ハヤブサ

製品釣果レポート

TOP > 製品釣果レポート > 最新製品釣果レポート更新リスト

 

  • 船・ボート室蘭

    フィールドスタッフ

    菊地正彦

    【投稿日:2019-01-15】


    釣果:アブラコ(アイナメ)7匹
    カジカ1匹

    新年の挨拶が遅くなりました。
    北海道フィールドスタッフの菊地です。
    今年も宜しくお願い致します。

    なかなか初釣りに行けずモヤモヤしていましたがやっとフィールドに出る事ができました。
    しかも初釣りでボートは人生で初!!
    一年を占う意味でも「絶対に負けられない戦いがある!!」
    某スポーツで見た事あるようなフレーズですが、そんな思いでの実釣。
    フィールドに到着してみると水温は0~2.4℃厳しい釣りになりそうな予感・・・
    川水が入っているエリアや水の動きがないエリアは水面が凍っています(涙)
    予感通り暫く沈黙の時間が続きがましたが、なんとか魚を触る事ができました(^o^)/
    堤防の際やバースなど縦のストラクチャーでのバイトは皆無でボトムでの釣果がほとんど。
    しかもハードボトムが絡むエリアでないとバイトが出ないコンディション。
    特にホロースケヤーという根固めブロック周りは大きい個体だけが反応してくれました。
    アブラコは50cmを超えると首振りの力、ボトムへの遊泳力が強く、弱いタックルでは苦戦することもあるでしょう!?
    時には魚との引っ張り合いっこが必要なエリアもあり、そんな時にTNSオフセットヘビーデューティーが自信を持ってファイトすることを後押ししてくれます。
    こんな気持ちはアングラー側にアドバンテージとなり余裕が生まれ好釣果に繋がります。
    冬のタフな状況では小さな一つ一つのアイテムが改めて大事だなと感じました。
    フック一つ、シンカー一つ、ビーズ一つ何か根拠を持って実釣に望んでください。
    必ずやスキルアップし釣果を伸ばす事ができるでしょう!!

    皆様の好釣果をお祈りしています。

    2019年ハヤブサフィールドスタッフ
    菊地 正彦

    釣行日 2019-01-13 時間帯 天気曇り/晴れ
    気温 水温
    0 水質
    使用タックル
    【ロッド】7フィートEXHのベイトロッド
    【リール】小型ベイトリール
    【ライン】フロロカーボン16lb
    【ビーズ】パール玉6号

  • 堤防道南の港

    フィールドスタッフ

    菊地正彦

    【投稿日:2018-12-09】


    釣果:アブラコ10匹
    カジカ3匹
    クロソイ5匹

    長距離運転をして一路道南方面の港へ。
    堤防はうっすら雪!!日陰は凍結しておりました。

    フィールドはプランクトンが減り、いわゆるケーソンが丸見え。
    これをいかに攻略するかが今時期のポイントになります。
    今回、入った港の根固めブロック(ケーソン)はホロースケヤーという形のものがメイン。
    私はそれの2段目と3段目の間にルアーを投入して釣果を伸ばしていきました。
    その際、大事なのがキャストしたルアーがどこにいったのか!?
    そこでドロップストライクシンカーのカラーが目視にはアドバンテージになります。
    オレンジやピンクを基本としたカラーリング。水中でも確認しやすいのは誰が見ても感じるでしょう!!

    一度ボトムをとりシェイクやリフト。それを繰り返してバイトを出していく感じ。
    ショートバイト対策にはDASオフセットがオススメ。
    ラインアイとフックポイントに段差がついているのでフッキング率がアップ!!
    オススメのフックです。
    今回は2インチワームの出番が多かった為#4をメインに使用。

    根雪になってしまった北海道、魚達はまだまだ元気ですよ!!
    防寒対策を万全にして冬のロックフィッシュゲームを楽しんでみてはいかが!?

    釣行日 2018-12-03 時間帯 天気晴れ/曇り
    気温 水温
    0 水質
    使用タックル
    【ロッド】6フィート9インチミディアムクラス
    【リール】小型スピニングリール
    【ライン】フロロ6ポンド

  • 堤防尾岱沼港

    フィールドスタッフ

    菊地 正彦

    【投稿日:2018-09-14】


    • 使用製品

      NB369:
      投げの達人 投匠カレイ胴突式 2本鈎2セット
       鈎 13号

    釣果:カレイ 30匹

    北海道胆振東部地震で犠牲になられた方、その家族、被災された方、避難生活を余儀なくされている方、心よりお見舞い申し上げます。

    私の家も被害があり、家具などが倒れたりでレポート投稿が遅れてしまいました。
    リスタートの意味を込めまして報告させていただきます。


    年に1回の知床遠征。私の大好きなカレイ釣りが楽しめる港が多数あります。
    道央圏の港と違い、アングラーが少ないので好きなポイントで竿を出せるのも良いですね♪
    今回選んだ尾岱沼漁港は鮭やカジカも有名ですが良型のカレイが釣れるフィールドです。
    しかし、この港はクセがありまして流れがとにかく速い!!
    これに尽きると思います。
    この流れを上手に自分の物にできれば好釣果が望めます。

    北海道の投げ釣りと言うと三脚に竿を置いたブッコミスタイルが主流。
    これでも釣果は出るのですが、より釣りたいですよね!?
    私は竿を置かず、手持ちでひたすらドリフト(仕掛けを流す意味)をさせます。
    時々、手前に引いて誘いをいれます。底の変化があるところにエサを流すイメージです。
    これを続けるとゴンッッ!!とカレイの強いバイトが出ます。
    自分からしかけて釣る!!攻めの投げ釣りはどうでしょうか!?

    投匠カレイ胴突式仕掛けはシンプルな作りなので糸絡みも少なく釣れ続けるアイテムですね!!是非一度使用してみてください。

    釣行日 2018-09-03 時間帯 天気晴れ
    無風 気温 水温
    0 水質
    使用タックル
    【ロッド】投げ竿3.9メートル(オモリ負荷25号)
    【リール】大型スピニングリール
    【ライン】PE1.5号
    【リーダー】4号

  • 堤防室蘭沖防波堤

    フィールドスタッフ

    菊地 正彦

    【投稿日:2018-08-05】


    • 使用製品

      FS218:
      バーサタイルジグヘッド オールラウンダー
       size 28g

    釣果:ヒラメ1匹

    夏枯れ覚悟で室蘭沖防波堤に行ってきました。
    暫くぶりの沖防波堤でコンディションが不明の中スタート!!

    リグはバーサタイルジグヘッドオールラウンダー28g
    ラン&ガンを繰り返し、沖目に良さげな根を発見。
    その周りをひたすら速いスイミングでアプローチしていると・・・
    ゴンッッ!!と強いバイト!!
    その瞬間からドラグが出され、しばしファイト。
    巻いては、出されてを繰り返し無事にネットイン(^o^)/
    60アップのヒラメをキャッチすることができました。

    バーサタイルジグヘッドオールラウンダーはワームキープ力に優れ、水平姿勢を維持しやすいジグヘッドと感じています。
    今回はカーリーテール系ワーム4インチとのコンビでGETとなりました。
    他、シャッドテール系との相性も良いので是非お試しください。

    釣行日 2018-08-02 時間帯 天気晴れ
    気温 水温
    0 水質 中潮
    使用タックル
    【ロッド】9フィート2インチミディアムヘビーアクション
    【リール】3000番クラスのスピニング
    【ライン】PE0.8号
    【リーダー】フロロ16lb

  • 西積丹方面

    フィールドスタッフ

    菊地正彦

    【投稿日:2018-05-22】


    釣果:アブラコ20匹

    今年初めての磯ロック行ってきました。
    まだ、時期が早いかな・・・なんて思っていましたが大丈夫でしたね。
    磯際、スリットなどスイミング、カーブフォールで攻めていき釣果を伸ばす事に成功!!
    ドロップストライクシンカーはバイトマーカー的な使い方もできるのでアングラー側にアドバンテージを与えてくれます。
    ピンクレッドはオールマイティにオレンジレッドは濁り時に。川水が入って濁っている場合は特に効果的です。

    日本海では白波がポイントになる事があります。
    泡によって魚を騙しやすくなるのがキモでしょう!?
    しかし太平洋側では白波は時化を意味するので注意しましょう。

    ドンドン活性が上がってくるであろう磯の魚達。
    機会がありましたら挑戦してみてください。
    ライフジャケットは必携ですよ!!

    釣行日 2018-05-22 時間帯 天気晴れ
    気温 水温
    0 水質 小潮
    使用タックル
    【ロッド】7フィート2インチ パワーEXHモデル
    【リール】小型ベイトリール
    【ライン】フロロ16ポンド

  • 堤防室蘭沖防波堤

    フィールドスタッフ

    菊地正彦

    【投稿日:2018-05-20】


    釣果:アブラコ7匹
    クロソイ5匹
    マゾイ5匹
    ガヤ10匹
    カジカ3匹

    室蘭沖防波堤に行ってきました。
    前情報ではかなり厳しいと聞いていましたが終わってみれば、まずまずの釣果。
    基本的にはスイミングで釣れる魚は皆無で多数がケーソンの穴の中。
    見えないボトムをいかにイメージしてケーソンの隙間にリグを送り込むか・・・

    今回、ドロップストライクシンカーにペグ止めをしてワームと一体感を演出。
    穴に入ってからシェイクをして、少し止めて食わせの間を与えるのも釣果を伸ばすコツでしたね。

    濁りがあるエリアでは特にオレンジカラーが入ったドロップストライクシンカーへの反応が良かったです。

    水温が上がってくると防波堤の際や遠投パターンでも魚が狙える時期がきます。
    スイミングからの「ゴンッッッ」と金属的バイト!!
    皆さんも是非体感してみてください。

    釣行日 2018-05-17 時間帯 天気曇り
    微風 気温 水温
    0 水質やや濁り 中潮
    使用タックル
    【ロッド】6フィート9インチミディアムパワー
    【リール】小型スピニングリール

  • 船・ボート小樽

    フィールドスタッフ

    菊地正彦

    【投稿日:2018-05-06】


    釣果:クロソイ4匹

    またまた小樽ボートに行ってきました。
    当日はウネリがあり、濁りが少し残った状況。
    魚探を確認しながら岩盤のスリットを中心にアプローチ。
    ワームは6インチを使い、ひたすらスイミング。
    潮が速いので頻繁にボトムをとり直し、狙っている層を意識。
    糸なじみ、ワームなじみが上手くいくと強烈なバイト!!
    といった感じ。

    今年は5月いっぱいぐらいは大きい個体が狙えそうなのでチャレンジしてみて下さい。

    釣行日 2018-05-01 時間帯午後 天気曇り
    気温 水温
    4 水質やや濁り 大潮
    使用タックル
    【ロッド】7フィート
    【リール】小型ベイトリール
    【ライン】PE1号
    【リーダー】フロロ16ポンド
    【シンカー】30~42g
    【フック】オフセット7/0

  • 船・ボート小樽

    フィールドスタッフ

    菊地正彦

    【投稿日:2018-04-25】


    釣果:クロソイ2匹
    アブラコ2匹
    カジカ15匹

    1年ぶりの小樽ボート。
    クロソイの大型個体のみを狙うボートゲーム。
    この釣りは春の短い期間だけ楽しめる。
    当日は潮が速く30gでもボトムをとるのが難しいコンディション。
    プラス風が潮と逆で釣りにくい感じ。
    そんな中でもボトム周辺を丁寧にスイミングさせるとクロソイが遊んでくれました♪
    例年よりも浮いている個体は皆無でいかにボトムを意識してトレースできるかがキモだったと思います。
    大型の個体になると口まわりが硬く、しっかりしたアワセをしないと掛かりません。
    そんな時でもアングラー側にアドバンテージを与えてくれるのがTNSオフセットです。
    フック自体にフッ素コーティングされているため弱い力でも刺さりが期待できます。
    皮一枚でもキャッチできれば嬉しいものです。
    是非、大事な休日の時間に携帯してみてください。
    今まで掛からなかった1匹がメモリアルになるかもしれませんよ。

    釣行日 2018-04-25 時間帯朝/昼 天気曇り
    気温 水温
    0 水質 長潮
    使用タックル
    【ロッド】7フィートEXHレギュラーファーストアクション
    【リール】小型ベイトリール
    【ライン】PE1号
    【リーダー】フロロ16ポンド

  • 堤防東積丹

    フィールドスタッフ

    菊地正彦

    【投稿日:2018-04-22】


    釣果:アブラコ(アイナメ)9匹
    ホッケ3匹

    短時間でしたが東積丹の港でワームフィッシングを楽しんできました。
    メインの攻め方は2種。
    ケーソンの穴の中を狙う釣り方とスイミングでの釣り。
    スイミングではドロップストライクシンカーの派手さがバイトマーカー的役割をしてくれるので速い動きでもしっかり魚に残像をすり込んでくれます。
    シンカーも捕食対象となるのでカラー選択も大事です。
    オールマイティーはピンクレッド。濁りがある時はオレンジレッドが有効です。
    ショートバイトが多発する場合はDASオフセットの出番、クランク部とフックポイントが段差になっているのでオススメです。
    活性が高い時用にTNSオフセットも携帯すると万全です。

    どんどんハイシーズンに近づいてきています。
    軽装で楽しめるロックフィッシュゲーム!!ファミリーでいかがですか!?

    釣行日 2018-04-22 時間帯朝/昼 天気晴れ/曇り
    気温 水温
    0 水質 小潮
    使用タックル
    【ロッド】8フィート3インチライトアクション
    【リール】小型スピニングリール

  • 堤防東積丹

    フィールドスタッフ

    菊地 正彦

    【投稿日:2018-04-08】


    釣果:クロソイ30匹、ガヤ10匹

    今期よりフィールドスタッフになった北海道の菊地です。
    ロックフィッシュがメインのレポートになると思いますが宜しくお願い致します。

    ナイトロックで札幌近郊の港をラン&ガンしてきました。
    春に向け魚の活性がドンドン上がってきています。それに伴いアングラーの数も増えており、場所によってはフィッシングプレッシャーが高くスレている魚も多くなります。
    そんな時に効果的なのがネコリグです。
    ワームの端からクギのようなシンカーを差し込み、シンカーからワーム全体の2分目くらいの所にフックをかけます。
    キャストして底をとり、チョンチョンと2回ほどリフトさせフォール・・・これの繰り返し。
    このフォールの時にアタリが出る事が多いので集中してください。
    シンカーは0.8gを基本に風や水深があれば重たくしていくといった感じです。
    まだまだ夜は寒いので防寒対策をバッチリにして釣りを楽しんでください。

    釣行日 2018-04-07 時間帯 天気雪/雨
    気温-1℃ 水温
    0 水質やや濁り 小潮
    使用タックル
    【ロッド】7フィート6インチ ライトアクション
    【リール】小型スピニングリール
    【ライン】フロロカーボン3.5ポンド