Field Staffフィールドスタッフ

  • 田中 敏哉

    田中 敏哉

    TANAKA TOSHIYA

    様々な釣りに精通し、和歌山~三重、兵庫~福井の船釣り等を主戦場に活躍するマルチアングラー。特に近年は深海釣りと海上釣堀の発展に尽力。

    釣果レポート

  • 庄山 英伸

    庄山 英伸

    SHOYAMA HIDENOBU

    九州北部を中心に活躍する熱血アングラーであり、遊動式鯛ラバフリースライドの火付け役。 玄界灘で鍛えたテクニックと知識を活かし、各種メディアで活躍中。

    釣果レポート

  • 富所 潤

    富所 潤

    TOMIDOKORO JUN

    新潟県出身。神奈川県在住。 本職は整形外科医。全国各地を飛び回り、アオリイカをはじめあらゆるターゲットを独自の理論で攻略する、知性派アングラー。 通称イカ先生。

    釣果レポート

  • 松中 奏詩

    MATSUNAKA SOUSHI

    エサ釣り、ルアー釣りなど何でもこなす北陸を代表するカリスマアングラー。船長を務める“LOOPガイドサービス”は、他県からも多くのアングラーが訪れる人気船。日々の実釣の中で得る確かな知識を惜しみなく伝授し、北陸の釣りの発展に奮闘している。

    釣果レポート

  • 谷 泰介

    谷 泰介

    TANI TAISUKE

    「その場で最もデカいヤツを獲る!」を心情にランガンより自分の感性を信じて狙った場所で回遊待ちを得意とする。 シーズンには週5回以上海に通い、朝夕、1日2回海に出ることもマレではなく、年間釣行回数は180回以上を誇る不撓不屈の荒釣り師だ。

    釣果レポート

  • 伊豫部 巧

    伊豫部 巧

    IYOBE KOH

    愛知県名古屋港フィッシングプロガイドサービス【10TEN FEET UNDER SALT】を営む。伊勢湾を熟知し、タイラバ・ジギング・ティップランなど、多彩な釣りに精通するプロアングラー。

    釣果レポート

  • 小里 哲也

    KOZATO TETSUYA

    徳島県釣連盟 初代名人。阿波釣法を駆使し各種トーナメントでも活躍。中でもシマノジャパンカップでは四度の優勝を獲得。生涯現役を信条に磯を駆け回っている。

    釣果レポート

  • 並木 敏成

    並木 敏成

    NAMIKI TOSHINARI

    ルアーメーカー【O・S・P】代表。1997年、日本人として初めてアメリカのB.A.S.S. バスマスターズクラシック出場を果たす。2018年、バスマスター・イースタンオープン第4戦では4位表彰台を獲得。いまだ衰えぬ卓越したスキルで、本場アメリカでも上位入賞するバスプロのカリスマ 国内外に幅広い活動を行い、世界各地でバスフィッシングの発展に尽力している。

    釣果レポート

  • 青木 大介

    青木 大介

    AOKI DAISUKE

    ルアーメーカー【DSTYLE】代表。ボート、オカッパリどちらにおいても好成績を残す日本屈指のTOPプロ 。国内タイトルを総なめにし、2019年からはアメリカB.A.S.Sオープンに参戦。 プロデュースするルアーは国内外で好釣果を叩き出し、 表層からボトムまでを得意とするオールラウンダー。

    釣果レポート

  • 伊豫部 健

    伊豫部 健

    IYOBE KEN

    ルアーメーカー【KIOB】代表。陸っぱりからアメリカトーナメントまで幅広く活躍し バス釣りの楽しさを伝えるマルチアングラー。巻きと撃ちの釣りを得意とし、2013年B.A.S.S. セントラルオープンのレッドリバー戦では3位に入賞。類まれなるセンスを武器に躍進を続けるプロフェッショナルアングラー。

    釣果レポート

  • 川村 光大郎

    川村 光大郎

    KAWAMURA KOTARO

    ルアーブランド【Bottom up】代表 。スナッグレスネコ・マイクロピッチシェイク・スピナベサイトなど 新たに生み出すテクニックは多くのアングラーに影響を与える。 飽くなき情熱と探求心で、数々のルアーをプロデュースし プロアングラー・ルアーデザイナー両面でオカッパリシーンを牽引する存在。

    釣果レポート

  • 茂手木 祥吾

    茂手木 祥吾

    MOTEGI SHOUGO

    「モテショー」の愛称で親しまれているJB TOP50参戦中のトーナメンター。トーナメントフィールドをトレイルしつつ、釣具の開発など、 バスフィッシングの拡大に砕身する日々を送る。

    釣果レポート

  • 鈴木利枝

    鈴木利枝

    SUZUKI RIE

    東京湾をメインフィールドに、オフショアルアー釣り全般を得意とする女性アングラー

    釣果レポート

  • 石毛 卓

    石毛 卓

    ISHIGE SUGURU

    釣果レポート

  • 菊地 正彦

    菊地 正彦

    KIKUCHI MASAHIKO

    釣果レポート

  • 井上 隆史

    井上 隆史

    INOUE TAKASHI

    関西をホームグラウンドとし、ショア・オフショア問わず活躍するマルチアングラー。ショアジギングやライトゲームなどのルアーフィッシングを中心に、各種メディアで活躍中。

    釣果レポート

  • 馬場 英教

    馬場 英教

    BABA HIDENORI

    バスフィッシングやバストーナメントを楽しむ傍ら、海のルアーフィッシングである「エギング」に興味を持ち始めたのをきっかけに、がっつりソルトウォーターフィッシングの魅力にハマる。バストーナメントを引退後、ショア・オフショアを問わずソルトウォーターフィッシングに傾倒。

    釣果レポート

  • 山崎 崇行

    山崎 崇行

    YAMAZAKI TAKAYUKI

    釣果レポート

  • 坂田 義人

    坂田 義人

    SAKATA YOSHITO

    最北端の稚内在住。北海道の道北中心に年間釣行150日を越す行動派。投げ釣りからルアーまでこなすマルチアングラー。新聞記事への掲載活動もこなしている。

    釣果レポート

  • 三宅 雄彦

    MIYAKE KATSUHIKO

    釣果レポート

  • 小松 悟

    小松 悟

    KOMATSU SATORU

    オカッパリのライトゲームからオフショアジギング、キャスティングまで東北を中心に年がら年中ルアーフィッシングを楽しんでます。

    釣果レポート

  • 加来 太

    加来 太

    KAKU FUTOSHI

    ホームグランド響・周防灘をメインに多彩なテクニックを駆使し、「真鯛」をストイックに狙い続ける体育会系アングラー

    釣果レポート

  • 平松 伸章

    平松 伸章

    HIRAMATSU NOBUAKI

    エギング黎明期より活躍し続ける凄腕エギンガー。 今でこそ当たり前になっている「日中エギング」を世に広めた1人。超人気荒乗りエギ「乱舞シリーズ」の生みの親でもある。

    釣果レポート

  • 岡 幸次郎

    OKA KOHJIRO

    メバル用ジグヘッド”まっすぐ”の考案者。

    釣果レポート

  • 前林 良治

    MAEBAYASHI RYOJI

    釣果レポート

  • 宗方 政典

    MUNAKATA MASANORI

    釣果レポート

  • 佐藤 竜一

    佐藤 竜一

    SATOH RYUICHI

    東北ロックフィッシュ界の第一人者。 ロックフィッシュだけでなくシーバスやフラット、アオリイカ、ワカサギの腕ももちろんプロ級。最近ではアジングや手長エビにもハマっている。

    釣果レポート

  • 阿部 幸寛

    ABE YUKIHIRO

    徳島県釣連盟 第53代名人

    釣果レポート

  • 一楽 悦紹

    ICHIRAKU YOSHITSUGU

    釣果レポート

  • 井上 茂樹

    INOUE SHIGEKI

    釣果レポート

  • 小笠原 真治

    OGASAWARA SHINJI

    釣果レポート

  • 小野 貴文

    ONO TAKAFUMI

    釣果レポート

  • 門田 晃和

    KADOTA AKIKAZU

    釣果レポート

  • 國松 節

    KUNIMATSU MISAO

    釣果レポート

  • 国見 孝則

    KUNIMI TAKANORI

    国見工房というブランドでウキを製造・販売

    釣果レポート

  • 桑原 英高

    KUWABARA HIDETAKA

    紀伊半島に精通。

    釣果レポート

  • 小谷 誠志

    KOTANI SATOSHI

    釣果レポート

  • 齋野 義弘

    SAINO YOSHIHIRO

    釣果レポート

  • 千田 敏文

    SENDA TOSHIFUMI

    釣果レポート

  • 高野 光彦

    TAKANO MITSUHIKO

    小学校の頃から釣りを始め、20歳まではチヌ釣りを専門に九十九島をホームグラウンドに釣行。それからはグレを主体に現在に至り五島等での釣行をおこなう。自己記録は男女群島で釣った尾長62cm。

    釣果レポート

  • 多田 誠司

    TADA SEIJI

    地元香川・徳島をホームグラウンドにチヌのふかせ釣りをメインにしている。

    釣果レポート

  • 谷上 芳之

    TANIGAMI YOSHIYUKI

    釣果レポート

  • 鶴原 修

    TSURUHARA OSAMU

    釣果レポート

  • 花本 稔彦

    HANAMOTO TOSHIHIKO

    徳島県釣連盟 第65代名人

    釣果レポート

  • 林 直伸

    HAYASHI NAONOBU

    釣果レポート

  • 平山 康弘

    HIRAYAMA YASUHIRO

    三ッ瀬を中心に五島、宮ノ浦等を中心に釣行している。大物釣りを得意とする釣師である。

    釣果レポート

  • 光田 俊介

    MITSUDA SHUNSUKE

    瀬戸内のチヌを愛し競魂チヌを愛するチヌ師

    釣果レポート

  • 三原 正樹

    MIHARA MASAKI

    徳島県釣連盟 第39代名人

    釣果レポート

  • 三宅 弘樹

    MIYAKE HIROKI

    釣果レポート

  • 村岡 利彦

    MURAOKA TOSHIHIKO

    九州、四国と大会があればどこでも行く若手トーナメンター。

    釣果レポート

  • 村中 浩司

    MURANAKA KOJI

    チーム鬼掛大分支部支部長。 わいわいガヤガヤ、会員とともに楽しい会の運営に努めています。

    釣果レポート

  • 森本 敬介

    MORIMOTO KEISUKE

    各種トーナメントでも上位入賞の常連。また60cmオーバーのグレを狙い、平日は可能な限り熊野の磯に出向いている大物キラー。

    釣果レポート

  • 山田 富士

    YAMADA FUJI

    釣果レポート

  • 太田 武敏

    OHTA TAKETOSHI

    小さい頃から、へら釣りをしていたが20代の初めまではバス釣りに夢中で JBマスターズでバスプロとして活躍。 2005年頃から本格的にへら鮒の大会に出場するようになり 各メーカーの大会で優勝、上位入賞多数の注目のトーナメンター。

    釣果レポート

  • 吉田 康雄

    YOSHIDA YASUO

    野釣りからトーナメントまで精通するマルチアングラー。 2007年からウキ作者として独立。 「吉田作」の銘で大人気のへらウキとなっている。

    釣果レポート

  • 内山 幸也

    内山 幸也

    UCHIYAMA YUKINARI

    得意とするルアーは「フロッグ」。本場アメリカでストロングスタイルに磨きをかけ帰国。その明るいキャラクターで、バスフィッシングの楽しさを発信する、バスとファンを愛してやまないプロフェッショナルアングラー。

    釣果レポート

  • 片岡 壮士

    片岡 壮士

    KATAOKA SOSHI

    2016年バスオブジャパンAOY&クラシック優勝。2018年はabemaTV企画「ワールドチャレンジ」を制しB.A.S.S セントラルオープン参戦。普段は琵琶湖・霞ヶ浦でガイド業を営みつつバスオブジャパントーナメントに参戦中。フロッグ・チャターベイトやミドスト等のフィネスな釣りまで得意とする凄腕プロフェッショナルアングラー。

    釣果レポート

  • 佐々 一真

    佐々 一真

    SASSA KAZUMA

    JB戦線において優勝、入賞多数の実力派TOP50トーナメンター。2017 Basser Allstar Classic THE WILD CARD 優勝。念願の初出場を果たす。TOP50年間順位シングル常連で、インビジブルを釣る玄人好みのスタイル。最新鋭の魚探を屈指し、次世代を担う若手のホープ。

    釣果レポート

  • 早野 剛史

    早野 剛史

    HAYANO TSUYOSHI

    2018年TOP50AOY。初優勝も飾る。緻密な戦略と組み立てで、2018年シーズンを圧巻。自身のトレーニングも欠かさず、勝利に貪欲なTOPトーナメンター。

    釣果レポート

  • 篠塚 亮

    篠塚 亮

    SHINOTSUKA RYO

    JB TOP50参戦中のトーナメンター。2018年TOP50第二戦優勝 。トータルウェイトが唯一の10㎏オーバーで圧倒的な勝利を掴む。霞ヶ浦・北浦にめっぽう強い実力派プロフェッショナルアングラー。

    釣果レポート

  • 青木 哲

    青木 哲

    AOKI SATOSHI

    JB TOP50参戦中のトーナメンター。ロッドビルディングや独自の理論で確かな物つくりを行う。技巧派プロフェッショナルアングラー。

    釣果レポート

  • 前田 純

    前田 純

    MAEDA JUN

    琵琶湖で【Guide Service MAEDA】を営業。「ガイド前田」の愛称で親しまれている、言わずと知れたデカバスハンター 。豪胆さの中に繊細さを兼ね備えた凄腕プロフェッショナルガイド。

    釣果レポート

  • 平村 尚也

    平村 尚也

    HIRAMURA NAOYA

    琵琶湖で【フィッシングガイド truth】 を営業。ガイド暦20年以上の知識と技術を駆使し、的確な判断とルアーチョイスで 数多のバスを釣らせる熟練プロフェッショナルガイド。

    釣果レポート

  • 河畑 文哉

    河畑 文哉

    KAWABATA FUMIYA

    長きにわたり、フィールドを知る熟練琵琶湖ガイド。蓄積された経験から、状況に応じた的確な判断で釣果に繋げる プロフェッショナルガイド。

    釣果レポート

  • 三村 和弘

    三村 和弘

    MIMURA KAZUHIRO

    「スピナべ馬鹿一代」バカイチの愛称で親しまれている琵琶湖ガイド。的確な状況判断と明るく解りやすい説明でゲストに多くのバスを釣らせるプロフェッショナルガイド。

    釣果レポート

  • 西平 守良

    西平 守良

    NISHIHIRA MORIYOSHI

    琵琶湖で【にっしーガイドサービス】を営業。広大なエリアから独自の観点でポイントを洗い出し、厳しい状況でも釣果を上げる凄腕ガイド。

    釣果レポート

  • 福田 雅人

    福田 雅人

    FUKUDA MASATO

    NBCチャプター兵庫に参戦中。リザーバーの釣りに強く、昨今ではH-1GPにも参戦しハードベイトの可能性を広げる事に尽力している。

    釣果レポート

  • 咲花 之人

    咲花 之人

    SAKUHANA YUKITO

    JB MASTERS参戦中の若手実力派トーナメンター 。ホームグラウンドは生野銀山湖と日吉ダム。フィネスの釣りを得意とし、リザーバーでの釣りにめっぽう強い。

    釣果レポート

  • 溝野 隆

    溝野 隆

    MIZONO TAKASHI

    九州オカッパリの実力派若手アングラー。ホームグラウンドは日指ダム、野池 マナーアップを呼びかけ、フィールドを守る為、尽力している。

    釣果レポート

  • 津輕 辰彦

    津輕 辰彦

    TSUGARU TATSUHIKO

    H-1GPX 2014年マスターズカップ優勝。2016年マスターズカップ優勝。「ハードベイト ネゴシエーター」の異名を持つ。得意なルアーは「スピナーベイト」。 ハードベイトのみで戦うスタイルを貫き、ルアー・タックルバランスを考え、 卓越した戦略でH-1GPXを戦う生粋のハードべイター。

    釣果レポート

  • 入稲福 佳寿巳

    入稲福 佳寿巳

    IRINAFUKU KAZUMI

    東京湾をホームグラウンドとし、船釣りを中心にルアーから餌までなんでもこなすマルチアングラー。

    釣果レポート

  • 山村 祐子

    山村 祐子

    YAMAMURA YUKO

    タイラバを中心に、様々なオフショアジャンルで活躍する女性アングラー。

    釣果レポート

このサイトについて

クッキー(Cookie)について
当社サイトには、「クッキー(Cookie)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。当社は、アクセス状況を計測し、記録・分析するためにクッキーを利用する場合があります。この場合、当社は上記計測や記録・分析以外の目的で利用することはありません。「クッキー」とは、ウェブサーバがお客さまのコンピュータを識別するために広く利用されている技術で、アクセスされたお客さまのIPアドレスやアクセス日時等を記録します。ブラウザの設定を変更することにより、「クッキー」を無効にすることも可能ですが、その場合は、当社サイトの機能またはサービスの一部が利用できなくなることがあります。