釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

ブログライブラリー

TOP > 会社情報/社長挨拶

社長挨拶

【匠】私たちは伝統と技を重んじ、世界中の人々に最高の感動シーンを提供します。

社長画像

1500年の歴史を有する日本有数の金物のまち、播州三木にハヤブサはあります。私たちは先人が守り続けてきた、この土地に息づくモノづくりのこだわりを受け継いでいます。

技を極めること。知恵を絞ること。果敢に挑戦すること。
ひたすら真面目に、高みをめざす匠の精神は、ハヤブサのモノづくりのなかに脈々と流れています。

1959年、『田尻隼人』が田尻隼人商店として創業、そして1970年4月に株式会社ハヤブサを設立しました。

当初は釣りメーカーに特化していましたが、現在ではフィッシングブランドの【ハヤブサ】、アパレルブランドの【FREEKNOT】ペット用品ブランドの【Pet’s Republic】の3本柱で、さまざまな分野において最高の品質・最高のシーンを提供できるよう日々活動しています。

釣りでは人口減少に歯止めをかけるべく、女性をターゲットにしたハヤブサレディ【隼華(ハヤカ)】の活動や、子供を対象にした【ハヤブサキッズ】などの活動をすることにより、メーカーとしてただ創るだけではなく、ユーザーの方と直にふれあうことによりハヤブサファンを創出し、お客様の声を形にするといったメーカーには欠かせない原理原則のもと、お客様が求められる商品の開発を行っています。
アパレルブランド【FREEKNOT】では機能性のある生地を使い、釣り・ゴルフ・アウトドアなど幅広くご愛用いただけるようなデザインを取り入れ、さまざまな季節に応じた快適なウェアを提供するという意識のもと、常にお客様目線での開発を心がけております。

ペットでは昨今≪ペットも大事な家族の一員である≫という意識がさらに強まり、快適な暮らしを提供する必要性が高くなってきました。ペットアパレルやベッドに関してはデザインから縫製までを一貫して自社で行い、ひとつひとつ品質にこだわったモノづくりをしています。また、FREEKNOTで使っている機能性の生地を使った商品も提供し、快適さを追及しました。

これらすべての原点は【匠】であり、すべて手作業で創り上げるその優れた技術は、海外工場(中国・ベトナム・ミャンマー)の1,000人を超える職人集団があるからこそ成し得るものです。

これらの取り組みから、【ハヤブサ】を世界に誇る日本のブランドとして磨き上げ、全世界の人々に多くの感動を体験していただくことがハヤブサの使命であると信じ、「感動提供カンパニー」として活躍していきます。

株式会社ハヤブサ
代表取締役社長

歯朶 由美(しだ ゆみ)