サビキ釣り
sabiki

サビキ釣りの基本

堤防釣りの中で最もポピュラーな釣りです。釣り方がとても簡単で分かりやすいうえに、
魚の群れが来ると誰でもたくさん釣れるので、初めての釣りにオススメです。

サビキ釣りで釣れる魚

サビキ釣りは周囲にエサを撒くため様々な魚が釣れます。ここではサビキ釣りでよく釣れる魚を紹介します。

アジ:サビキ釣りのメインターゲット。食べて美味しい釣れると嬉しい魚です。

イワシ:群れが来るとたくさん釣れます。ウロコが取れやすいのが特長。

サバ:傷みやすいので釣れたらすぐに締めてクーラーボックスに入れましょう。

カワハギ:口が小さくなかなか鈎が掛からないが、食べると美味しい。

マダイ:魚の王様マダイ。幼魚が釣れる場合が多く関西以西ではチャリコと呼ばれる。

スズメダイ:黒味がかった魚体が特長で、群れになって泳いでいます。

メジナ(グレ):磯釣りで人気のターゲット。堤防から釣れる時もあります。

アイゴ:トゲに毒があるので手で触れてはいけません。慎重に鈎を外して海に帰しましょう。

サビキに必要な道具

サビキ釣りをする際に必要になる道具を紹介します。
その他、釣りに必要な道具は「準備する持ち物」をご覧ください。

サビキ仕掛:鈎が数本結ばれており、鈎をエサと勘違いさせるため擬餌と呼ばれる物が付いています。

エサカゴ:エサカゴ:撒きエサを入れるカゴ。

撒きエサ:サビキで使用するエサ。海に撒くことで魚が寄ってきます。アミエビをブロック状に凍らせた状態で売っています。

すいこみバケツ:簡単に撒きエサをエサカゴに入れることができる便利アイテム。

割りばし:撒きエサが最初は凍っているため、削る・ほぐす・混ぜるなど持っていればなにかと便利。

スプーン:すいこみバケツが無い場合、エサをエサカゴに入れる時に必要。

サビキ釣りの仕掛

仕掛の準備

竿にリールの糸を通した状態からの手順を解説します。

竿に糸を通すまでの
手順はこちら

仕掛の先端についているスナップを取り出します

仕掛とリールの糸を結びます。

仕掛とリール糸の結び方はこちら

仕掛をパッケージから全て出します。

仕掛の最後に付いているサルカンにエサカゴを取り付けます。

最後に竿を伸ばしたら準備完了です。

竿の伸ばし方はこちら

エサの準備

スプーンや、割りばしでエサカゴにエサを入れましょう

すい込みバケツを使う場合

水汲みバケツで海水を汲みます。

すいこみバケツに海水と撒きエサを入れます。

撒きエサをほぐし、しっかり海水と混ざれば完成です。

さあいよいよ
釣ってみよう!

釣りを開始する準備はできましたか?ではいよいよサビキの釣り方を説明します。サビキ釣りは、エサを海中に撒くことで、サビキ仕掛の擬餌鈎(エサに似せた鈎)を魚に食べさせるという釣りです。特に難しいテクニックは無く、誰でも簡単にできる釣り方ですので、説明を見たらすぐに理解できると思います。

エサカゴをすいこみバケツの中に数回沈めてエサを入れます。
※すいこみバケツを使用しない場合、撒きエサの袋からスプーン等で直接カゴに入れます。

竿を持ち、仕掛を海の上まで持っていきます。

リールのベールを起こして、仕掛を海に落とします。

仕掛が海底まで沈むとリールから出る糸が止まるので、リールのベールを倒して糸を巻ける状態にします。

3~5回程度リールを巻いて、仕掛を海底から少し浮かします。

竿を1〜2回大きく上下に動かし、カゴの中のエサを撒きます。

エサを撒いたら、竿を止めて魚が鈎を食べるのを待ちます。しばらくして何もなければ、再度竿を上下してエサを撒きます。

魚が鈎に掛かると竿の先がプルプルと震えるので、そのまま水面まで仕掛を巻き上げます。

仕掛と魚を陸まで引き上げます。

最後に魚に掛かった鈎を外します。

鈎の外し方はこちら

魚を水汲みバケツにしばらく泳がしておくか、クーラーボックスに入れましょう。あとは、同じ手順でどんどん魚を釣っていきます。

魚が釣れない!?

最初はエサをたくさん撒く

釣り開始直後は、魚が撒きエサに気付いていない場合があります。最初は、何回かエサを入れ直して撒きエサを周囲に散らすようにしましょう。

エサが無くなっていないか確認する

2〜3回海中でエサを撒けば、エサカゴの中は空になります。釣れないなと思ったらエサが無くなっていないか確認しましょう。

魚のいる深さに合わせる

魚が泳いでいる深さに仕掛が来るようにしましょう。海底付近から始めて、釣れなければどんどん上の方を探っていきましょう。

注意点

糸を巻き過ぎない

仕掛上部のサルカンが竿の先まで来ている状態で、さらに糸を巻くと竿の先が折れる場合があります。特に魚が釣れている際、ついつい巻き過ぎてしまうことが多いので気を付けましょう。

仕掛を陸に上げる時は周囲に注意する

引き上げた仕掛が、隣の人に当たらないように注意。魚が掛かっている時でも慌てず周りに気を付けるようにしましょう。

隣の人と仕掛が絡まないように注意する

海に沈めた仕掛は、潮の流れによって横に流されてしまいます。隣で釣りをしている人の仕掛と絡まないように、ある程度流されたら仕掛を回収して沈め直すようにしましょう。

いろいろな釣り方

ページの上部へ戻る