釣り好きを応援する、釣り鈎・仕掛メーカーハヤブサのオフィシャル・フィッシングサイト。

ハヤブサ

ブログライブラリー

TOP > 会社情報/社長挨拶

社長挨拶

【匠】伝統と技を重んじ、釣り人に多くの感動を与え、そして最高の釣りシーンを提供します。

社長画像

1500年の歴史を有する日本有数の金物のまち、播州三木にハヤブサはあります。
私たちもまた、先人達から守り続けられてきた、この土地に息づくモノづくりのこだわりを受け継いできました。

技を極めること。知恵を絞ること。果敢に挑戦すること。
ひたすら真面目に高みをめざす匠の精神は、ハヤブサのモノづくりの中に脈々と流れています。

そしてもうひとつ。「釣りは一人ひとりに笑顔の花を咲かせ、人々が心豊かに生きるための大きなチカラなる」。そう信じて私たちは、自信と誇りを持って、自らの手で生み出した製品をユーザー様にお届けしています。
この地だからこそ、自分たちだからこそ、必然的に生まれるものがある。ハヤブサは、これからも人々の感動につながる多彩な製品を提供していきます。

1959年、『田尻隼人』が田尻隼人商店として創業、そして1970年4月に株式会社ハヤブサを設立しました。

釣針、釣仕掛けのトップメーカーとして日本のみならず海外の多くの人々にもご愛用いただいております。

現在は海、川釣り各種部門の『ハヤブサ』、バスフィッシング部門の『FINA』、磯、へら釣りトーナメンター部門の『鬼掛』、アパレル部門の『フリーノット』という4ブランドを持ち、様々な分野で特化した最高の商品の開発、そしてお客様に納得いただける商品の提供を念頭に、『一歩先行くハヤブサ』、『チャレンジ精神』をスローガンとして活躍し続けております。
海外に生産拠点を持ち、品質にこだわり続け、新しいモノ造りに挑戦し続ける『ハヤブサ』。

自然に優しく、人に思いやり、すべてに感謝の気持ちを持ちこれからも新しいことに積極的に取り組んでまいります。

今後とも一層のご指導、ご支援の程よろしくお願い申し上げます。

株式会社ハヤブサ
代表取締役社長

歯朶 由美(しだ ゆみ)