釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

フィールドスタッフ紹介

TOP > フィールドスタッフ紹介 > HAYABUSAフィールドスタッフ
  • ハヤブサ
  • 鬼掛
  • FINA

田中 敏哉TANAKA TOSHIYA
三重、和歌山、鳥取、島根などをホームグランドに年間100回以上の釣行をこなすベテラン釣り師。
庄山 英伸SHOYAMA HIDENOBU
九州北部を中心に活躍する熱血アングラーであり、遊動式鯛ラバフリースライドの火付け役。 玄界灘で鍛えたテクニックと知識を活かし、各種メディアで活躍中。
鈴木 新太郎SUZUKI SHINTARO
千葉県出身。10歳にして磯釣りにはまり、23歳で沖釣りに目覚める。外房発祥の「一つテンヤ」を日本各地にたテンヤ界のカリスマ。彼の考案する釣具は常に実釣に基づき、道具としては完璧。また「ライトヒラメ」の様に常に新しい発想の釣り提案にも余念がない。
富所 潤TOMIDOKORO JUN
新潟県出身。神奈川県在住。 本職は整形外科医。全国各地を飛び回り、アオリイカをはじめあらゆるターゲットを独自の理論で攻略する、知性派アングラー。 通称イカ先生。
石毛 卓ISHIGE SUGURU
川島 久司KAWASHIMA HISASHI
年間を通じて東京湾~相模湾の旬の魚を求め沖に出る船釣り師。波乗りの腕も超一流。
坂田 義人SAKATA YOSHITO
最北端の稚内在住。北海道の道北中心に年間釣行150日を越す行動派。投げ釣りからルアーまでこなすマルチアングラー。新聞記事への掲載活動もこなしている。
松中 奏詩MATSUNAKA SOUSHI
エサ釣り、ルアー釣りなど何でもこなす北陸を代表するカリスマアングラー。船長を務める“LOOPガイドサービス”は、他県からも多くのアングラーが訪れる人気船。日々の実釣の中で得る確かな知識を惜しみなく伝授し、北陸の釣りの発展に奮闘している。
三宅 雄彦MIYAKE KATSUHIKO
このページの先頭へ
谷 泰介TANI TAISUKE
「その場で最もデカいヤツを獲る!」を心情にランガンより自分の感性を信じて狙った場所で回遊待ちを得意とする。 シーズンには週5回以上海に通い、朝夕、1日2回海に出ることもマレではなく、年間釣行回数は180回以上を誇る不撓不屈の荒釣り師だ。
平松 伸章HIRAMATSU NOBUAKI
エギング黎明期より活躍し続ける凄腕エギンガー。 今でこそ当たり前になっている「日中エギング」を世に広めた1人。若狭エリアや紀伊半島全域を中心に各地で活躍中。 沖磯でのエギングを得意としている。超人気荒乗りエギ「乱舞シリーズ」の生みの親でもある。
川畑 篤孝KAWABATA ATSUNORI
四国を中心に関西近海の旬の魚を追い求め、鯛ラバ、ジギング、エギングなどのソルトゲームなら何でもこなす。またお好み焼き屋のカリスマシェフとしても活躍する。
井村 篤司IMURA ATSUSHI
岡 幸次郎OKA KOHJIRO
メバル用ジグヘッド”まっすぐ”の考案者
前林 良治MAEBAYASHI RYOJI
宗方 政典MUNAKATA MASANORI
このページの先頭へ