写真を撮るのを失念してしまったが、自分が釣った魚を持ち込み安価で美味しく頂けるお店なので是非ご利用頂きたい。
ハヤブサ一つテンヤリンク
http://www.hayabusa.co.jp/madai-game/hitotsu-tenya.html
釣行日 2019-07-13 時間帯 朝/昼/午後 天気
微風 気温 28℃ 水温
2 水質 やや濁り 若潮
使用タックル
【リール】シマノステラC3000XG
【ロッド】シマノ炎月1つテンヤマダイスペシャル

長崎県平戸島宮之浦

フィールドスタッフ
【投稿日:2019-06-27】
田中孝典
使用製品
鬼掛グレ極軽ストレート5号、6号
釣果:クロ25cm〜最大46cm
枚数20枚以上
所属するトーナメントチームの予選会で平戸宮之浦にクロ釣りに行きました。
対戦相手と4時間の間に釣り上げた25cm以上のクロ10尾までの総重量で勝負です。
私達はトヤク島の魚釣崎に瀬上がりしました。ここ一帯は沖まで浅く、沈み瀬も点在している事から浅い棚で喰わせないとラインブレイク、根掛りが予想される為、極軽グレストレート5号を選択して釣り開始です。
1投目、2投目と続けてベラがヒットする為、少し沖目にポイントを定めるとキーパーサイズがヒットしてきました。しかし、その後は小型が主体となってきた為、ボイルを刺しやすいように6号に針をサイズアップ。
その1投目、勢いよくスプールを抑えていた手が弾かれました。何度も突っ込んだ後に姿を見せたのは40cmオーバーの尾長でした。
この鬼掛グレストレート6号とボイルの組み合わせがハマり次々にクロをヒットさせる事が出来、最大46cmまで釣り上げる事が出来ました。その結果、総重量6080gで総合2位をいただきました。
釣行日 2019-06-23 時間帯 早朝/朝 天気 晴れ
気温 水温
0 水質
使用タックル

船・ボート響灘

フィールドスタッフ
【投稿日:2019-06-23】
加来 太
使用製品
SE102 エビズレン貫撃テンヤTG.TGⅡ
使用製品
SE104 エビズレン貫撃テンヤDT
釣果:真鯛5匹、マゴチ1匹、アラカブ1匹、シロサバフグ1匹、ヨコスジフエダイ1匹、キュウセンベラ1匹
昨日は、我が母船四季丸で、産卵を終えアフタースポーンの体力快復期に入った真鯛を狙って響灘沖へ釣行した。
今回は、今夏ハヤブサから発売されるエビズレンを装備した一つテンヤの実釣を兼ねた釣行となったが、当日の天候は爆風の高波で、テンヤには最悪のコンディション。(滅多に酔わない私も30%酔ってました)
また、時折イワシのベイトが、探検丸にビッシリ出るが、風と波がぶつかり合って船は停泊状態のまま。せっかく見つけたベイトとも同調できずに、イワシはあっと言う間に通過してしまう。
結果としてなんとか5枚の真鯛をピックアップできたが、残念ながら大鯛には届かなかった。しかし、このタフコンディションの中、ハヤブサから新発売される一つテンヤは、いい仕事してくれた。
まず、激しく竿を振ってリアクションしても全くエビがズレない為、積極的に真鯛へ様々なアプローチができる!
加えて新商品の特徴は、カブラとテンヤ共にタングステンで作られ高比重の為、潮や風、高波の影響を受け難く底取りが容易にできた。
それともう一つ。今回は、これまでにないダートタイプ(舟形)のテンヤが発売され、これは明らかに通常のテンヤよりも沈下スピードが遅いことが確認できた。どういった軌跡で落下してるかは、まだイメージできてないが、形状が平坦で潮受けが効く分、フォール時間が通常のテンヤよりも1.5倍以上違うのではなかろうか。
潮が走らない、浮いてる真鯛にアピールするのに適したテンヤと個人的には、感じたがこれから実釣を重ねてレポートしたい。

残念ながらここ北部九州では、一つテンヤを専門とする遊漁船は我が母船四季丸しかないが、是非このテクニカルな釣りの醍醐味と、細いリーダーとラインで大鯛とやりとりする緊張感を皆さんに味わって頂きたい!
釣行日 2019-06-22 時間帯 朝/昼/午後 天気 薄曇り
強風 気温 水温
9 水質 濁り 中潮
使用タックル
【リール】シマノステラC3000XG
【ロッド】シマノ炎月1つテンヤマダイスペシャル

船・ボート響灘

フィールドスタッフ
【投稿日:2019-06-22】
やまぴー
使用製品
ジャックアイTG
釣果:真鯛 1匹
アカヤガラ 1匹
ガシラ 複数匹
アコウ 複数匹
九州でSLJをしてきました。
さすが九州、沢山の魚種が、楽しませてくれました。アカヤガラが釣れたのはびっくでしたね。九州のポテンシャルの高さに天晴れです。
釣行日 2019-06-16 時間帯 天気
気温 水温
0 水質 大潮
使用タックル
【ロッド】 ダイワ 紅牙
【リール】 ダイワ キャタリナ3000

船・ボート響灘

フィールドスタッフ
【投稿日:2019-06-03】
加来 太
使用製品
SE101 無双真鯛 ハヤブサ 貫撃テンヤTG 5号、12号
釣果:真鯛3匹、連子鯛5匹、チコ鯛1匹
6月1日、我が母船四季丸でのっこみ真鯛を狙って響灘へ釣行した。
釣行場所の水深は90メートル前後の所謂ディープテンヤと呼ばれる海域で、例年深場の産卵エリアに居着くのっこみ大型真鯛を狙って実釣開始。
一枚目は、深場に生息する真鯛を、ハヤブサ貫撃カブラTG12号で素早い底立ちと手返しのよい攻めで、4.35キロの大型真鯛をリトリーブで底から浮かせてゲット!
また午後から当たりが遠のいた為、船長の判断で産卵活動を終え浅場に生息圏を変えた真鯛にターゲットをチェンジ。60メートルの浅場だが潮は1ノット近く走っていた為、底取りも確実にしつつ、フォールでもアプローチしたい為、テンヤはハヤブサ貫撃カブラTGの5号を使用。思惑通り着底8メートル手前で真鯛がバイトしてきた為、鋭く合わせを入れこの日二枚目となる5.15キロの大型真鯛をゲットすることができた。

エビで鯛を釣る!シンプルであるからこそ、釣り人の技量と、仕掛けの重さや形をセレクトするセンスが問われる一つテンヤ。ハヤブサのアイテムは、あらゆるシーンにも対応出来、釣り人にとって必ず強い味方になるので、是非タックルボックスに準備頂きたい!
釣行日 2019-06-01 時間帯 朝/午後 天気 晴れ
微風 気温 25℃ 水温
2 水質 クリア 中潮
使用タックル
【リール】シマノステラC3000XG
【ロッド】シマノ炎月1つテンヤマダイスペシャル

船・ボート周防灘

フィールドスタッフ
【投稿日:2019-05-07】
加来 太
使用製品
無双真鯛貫撃テンヤ
チリペッパー10号
釣果:真鯛三匹
アオナ一匹
ゴールデンウィーク終盤の5月6日に我が母船四季丸で、最盛期を迎えつつある産卵真鯛を狙って周防灘へ釣行した。
この海域、水深が30~50メートルと1つテンヤには、ベストな環境といえるが、潮流が目まぐるしく変化し、テンヤの重さやキャストする方向を状況に応じて換える必要がある為、釣り人のテクニックが問われる海域とも言える。

最近は、タイラバで釣果をあげてるとの情報を得た為、巻きの誘いが有効かと思いきや、ファストリトリーブに反応するのは小型真鯛のみ。
潮が1ノット越えた時点で、底取りが不安定となった同船者が四キロ級の大型真鯛を釣った為、それをヒントにボトムステイで、当たりを待つと、小さなバイトあり。当たりをためて、大きく合わせ入れると良型真鯛特有の重量感と、三段突っ込みが感じとれた。私を含む真鯛アングラーは、この独特の引きがあるから"真鯛ゲーム"が止められない。
数分間のやり取りの末、釣り上げたのは、海底生物を補食し白子をパンパンに膨らませた良型真鯛だった。
昼以降は、強烈な二段潮で思うよに釣果あがらなかったが、これからがのっこみ真鯛の最盛期を迎える為、次回しっかり釣果をあげたい。

今回使用した1つテンヤは、ハヤブサ無双真鯛貫撃テンヤ。このテンヤは、底面カップ形状で、 水の抵抗を受けながらスローにフォーリングする為、真鯛の食い気を誘う。加えてテンヤのカラーは、海底でもシルエットが明確にわかる赤系のチリペッパーと、真鯛にアピール力抜群のビッグアイ。これに、四季丸で準備頂いている最強生き海老をセットすれば、間違いなし!
是非北部九州で1つテンヤをするなら遊漁船四季丸に乗船し、ハヤブサ1つテンヤで大型真鯛をゲット頂きたい。

ハヤブサリンク
http://www.hayabusa.co.jp/cgi-bin/pickup/index.cgi?mode=preview&select=110507093107
釣行日 2019-05-06 時間帯 朝/昼/午後 天気 薄曇り
微風 気温 23℃ 水温
2 水質 やや濁り 大潮
使用タックル
【リール】 シマノステラC3000XG
【ロッド】 シマノ炎月1つテンヤマダイスペシャル

船・ボート玄界灘

フィールドスタッフ
【投稿日:2019-04-30】
加来 太
使用製品
P565 無双真鯛フリースライド TGヘッドアピールオレンジ 90グラム
使用製品
SE135 ネクタイ オレンジドラゴンカーリーラバー
釣果:真鯛3匹
フエフキ3匹
アコウ1匹
本日は、北部九州真鯛チームの遊漁船亀吉さんにお世話になりタイラバ釣行へ出掛けました。海の状況は、下げの小潮最終日に加え、風とウネリのタフコンディション!
潮が走らない中、亀吉船長の適切な判断でドテラ流しに切り替えた途端にほどなく釣れた3キロ真鯛!タイラバヘッドは食い気のない真鯛に違和感を与えないよう、シルエットの小さいハヤブサ(Hayabusa) 無双真鯛フリースライド TGヘッドアピールオレンジ 90グラムと、お気に入りのオレンジドラゴンカーリーをセットし、真鯛の他にもアコウ、フエフキと多彩な魚種を釣ることができました!
釣行日 2019-04-28 時間帯 朝/昼/午後 天気 薄曇り
気温 15℃ 水温
5 水質 やや濁り 小潮
使用タックル
【リール】シマノステラC3000XG
【ロッド】シマノ炎月1つテンヤマダイスペシャル

製品釣果レポート

地域から選ぶ