メイン3





^F29BC8CD4CBA8BD7EDAAF3AB6238E3DC51AC75D61F655B2130^pimgpsh_fullsize_distr

バナー4

空白

空白


各社から鯛ラバが多く発売され、市場としても盛り上がりを見せつつある昨今。
現代の鯛ラバのラインナップや釣り方、流行について、プロスタッフの立場からどの様に捉えているのか。そして、今後どの様な方向性に向かっていくかと言う予想をお聞きした。



Pro-Shoyama

庄山 英伸(ハヤブサフィールドスタッフ)
Hidenobu Shoyama

「ただ落として巻けば良い」よく鯛ラバで用いられる常套句だ。確かに鯛ラバという釣りにユーザーを導くためには、簡単さをアピールする良いキャッチフレーズである。(当社もその様にアプローチしてきた。) しかし、様々な状況の中でコンスタントに釣果を望もうとすると、それだけでは足りないことに気が付くだろう。
例えば、それぞれの季節に応じた真鯛の狙い方というのも明らかに存在する。またそれは、地域別に変化することも知られている。そういった状況に対応し、少しでも真鯛の釣果を安定させようと思えば、「ただ落として巻けば良い」だけではもの足りない。
考えるべき更なるファクターとしては、ヘッド形状のバリエーションであったり、カラーバリエーションであったり、はたまた、釣り方(アプローチ)のバリエーションであったりする。これらを複合的に組み合わせ、その日の状況に対応してゆく。これこそが現在の鯛ラバの在り方である。
今日、市場にあふれる鯛ラバ、まだまだ今後も増え続けると予想される中で、信頼できるアイテムを厳選する「見極める目」を持つ事も、釣り人にとってスキルの一つだと言われる時代へと成長して行くのではないだろうか。




Pro-Kawabata

川畑 篤孝(ハヤブサフィールドスタッフ)
Atsunori Kawabata

元々漁師さんの漁具からスタートした鯛ラバは、数年前から急激に進化している。ヘッドは「固定式」から「遊動式」に、素材も鉛だけでなくタングステンが使われ、そしてフックの小型化、更にあらゆるタイプのネクタイが世に出ている。気軽にカスタマイズ出来る事で、鯛ラバの幅が非常に広がったと同時に、バラシ多発が当たり前と言われていた低キャッチ率もかなり改善されつつあるのも現状だ。
鯛ラバは進化途中のカテゴリーであり、まだまだその進化が止まらないのは間違いない。数年前には無かった「ワーム」アイテムがここ1~2年で普通に装着されるようになるだろうし、更にルアー形状だけでなく釣法にも進化が見られると思われる。
鯛ラバで一番にイメージされるのが、「アワせてはいけない、そのまま巻く」という鯛ラバ独特とも言える一連の動作であるだろう。しかし、ルアーフィッシングの醍醐味は豪快なフッキング(=アワせ)にあるはずだ。実際に魚の重量が乏しく、向こうアワセの効かない小型サイズの場合、アワせ無しではファイト中のバラシが多いのも事実。アタリの種類によって真鯛がどこを噛んできているかをしっかりと見極め、フッキングのタイミングを掴むことが私自身にとっても今後の課題である。こちらからは掛けに行く釣り、「釣れたではなく釣った」と言える鯛ラバを目指したい。バラシを怖がらず、果敢に鯛ラバをやってみたいものだ。